Home> Archives > 2016年7月アーカイブ

2016年7月アーカイブ

船形山塊・南丸松保沢

69日(土)船形山塊の後白髪山登った帰りに沢登りパティに出会った。

偶然にもその日の下山口でも出会い、大好きな桑沼のかつらの木を見に同行した。

その後、メールやりとりし始め、沢登りしましょう。。。実現となった。

 

2016723日(土) 天候 曇り後晴れ L千葉さん・鈴木さん・我妻さん・植松

 

5時、桑沼集合。下山口に千葉さんの車を置き、4人は植松車で入渓先まで行く。

 

4人の足元>

 4人の足元.JPG

 

 

 

山梨から持ち込んだわらじ、今回でとうとう無くなるのである。

 

<南丸松保沢>

 南丸松保沢.JPG

 

 

 

みなみまるまっぽさわ と読みます。

 

<ヒラタケ>

 ヒラタケ.JPG

 

 

 

この沢では、一番大きいと言われる滝に着いた。マハナスの滝だそうだ。

看板を取付けるそうです。

 

<千葉さん作成看板>

 千葉さん作成看板.JPG

 

 

 

<マハナスの滝>

 マハナスの滝.JPG

 

 

 

<看板取付完了>

 看板取付完了.JPG

 

 

 

<マハナスの滝登攀>

 マハナスの滝登攀.JPG

 

 

 

<初!渓流シューズ>

 初!渓流シューズ.JPG

 

 

 

<丸松保沢2

 まるまっぽ沢2.JPG

 

 

 

<源流>

 源流.JPG

 

 

 

葉っぱでくみ飲む鈴木さん、冷たくておいしかった!

藪を漕いで、12時半過ぎ、ついに稜線に出た。

 

<山頂>

 山頂.JPG

 

 

 

皆様、冷えたビールを持って来ている。最高にうまいのだ。

そして、途中でのヒラタケ、ヒラタケラーメン、最高!

 

<ヒラタケラーメン>

 ヒラタケラーメン.JPG

 

 

 

以下は、千葉さんと我妻さんの画像です。最高に気に入っています!

 

<千葉さんカメラ1

 千葉さんカメラ1.JPG

 

 

 

<千葉さんカメラ2

 千葉さんカメラ2.JPG

 

 

 

<千葉さんカメラ3

 千葉さんカメラ3.JPG

 

 

 

<我妻さんカメラ1

 我妻さんカメラ1.JPG

 

 

 

<我妻さんカメラ2

 我妻さんカメラ2.JPG

 

 

 

<我妻さんカメラ3

 

 我妻さんカメラ3.JPG

 

 

下山中、多量のヒラタケに出会い大収穫。久々の12時間半行動でした。

 

ヒラタケは、いつもの店で料理していただきました。

 

千葉さん、鈴木さん、我妻さん、ほんとうにありがとうございました。感謝!

で、今週もこのメンバーで沢に入ります。梅雨も明けそうですね。

 

植松一好

大白森山・乳頭山・東北百名山

山形は、朝日連峰の北の最高峰、以東岳に泊りで行こうと思っていたら、

山形は雨予報、急遽、秋田の乳頭山に変更した。

 

2016716日(土) 天候 曇り 植松単独

 

東北道は盛岡ICで降りて、田沢湖手前で乳頭温泉郷に向かう。

8時半、乳頭温泉卿着。9時、出発。

 

<乳頭温泉郷>

乳頭温泉郷.JPG 

 

 

 

<乳頭温泉郷2

 乳頭温泉郷2.JPG

 

 

 

11時、小白森着。

 

<小白森山頂>

 小白森山頂.JPG

 

 

 

<小白森湿原>

 小白森湿原.JPG

 

 

 

12時、大白森着。本日、だれにも会わず。ゆっくりと昼食をとる。

 

<大白森山頂>

 大白森山頂.JPG

 

 

 

<大白森湿原>

 大白森湿原.JPG

 

 

 

来た道を引き返す。

 

<田代平湿原>

 田代平湿原.JPG

 

 

 

1620分、本日の宿泊場所、避難小屋に着いた。

 

<田代平避難小屋>

 田代平避難小屋.JPG

 

 

 

泊り客、俺ひとり、開放的なる。

 

<今夜はひとり>

 今夜はひとり.JPG

 

 

 

717日(日) 天候 雨

 

<雨の乳頭山>

 雨の乳頭山.JPG

 

 

 

朝から大雨である。今日は乳頭山登って下山なのでゆっくりしていると、

2名が小屋に入ってきた。下はもっと大雨との事。

8時半、乳頭山山頂。

 

<乳頭山山頂>

 乳頭山山頂.JPG

 

 

 

