Home> Archives > 2015年4月アーカイブ

2015年4月アーカイブ

湯殿山

先週の湯殿山大バーン、今週も来てしまいました。

本日は、夕刻に知人宅に、花見宴会に呼ばれているので単独でチャチャット。

 

2015年4月18日(土) 天候 風強く快晴 植松単独

 

ふもとネイチャーセンターから歩きだす。

<ネイチャーセンターから湯殿山>

 P4185121.JPG

 

<春ですブナです>

 P4185123.JPG

 

本日、風強く、山頂はあきらめます。稜線より滑降。

P4185126.JPG

と、若者ボーダーが上がって来る。頼もしいね。

 P4185129.JPG

この沼も後一ヶ月でリュウキンカが咲き誇る。

春はたまらんです!

 P4185130.JPG

<作並温泉・神の湯>

この湯、大名好きです。透明感と熱さが気に入っています。

15時に帰仙しました。

 P4185134.JPG

 

今年も、滑るシーズンは、後1ヶ月、精力的にこなして行きたいと思います。

 

植松一好

焼岳BC

2015年4月12日(日) 天候 晴れのち曇り  メンバー:bankeme,okamada,naomichi

焼岳バックカントリースキーに行きました。

京都のnaomichi君と6時に道の駅風穴の里で合流する。京都を23時にレンタカーで出て4時に道の駅到着。2時間の仮眠。


DSCF4039.jpg
釜トンネルの前に荷物と2人をデポして坂巻温泉に駐車。釜トンネルまで1,3キロを走って戻る。

DSCF4041.jpg

6時50分釜トンネルスタート。トンネルは明るいがけっこうな登りで1キロちょっとあり長い。

DSCF4044.jpg釜トンネルを抜けると焼岳が見える。

DSCF4047.jpgしばらく林道を歩くと穂高がドーン!

大正池の手前の橋を渡りスキーに履き替え左岸尾根に取り付く。8時。

出だしから急登で雪も硬いので登りずらい。

nomichi君もうバテ気味?

DSCF4057.jpg登り斜面もだんだんなだらかになり、展望を楽しみながら行く。

DSCF4064.jpg左岸尾根末端。森林限界。視界が一気に開ける。

DSCF4072.jpg乗鞍岳を望みながらレスト。

DSCF4077.jpgボウルの中。中の湯から登ってきた登山者と合流する。

DSCF4084.jpg

最後の斜面を詰める。 

南峰を下降してる2人組?あの風貌・・・見たことある??

コルで降りてくるのを待ち構えているとやっぱり!YACの親分さんでした!

DSCF4095.jpgコルでアイゼンに履き替え北峰へ登ります。上高地を見下ろします。

DSCF4102.jpg12時15分 焼岳山頂。

DSCF4098.jpg笠ヶ岳

DSCF4099.jpg双六方面、遠くに水晶岳、野口五郎岳が見えました。

DSCF4100.jpg穂高岳

DSCF4101.jpgYACパーティー

DSCF4155.jpg13時コルからドロップ

DSCF4159.jpgokamada

3.jpgbankame

DSCF4164.jpg

naomichi

DSCF4178.jpg登りはバテバテ滑りはキレキレnaomichi君

DSCF4184.jpg

14時15分大正池着

DSCF4186.jpg

林道をてくてく歩いて坂巻温泉15時40分着

S0014116.jpgまた行きましょう!

動画です https://youtu.be/R03UgWioohI

bankame

白馬乗鞍岳BC

2015年3月28日(土) 天候 快晴   メンバー:bankame,shiba,sano

バックカントリーデビューの二人と白馬乗鞍岳に行きました。

DSCF3888.jpg

ゴンドラとロープウェイを乗り継いで駅からハイクアップ。(料金値上がりしてました)

景色を見ながら高度を稼ぎます。

S0023912.jpg景色良すぎてテンション上がります!

DSCF3945.jpg天狗原から急斜面を登ります。

S0043969.jpg白馬乗鞍岳山頂。

DSCF3978.jpg白馬大池方面に行ってみます。

DSCF3983.jpg雪倉岳。よさそうな斜面です。

DSCF3987.jpgコーヒーブレイク。

DSCF3992.jpg滑ります。重雪でいまいち。

DSCF4009.jpg後立山連峰。絶景です。

DSCF4021.jpg下部はザラメで気持ちよく滑れました。

DSCF4032.jpg栂池自然園。

最高でした!

bankame

2015湯殿山

11日土曜日、今年も待望の月山スキー場がオープンだ。

11日は、生憎の雨。計画を日曜に変更、面白山BCの柳谷と出かけた。

目標は、昨年、山頂を踏めなかった、出羽三山、湯殿山山頂を踏むこと。

 

2015年4月12日(日) 天候 無風快晴 柳谷・植松

 

7時過ぎには月山スキー場に到着。快晴ゆえ、続々と登山者、スキーヤー、ボーダー

が集まって来る。

 

<2015月山>

 2015月山.JPG

 

リフト1回券540円。終点からシール装着ハイクアップ。

 

<姥ヶ岳より湯殿山>

 姥ヶ岳より湯殿山.JPG

 

まずは、姥ヶ岳より湯殿山とのコルに滑りだす。が、低温カリカリのアイスバーン。

鞍部に到着。標高下がり、気温も上昇、壺足で湯殿山頂を目指す。

 

<朝日連峰>

 朝日連峰.JPG

 

11時、念願の山頂着。これで出羽三山をクリア。ありがとうございます。感謝!

