Home> 東北の山 > 御所山(舟形山)

御所山(舟形山)

山の呼び名、昔から見る方角、または国境での呼び名が違い、

現在に至っているケースがある。たとえば、甲斐駒ヶ岳、信州人は絶対譲らない。

東駒ヶ岳、木曽駒ヶ岳に対して東側だからだそうな、この呼び名はまだ良いほうで、

白崩山との呼び名がある。中央線に乗って、山梨側からよく見てほしい。

今回の舟形山もそうだ。宮城では舟形山、山形では御所山なのだ。

その昔、藩同士が仲が悪かった証拠でもある。

宮城側から見ると、なるほど、船の形をしている。

今回は山形側から入ってみる事にした。

 

2015年10月3日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

国道48号、関山峠を越え、黒伏南壁の前、ジャングルジャングルスキー場の前を通り、

林道終点まで行く。既に10台ほど止まっていた。8時、出発。

 

<御所山>

 御所山.JPG

 

 

10時40分、御所山山頂着。2回目。

 

<山頂>

 山頂.JPG

 

 

<山頂より泉ヶ岳方面>

 山頂より泉ヶ岳方面.JPG

 

 

11時、山頂を後にし、来た道を戻る。

 

<仙台カゴ>

 仙台カゴ.JPG

 

 

時間も充分有るので、白髭山を往復する。

 

<白髭山>

 白髭山.JPG

 

 

白髭山より振返ると、仙台カゴとその後ろに大きく御所山が望まれた。

このルート、白髭山をプラスすると、自分の歩いたルートが望まれ、

最高に気持ちのいいルートである。

 

<白髭山より仙台カゴと船形山>

 白髭山より仙台カゴと舟形山.JPG

 

 

<黒伏山塊・右が怪峰柴倉山>

 黒伏山塊・右が怪峰柴倉山.JPG

 

 

次は柴倉山からこのルートにつなげようか。

 

<見事なブナ林>

 見事なブナ林.JPG

 

 

東北の山はどこに行ってもブナ林が素晴らしい。

15時10分、駐車場に戻った。

久々に作並温泉、神の湯500円に寄って帰仙した。

 

植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 東北の山 > 御所山(舟形山)

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top