下山して行くと、登山道脇に温泉があった。一本松温泉と書いてあった。

 

<一本松温泉>

 一本松温泉.JPG

 

 

 

<気持ちよか>

 気持ちよか.JPG

 

 

<玉川ホトトギス>

 玉川ホトトギス.JPG

 

 

 

秋田名物、いぶりがっこを多量に買い込んで、15時に帰泉した。

 

東北百名山、86座となりました。

 

植松一好

2016 女王様

朝起きると予報通り雨。

しかし、今日は、頑張って彼女に会いに行くのである。

この季節に必ず彼女はそこにいるはずである。

 

201679日(土) 天候 雨後曇り 植松単独

 

登山口である峩々温泉9時出発。カッパは下だけ履いて行く。

11時、稜線着。一瞬の晴れ。

 

<一瞬の晴れ>

 一瞬の晴れ.JPG

 

 

 

やっぱり彼女がカレンに咲いていた。来た甲斐が有った。

 

<女王様>

 女王様.JPG

 

 

 

<名号峰>

 名号峰.JPG

 

 

 

<サンカヨウ>

 サンカヨウ.JPG

 

 

 

サンカヨウも花ではなく実となっていた。

通ってはいけないという旧登山道を降りる。踏み跡探しに苦労する。

降りていけば行くほどジャングル状態。おまけに雨は強くなる。

と、沢に降りたところで小屋があった。ちょっと遅い昼食とし、小屋の扉を開けようと、

 

<避難小屋>

 避難小屋.JPG

 

 

 

なんと、開かないのである。と中に人。

今日はだれにも合わないし、ましては廃道を下山。中のカギをはずす音。

こんな雨にこの時間にひとり。超ベテランと思いきや、わけありの人。

昨年、父親が他界し、子供の頃、よく親父さんが山につれて行ってくれたところを

尋ね歩いているそうだ。年は、同じくらいか、30年前の今は無き、かもしか温泉の写真を

見せてくれた。当然セピア色。登山家ではないそうだ。夕べもここに泊り、

今夜もここに泊まるとの事。1時間ほど話したかな。峩々温泉は日帰り温泉ないので、

今日も遠刈田温泉よって帰ります。と言ったら、名号峰に登ったら青根温泉の名号館

に是非と言う。超レトロだそうで。あいさついたし上のカッパも着て小屋を後にした。

が、沢の踏み跡わからず、もう一度小屋に戻るも、小屋もわからず・・・

先程の会話は、本当は無かったのか・・・小屋が見つかる。先ほど方に沢の様子を聞く。

 

<渡渉>

 渡渉.JPG

 

 

 

5回ほど渡渉をして、3時半に登山口である峩々温泉に着いた。

 

<登山口峩々温泉>

 登山口峩々温泉.JPG

 

 

 

そして青根温泉へ。

 

<名号館>

 名号館.JPG

 

 

 

なるほど、レトロを通り越しています。風呂もまた凄い。

 

<名号館の風呂>

 名号館の風呂.JPG

 

 

 

「客なんかおらんから女風呂の方が明るいからこっちさへいれ、

湯さ熱いからホースで水さえれろ」湯は最高でした。

 

山の中で出会った人にここを紹介された。と言ったら、「もがみさんだべ・・・」

自炊湯治によく来るそうな。

 

<遠刈田の豆腐>

 遠刈田の豆腐.JPG

 

 

 

帰りに有名な遠刈田温泉の豆腐、2丁ください。でかく重いのなんの。

1丁 280円でした。いつもの店でみんなで食べました。

おいしかったです。

 

植松一好

2016 ちょっと一息

宮城県黒川郡大和町。ここからの景色が大好きである。

 大和町からの山並み.JPG

 

 

 

手前が七つの森、奥が左から泉ヶ岳、端正な三角山が北泉ヶ岳、三峰山、

そして右端が主峰、船形山。

 

ちょっと一息でした。

 

植松一好

Continue reading

2016八ヶ岳・定型路レインジャー&月例山行

2016.7.9~10(土日)雨・晴れ

メンバー9日:山本(博)、宮川、丹澤、みみっく

メンバー10日:山本(博)、宮川、安藤、片山、みみっく

10日月例会メンバー:井口、堀内(澄)、保延

 

ルート9日:天女山駐車場~前三ツ頭~分岐~天女山駐車場

ルート10日:観音平~青年小屋~権現~三ツ頭~分岐~木戸口公園~観音平

雨でも行くよ!レインジャー。9日は朝から本降りの雨。天女山駐車場には私たちの車しかありません。

下山者が二人いましたが、登って行く人は皆無。雨だからレイン、ジャーなの。

amenokawara.jpg看板もアメの河原?

miyakawa.jpgムシムシ辛い。

otogirisou.jpg雨でしょ。

nikkoukisuge1.jpg9日は下山まで雨でした。お疲れ様でした~!