 

<湯殿山頂から月山>

 湯殿山山頂から月山.JPG

 

今年は雪が少ないですね。

さて、滑り出します。気温も上がり最高なロケーションで最高なバーンです。

 

<高度感が素晴らしい>

 高度感が素晴らしい.JPG

 

滑る柳谷の写真は、すいません、良くないです。が、凄い滑りですよ。

スキー場駐車場に登り返して終了。

<湯殿の滑ったバーン>

 湯殿の滑ったバーン.JPG

 

帰りは、河北谷地でおいしい冷たい肉そば食べて、作並温泉は神の湯よって帰仙しました。

柳谷さん、お誘い、ありがとうございました。

 

植松一好

大柴山>宮城県の山

以前より、鬼首スキー場上部の山々が気になっていた。

スキー場が春を迎え閉鎖となり出かける事とした。

 

2015年4月4日(土) 天候 無風快晴 植松単独

 

鬼首スキー場に駐車、車は皆無。気温高く快晴、気持ちがいい。

スキー場には、十分すぎる雪が有り、駐車場からシール登高出来る。

稜線目指しハイクアップ。鬼首スキー場上部は結構な急斜面だ。

昼過ぎ、目指す大柴山に着いた。

 

<大柴山山頂>

 P4045093.JPG

 

バックは栗駒山。

 

<大柴山を振返る>

 P4045096.JPG

 

<神室山塊の名峰小又山、の向うに鳥海山>

 P4045098.JPG

 

<禿岳=はげ=かむろ>

 P4045100.JPG

 

一気に滑り下り、15時半、駐車場着。本日はだれにも会わず。

暖かい駐車場でまったりいたし、帰りは鳴子温泉を散策し、湯につかり帰仙しました。

 20150404171309.jpg

植松一好

蔵王熊野岳丸山沢滑降

高根さん、柳谷から蔵王の丸山沢滑降に誘われた。

仕事も忙しく、そこがどんな場所なのか確認出来ないまま、行きます。の返事をした・・・

当日、アイゼンを持って来た?に対して、スキーアイゼンはあります・・・

ではなく、雪壁の登り返しがあるから・・・聞いてねーよ!

まっ、うえまっさんなら大丈夫だ???>よくわからんね・・・

 

2015年3月28日(土) 天候 風強く快晴 

メンバー;高根さん・鈴木さん・柳谷・植松

 

すみかわスキー場をリフト3本乗り継いでハイクアップ。

<ハイクアップ>

 ハイクアップ.JPG

 

風は強いが、快晴ゆえ、登山者がそれなりに多い。まずは目指す刈田岳が目の前だ。

 

<刈田岳>

 刈田岳.JPG

 

<刈田岳山頂>

 刈田岳山頂.JPG

 

<お釜と蔵王熊ノ岳>

 お釜と蔵王熊ノ岳.JPG

 

熊ノ岳に向かう。

<飯豊連峰>

飯豊連峰.JPG

<朝日連峰>

 朝日連峰.JPG

避難小屋で昼食。と時間稼ぎ待機。と言うのも、前日の高温、本日はウインドクラストでカリカリなのだ。

>俺、来た所を引き返すよ、と言うと、行ける行けると言う・・・

あー、飯食ったら・・・うんこしてー、けど、強風吹きさらしだ。

待機時間も山小屋では寒く、待てない、滑りだすと言う???

<滑り出し>

 滑り出し.JPG

 

滑り出しは緩斜面、やがて・・・カリカリの・・・これ、壁じゃんけー!久々の緊張!

斜下降でも無理!先を行く鈴木さんははるか下方にいる。早く降りろと!

緊張のあまり、うんこは完全に止まった!行くしかねーか!

ほんと!過去に経験無い斜度とカリカリですよ。こけずになんとかクリア―

 

<ルンゼの鈴木さん>

 ルンゼの鈴木さん.JPG

 

次々と現る難関をクリア―!安全圏で一休み。

 

<滑った斜面>

 滑った斜面.JPG

 

だが、この先に沢を渡って、例の雪壁の登り返しが有ると言う。

 

<渡る沢>

 渡る沢.JPG

 

3人はしっかりとアイゼン装着。まぁ、ここまで降りて来て、気温も高いので、

壺足でも十分でした。後続のパーティに背景見事な写真を取ってもらいました。

北アルプス並みのロケーションです。超、感動!終わってみれば皆さんに感謝!

 

<左から高根・植松・鈴木・柳谷>

 左から高根・植松・鈴木・柳谷.JPG

 

下山後、柳谷と遠刈田温泉に寄り帰仙しました。

高根さん、鈴木さん、柳谷さん、お誘いありがとうございました。

充実な緊張感ある1日でした。

 

植松一好

Index of all entries

Home> Archives > 2015年4月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top