Home> Archives > 2016年8月アーカイブ

2016年8月アーカイブ

2016韮崎市ふるさと山岳体験事業『鳳凰三山』

2016.8.7~8(日、月)晴れ

参加者:韮崎市中学生7名、市関係者4名、警察5名、白鳳会6名(小野、井口、上野、堀内、保延、中川)

7日ルート:

韮崎市役所5:00集合=6:25夜叉神の森~7:45夜叉神峠8:00~9:25杖立峠9:35~11:05苺平11:15~11:45南御室小屋12:30~13:30砂払岳~13:45薬師岳小屋

8日ルート:

6:35薬師岳小屋~6:50薬師岳山頂~7:20観音岳山頂~8:40地蔵岳山頂9:00~9:40鳳凰小屋10:20~14:10御座石鉱泉



「山岳都市韮崎市の子供達に南アルプスの素晴らしい山々を体験してもらいたい。」

昔から秋山会長が実現したいと願っていた事が韮崎市のふるさと体験事業として去年から実施され、今年も実現しました。
去年は鳳凰2山でしたが、今年は参加生徒が中学2年生だったこともあり、三山を縦走、下山も韮崎市のルート(燕頭山~御座石)を降りることが出来ました。薬師岳小屋前では中学生のコーラス、ダンス(?)の披露で大人はみんなカンドー。楽しい山行になりました。



panorama1.jpg

≪夜叉神峠≫

yashajintouge.jpg

≪南御室小屋≫

minamiomjro1.jpg≪可憐なお花≫

hana2.jpg
≪薬師岳小屋≫

yakusidakekoya.jpg

≪稜線漫歩≫

jyuusouro1.jpg      


      ryousenmanpo.jpg

≪会員≫

hakuhoukaiin.jpg
hana3.jpg≪下山後の冷えたスイカ!≫

suika.jpg

御座石鉱泉で、秋山会長夫妻が冷えたスイカを持ってのお出迎え! スイカ美味しゅうございました。ありがとうございます。

全員無事下山し、解散になりました。お疲れさまでした。また、行きましょう。

みみっく

Continue reading

2016北岳レインジャー

  • 2016年8月15日 08:50

2016.7.30~31(土、日) 晴れ

メンバー:芳賀、みみっく

ルート30日:広河原~二俣~八本歯コル~トラバース道~北岳山荘

31日:北岳山荘~吊尾根~北岳山頂~両俣分岐~両俣側へ散歩~両俣分岐~肩の小屋~右俣~二俣~広河原

 

梅雨明けし、初めての週末。芦安は大混雑、一便のタクシーに乗れてラッキー。6:00には広河原の人になった。

≪朝6時の広河原≫

hirogawara.jpg

北沢行のバスも臨時でどんどん出発。今日は何人山へ入るんだろう?

≪夏山!≫

natuyama1.jpg
≪満開!≫
hana1.jpg

hana5.jpg
≪稜線漫歩≫


jyuusouro.jpg≪大混雑のテンバ≫

tenba.jpg
≪テンバより富士と甲府盆地≫

tenbayori.jpg
≪夜明け前≫

yoakemae.jpg
≪可愛いウサギギク≫

usagi.jpg
≪レインジャー業務中≫

reinja.jpg≪青空と山頂≫

sancho.jpg

両俣の分岐でオコジョ(2匹)と遭遇。岩の間をチョコチョコ・・・なかなか写真撮影できません。足元にちらっと写っています。これで精いっぱい。許して~

≪足元のオコジョ≫

       okojyo.jpg



今年度のレインジャー業務、つつがなく終了しました。皆様、ご協力戴きありがとうございました。
また来年度もよろしくお願い致します。

みみっく

以東岳・東北百名山

東北百名山の中でも、朝日連峰の北の峰、以東岳、この山、日帰りでもできない事は

ないのだけれど。人に聞けば、案内書など見れば、物凄くいい山と言う。

土日を使い行ってきた。

 

201686日(土) 天候 曇り後晴れ 植松単独

 

3時半、泉IC東北自動車道⇒山形自動車道月山ICで降り国道を鶴岡まで行く。

もう、日本海である。国道112号から赤川沿いの県道に入る。高岡の部落から大鳥ダム

方面の林道を泡滝ダム、ここが終点で20台ほどの駐車スペースがある。

710分出発。沢沿いの登山道を2本のつり橋を渡り。9時半、大鳥池に着いた。

透明感が凄い池である。この池から本日は、以東岳、直登コースをたどる。

標高1,300mも上がれば森林限界である。

振返れば、熊がひっくり返った形の先ほどの池が見えた。

 

