Home> Archives > 2016年6月アーカイブ

2016年6月アーカイブ

三ツ峠初級ロープワーク勉強会(マルチピッチ)

2016.6.26(日)

参加者:安藤、川崎、片山、まもら

今日は三ツ峠の屏風岩でマルチピッチクライミングの基本を勉強してきました

繰り返し支点構築を練習したあと

簡単なところで実践してきました

「だんだん頭がこんがらがってきた~!」の巻き


先週は咲いていなかったと思うんだけど・・・

あちらこちらでサンショウバラが咲いています。綺麗です(´∀`*)ポッ

マルチ三ツ峠1.jpg


上に行ったら確認してくれる人がいないからね

下でミッチリ支点構築を勉強

マルチ三ツ峠2.jpg


一人で練習していたら頭がこんがらがってきた川崎さん

マルチ三ツ峠3.jpg


自宅でロープワークの練習をしてきたこの人は余裕の笑顔です

ほんとに大丈夫?(;^_^A

マルチ三ツ峠4.jpg


かたや真剣なマナザシ

マルチ三ツ峠5.jpg


外でリード初体験の片山さん

慎重に行きます

マルチ三ツ峠6.jpg


川崎さんがバリバリ登っております

マルチ三ツ峠8.jpg


虫刺され対策必須!(笑)

マルチ三ツ峠9.jpg


マルチ三ツ峠10.jpgまだまだ勉強が足りないことを実感しました

まず、基本を繰り返し練習しなければなりませんね(*^_^*)

南蔵王連峰

2016618日(土) 天候 風強く曇り後晴れ 植松単独

 

ジョイフルで朝定食食って7時白石スキー場着。天候がいいので朝から登山者が多い。

720分出発。

 

<不忘山>

 不忘山.JPG

 

 

 

<ハクサンチドリ>

 ハクサンチドリ.JPG

 

 

 

森林限界まで来ると、風強く視界不良となる。不忘山9時半着。

 

<南屏風岳>

 南屏風岳.JPG

 

 

 

<屏風岳>

 屏風岳.JPG

 

 

 

対面、すれ違う登山者を今日は数えた。100人になったところでやめた。

今日は、芝草平まで足を延ばした。

 

<芝草平>

 芝草平.JPG

 

 

 

本日のお目当てはこれです。

 

<チングルマ>

 チングルマ.JPG

 

 

 

<チングルマ2

 チングルマ2.JPG

 

 

 

ちょっと遅かったようです。でも凄い人ですが。来た道を引き返す。

途中、水引入道に寄り道。

 

<水引入道と馬ノ神岳>

 水引入道と馬ノ神岳.JPG

 

 

 

<水引入道から不忘山と南屏風岳>

 水引入道から不忘山と南屏風岳.JPG

 

 

 

<水引入道から屏風岳>

 水引入道から屏風岳.JPG

 

 

 

15時、白石スキー場に戻った。久々にワイルドな不忘の湯に寄ったが、

ポンプが故障しているとの事。遠刈田温泉は神の湯310円に。

 

<遠刈田温泉・神の湯>

 遠刈田温泉・神の湯.jpg

 

 

 

今日は、もうひとつ大事な事が、VF甲府がやってきた。

なかなか良い席でした。試合結果は残念。

 

VF甲府VSベガルタ仙台>

 VF甲府VSベガルタ仙台.jpg

 

 

 

試合終了後、みんなでいつもの店に行って、盛り下がりました。

 

植松一好

初級ロープワーク勉強会(リベンジです(笑))by三ツ峠

2016.6.18(土)

参加者:安藤、ミミック、芳賀、川崎、片山、まもら

4月に実施する予定だった外岩での勉強会が雨のため小瀬に変更になった

しかし我々はあきらめていなかった

今期入会した9名の内、4名の新人さんが参加することができました

これからの安全登山のために

勉強したことを活用していただきたい

講師:安藤先生


このときは余裕だった生徒たち(笑)

13442532_790333104403579_5697607960976943557_o.jpg


このときは余裕だったアブ2匹(笑)

アブ2匹.jpg


スゲ━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━!!!!いい天気です

三ツ峠1.jpg


まずは天狗岩

気合がポーズに出ている川崎さん

三ツ峠2.jpg


熱心に真剣に教えてくれる安藤先生

三ツ峠3.JPG


芳賀さんは重い荷物を担ぎながら練習を続けます

すごいΣ(・ω・ノ)ノ!