 

13600247_1796447020574241_1799916132624684318_n.jpg10日は、昨日予定されていた月例山行が雨で中止になり、月例山行組とレインジャー組が合同隊になり、権現岳へ行きます。

総勢、8名久しぶりの大所帯です。

13615335_742586315883701_6597890618429265246_n.jpg13640765_1796445327241077_84574601837399402_o.jpg良いお天気になりました!

13592680_742586732550326_1298560175058366482_n.jpg快適な稜線歩き。


13590455_742586799216986_3945900695084578325_n.jpg沢山の高山植物が見頃を迎えています。

13612358_742586685883664_5410691377443921995_n (1).jpg

壁に張り付いてレインジャー活動中。

 

13654117_742571855885147_6422537394272965205_n.jpg

 全員で、権現岳山頂

13612270_1796445237241086_1870994231235923665_n.jpgお勉強中。

お天気いいと全ていいですね。また行きましょう。

 

みみっく

 

 

 

国体関東ブロック大会見にきてください!

  • 2016年7月 9日 07:56

8年に一度の関東ブロック大会が山梨にやってきます。
7月30,31日小瀬スポーツ公園のメインアリーナにどーんと10m以上のリード壁とボルダリング壁を作ります。
オリンピック種目としても注目中のクライミング。見ごたえ十分!ご期待にそえると思います。
お待ちしております!

4140_org.jpg

2016奥秩父・探索路レインジャー

2016.7.2~3(土日)雲り時々晴れ

メンバー:安藤、芳賀、みみっく

ルート:

2日:西沢渓谷駐車場~東沢~釜ノ沢~1710m幕営地

3日:幕営地~木賊山~甲武信小屋~木賊山~戸渡尾根(近丸新道)~西沢渓谷駐車場

DSCN0171.jpg
夏は沢登だ!レインジャーだ!ってことで、奥秩父の探索路レインジャーです。奥秩父では、指定種が探せていません。

何か見つけられるかな~?

DSCN0145.jpg東沢名物のナメですなー

tanetukebana.jpg沢にもお花は咲いています。

DSCN0162.jpg

DSCN0165.jpg

DSCN0167.jpg千畳のナメ!

DSCN0188.jpgあっちへ行けば甲武信だす。

kazaguruma.jpg謎の物体

kemusi.jpg素敵なカラー!

また、行きましょう。   

みみっく     

2016 森吉山

201672日(土) 天候 曇り後雨 田原B 中山EB 植松

 

田原Bが、高山植物を見たいという。花の百名山である森吉山に出かけた。

実は、昨年、植松は単独で行っていて、4時間のドライブと高額なガソリン代、

高速代、ゴンドラ代、ひとりで行けば、2万近くなるのだ。

森吉山は、良い山なので3人だと金銭的に非常に助かるのである。

 

4時半、泉発。東北道は盛岡ICで降り、田沢湖畔を通り、

秋田縦貫鉄道は阿仁の谷に入る。阿仁ゴンドラに850分着。

ゴンドラは既に営業中。

 

<阿仁ゴンドラ>

 阿仁ゴンドラ.jpg

 

 

 

<ニッコウキスゲ>

 ニッコウキスゲ.jpg

 

 

 

<森吉山を行くハイカー>

 森吉山を行くハイカー.jpg

 

 

 

午前中は持つかと思いきや早くも雨。

 

<チングルマは遅かった>

 チングルマは遅かった.jpg

 

 

 

広大なチングルマの花畑は既に花は散っていて、これぞ本当の稚児車となっていた。

 

1050分、森吉山山頂着。雨である。

 

<左中山EB・右田原B

 左中山EB・右田原B.jpg

 

 

 

風で止まるかも知れないというゴンドラ気にして急ぎ下山。ゴンドラはOKでした。

ゴンドラ駅の軒下を借りて昼食。阿仁の道の駅によって、打当温泉へ。

露天風呂有り450円。

 

<打当温泉マタギの湯>

 打当温泉マタギの湯.jpg

 

 

 

<露天風呂湯口>

 露天風呂湯口.jpg

 

 

 

本日、Jリーグ2ndステージ開幕。V仙台VS川崎Fのチケットが取れたので、

急ぎ帰泉。19:00キックオフに間に合いました。

 

V仙台VS川崎F

 V仙台VS川崎F.jpg

 

 

 

V仙台0:3川崎F 川崎のゴールが見たかったので大満足でした。VF甲府は残念。

みんなでいつもの店に向かうのであった。

 

お疲れ様でした。

 

植松一好

Index of all entries

Home> Archives > 2016年7月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top