kensuikakou.jpg


川崎さんの雄姿(´∀`*)ポッ

三ツ峠4.jpg


ミミックさんはヘッチャラで登っていきますスゴーイ

三ツ峠5.JPG


屏風岩に移動します

人がイパーイいます(@_@)人気の場所なのですね

三ツ峠6.JPG


一番忍耐のない人が「毛無山Tシャツ」着ています

「忍」の文字にアブがとまっています

三ツ峠12.jpg


片山さんなんだかんだ言って登っちゃいます(@_@)

三ツ峠7.jpg


さすがの川崎さんみんなにいろいろ教えてくれます

三ツ峠9.JPG


芳賀さんも順調に登ります

みんなすごいな~

三ツ峠10.jpg


一日お天気に恵まれ

最高の勉強会でした

富士山もキレイ(´∀`*)

三ツ峠11.JPG安藤先生、自分はあまり登らず

みんなに丁寧に教えてくださいました

本当にありがとうございましたm(_ _)m

博士山・志津倉山・東北百名山

2016611日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

4時半、泉を出る。東北道は福島に向かう。6時、安達太良SAで朝食。

7時過ぎ、磐越道は、会津坂下ICで降りる。

今日は、出来れば、東北百名山、日帰りで2座落とすつもり。

 

8時過ぎ、博士山登山口着。8時半出発。

 

<しゃくなげ洞門>

 しゃくなげ同門.JPG

 

 

 

<博士山>

 博士山.JPG

 

 

 

よく知れた花達ですが、3種類が同じ場所にいたので。

 

<ポピュラーな花>

 ポピュラーな花.JPG

 

 

 

博士山山頂10時着。

<博士山山頂>

 博士山山頂.JPG

 

 

 

11時半、登山口着。舞台は志津倉山へ。

志津倉山登山口12時半着。1240分出発。登山口ある鐘。

 

<志津倉の鐘>

 志津倉の鐘.JPG

 

 

 

1410分。山頂着。ここで遅い昼食。14時半、山頂出。

 

<志津倉山頂>

 志津倉山山頂.JPG

 

 

 

<雨乞い岩>

 雨乞い岩.JPG

 

 

 

単なるスラブですが。

 

1540分、駐車場着。18時半、帰泉いたし、いつもの店に出かけた。

東北百名山、84座となりました。後16座。

 

植松一好

後白髪山・舟形山塊

201664日(土) 天候 快晴 植松単独

 

すき家で朝食食って、大好きな場所である桑沼に向かう。

本日は、山形と宮城にまたがる巨大な山塊、舟形山山塊にある後白髪山、呼び名は、

なぜか、うしろしらひげやま です。舟形山に続く標高が2番目に高い山です。

普通、定義方面から入るのですが、林道が最悪らしく、少々遠いのですが、

桑沼から入る事とした。

 

6時、桑沼着。620分発。

 

<朝の桑沼>

 朝の桑沼.JPG

 

 

 

通っては行けないと言う、登山道を登り、縦走路に出る。延々と長倉尾根を行く。

10時半、三峰山着。後白髪山が見えた。遠いのである。

 

<後白髪山>

 後白髭山.JPG

 

 

泉ヶ岳、北泉ヶ岳を振り返る。

 

<泉ヶ岳>

 泉ヶ岳.JPG

 

 

 

<遠く月山>

 遠く月山.JPG

 

 

 

<ツバメオモト>

 ツバメオモト.JPG

 

 

 

1120分、後白髪山着。本日、初めて人に会った。どこから来たかと聞かれたので、

桑沼から来たと言うと、みな驚いていた。

 

<後白髪山山頂>

 後白髪山山頂.JPG

 

 

 

12時半、三峰山着。14時半、長倉尾根の水場着。遅い昼食とする。

と、ここに4人のパーティが。どうやら昼食の最中。ロープやヘルメットを携行の様で。

沢登りですか と尋ねると そうだと言う。から話がいろいろはずみ、

桑沼の山梨ナンバーですか そうです。もしかして、白鳳会のブログ更新者ですか。

関東の山岳会の方、こんなところで会えるなんて・・・

おまけにごちそうをいただいてしまいました。

 

<いただいた物>

 いただいた物.JPG

 

 

 

彼ら彼女ら、またどこかで会いましょう・・・と別れた。

また、通ってはいけない登山道を下山し、1630、桑沼着。久々の10時間行動でした。

 

<夕方の桑沼>

 夕方の桑沼.JPG

 

 

 

透明感が気持ちいいです。そして車に戻ると、なにか賑やか。

あっ、降りてきた と先ほどのパーティで、この湖畔に大きなカツラ木があるんですよ。

ご一緒しませんか。よろこんでご一緒しました。

左が千葉さん、右が鈴木さん。

 

<カツラの大木>

 カツラの大木.JPG

 

 

 

双御仁のブログをいただきました。

沢登りの約束を、今現在は、メールでやりとりしています。

 

久々に、滝ノ原温泉に行き、

19時、帰泉いたし、いつもの店に出かけた。

 

植松一好

秩父槍ヶ岳(月例山行)

2016.6.4(土)

参加者:井口、堀内、まもら

登山口からすぐの相原橋バス停に駐車場あり。トイレもあり。
すぐに登山口です
いろいろ調べてみると
「危険度の高い特殊コースで、初心者のみでの入山は禁物。
岩に慣れた者がロープなどの岩登り用具を携帯して臨むべき山」とあるので
今回はロープも持っていきました
結局使わなかったですけど急登が続き、しんどい山でした(;^_^A


ここが登山口、駐車場から道を横切ってすぐ

秩父槍ヶ岳1.JPG


30分ほどは沢沿いを歩きます

秩父槍ヶ岳2.JPG


たくさんのフタリシズカが道案内をしてくれます(*^_^*)

秩父槍ヶ岳3.JPG


沢から離れると稜線がある約1450mまで一気に登ります

歩きにくい急登が続きます(;^_^A

秩父槍ヶ岳4.JPG


稜線は大きな岩が多く、そのまま山頂に向かうにはロープが必要みたいです

岩を巻く道もあるので、我々はそちらを歩きます

秩父槍ヶ岳5.JPG


山頂標高は最初に出た分岐より100mほど低い

あまり展望がないところにあります

秩父槍ヶ岳6.JPG

奥秩父でもあまり知られることのないマイナーな山のようです

今月も一人もすれちがいませんでした

登山道も判然としない個所があります

ご注意を(*^_^*)

小野岳・東北百名山

2016528日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

東北道菅生SAで朝食食って、磐越道は会津若松ICで降りる。

本日は、湯野上温泉近くの小野岳を目指す事に。順調に行けば、午後は大観光の予定。

 

9時、小野岳登山口大内駐車場着。920分発。

11時、小野岳山頂着。

 

<小野岳山頂より磐梯山>

 小野岳山頂より磐梯山.JPG

 

 

 

<小野岳山頂>

 小野岳山頂.JPG

 

 

 

山頂、1120分発⇒12時半、駐車場着。

 

<昼食>

 昼食.JPG

 

 

 

さて、観光です。まずは大内宿、激混みで駐車場待ち20分。

 

<大内宿1

 大内宿1.JPG

 

 

 

<大内宿2

 

 大内宿2.JPG

 

 

<大内宿本陣>

 大内宿本陣.JPG

 

 

 

大げさに言えばタイムスリップした。冬の景色いいそうです。

さて、舞台は会津若松へ。一度はこの城に訪れたかった。

 

<会津若松鶴ヶ城1

 会津若松鶴ヶ城1.JPG

 

 

 

<天守閣より磐梯山>

 天守閣より磐梯山.JPG

 

 

 

で、本日登った。

 

<天守閣より小野岳山>

 天守閣より小野岳.JPG

 

 

 

この写真、超お気に入りです。

<鶴ヶ城2

 鶴ヶ城2.JPG

 

 

 

<鶴ヶ城3

 鶴ヶ城3.JPG

 

 

 

天守閣入場料金は510円でした。

再現されたお城ですが、築50年だそうです。

 

東北百名山82座となりました。

19時、帰泉いたし、いつもの店に出かけた。

 

植松一好

Index of all entries

Home> Archives > 2016年6月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top