<大鳥池>

 大鳥池.JPG

 

 

 

以東岳、標高1,772m 13時着。

 

 

 

 

<以東岳のお花畑>

 以東岳のお花畑.JPG

 

 

 

15時半、本日の宿泊地、狐穴小屋に着いた。きつねあな と読みます。

 

<狐穴小屋>

 狐穴小屋.JPG

 

 

 

<小屋の前の水場>

 小屋の前の水場.JPG

 

 

 

宿泊費1,500円、ビール800円 計2,300円 本日の宿泊者は30名ほどとの事。

 

201687日(日) 天候 快晴

 

<月山>

 月山.JPG

 

 

 

<狐穴小屋から以東岳>

 狐穴小屋から以東岳.JPG

 

 

 

以東岳、素晴らしい山である。雰囲気は3千m級の貫録がある。

今日も山頂を踏めると思うとわくわくするのである。

 

遅いチングルマがここだけ咲いていた。

 

<稚児車>

 稚児車.JPG

 

 

 

<縦走路と以東岳>

 縦走路と以東岳.JPG

 

 

 

<もうすぐ山頂>

 もうすぐ山頂.JPG

 

 

 

<以東岳山頂>

 以東岳山頂.JPG

 

 

 

<山頂より大朝日岳>

 山頂より大朝日岳.JPG

 

 

 

今一度、大鳥池。

 

<熊皮敷き池>

 熊皮敷き池.JPG

 

 

 

<以東岳のお花畑2

 以東岳のお花畑2.JPG

 

 

 

<以東岳を振返る>

 以東岳を振返る.JPG

 

 

 

12時半、駐車場着。山形は西川町、水沢温泉により、下道、関山峠を越え、

17時に帰泉した。

以東岳は、素晴らしい山でした。おそらく東北百名山10本以内に入るでしょう。

東北百名山、87座となりました。

 

植松一好

早池峰・奥鳥沢

先週のメンバーと早池峰は、奥鳥沢に入る事とした。大理石の沢底で有名だそうで、

登山体系にも載っていて、ロープも要らない、藪もない快適な沢との事。

 

2016730日(土) 天候 曇り後晴れ L千葉さん・鈴木さん・我妻さん・植松

 

4時、大和町まほろばに集合。3本木SAより東北道に乗り、釜石道は東和ICで降りる。

下道1時間も走れば、早池峰登山口である岳に着いた。7時半のシャトルバスに乗車。

往復1,400円。河原坊で下車。

 

<奥鳥沢1

 奥鳥沢1.JPG

 

 

 

<奥鳥沢2

 奥鳥沢2.JPG

 

 

 

<奥鳥沢3 千葉さんカメラ>

 奥鳥沢3.JPG

 

 

 

<大理石の沢底1 鈴木さんカメラ>

 大理石の川底1.JPG

 

 

 

<大理石の沢底2

 大理石の川底2.JPG

 

 

 

<大理石の沢底3 我妻さんカメラ>

 大理石の川底3.JPG

 

 

 

<源流 我妻さんカメラ>

 源流.JPG

 

 

 

源流終えれば、大きなスラブ帯に出る。上部を行っている、先行パーティがよく見える。

ここで、渓流シューズを脱ぎ、足を乾かす。このスラブ、どこでも上がれそうだ。

 

<岩稜帯を行く 千葉さんカメラ>

 岩稜帯を行く.JPG

 

 

 

<ナンブトラノオ>

 ナンブトラノオ.JPG

 

 

 

<ハヤチネウスユキソウ>

 ハヤチネウスユキソウ.JPG

 

 

 

<もうすぐ稜線>

 もうすぐ稜線.JPG

 

 

 

稜線に出ると、先行パーティと出会った。なんと、網張ツアーでお世話になった朋友会の

メンバーでした。

 

<朋友会のメンバー>

 朋友会のメンバー.JPG

 

 

 

<昼食>

 昼食.JPG

 

 

 

皆様とご一緒いたすと、ラーメンの具が増えて楽しい。また、キュウリやミョウガ、

プラム等、副食も豪勢である。そしてキンキンに冷えたビール、たまらん!

 

<早池峰山頂 千葉さんカメラ>

 早池峰山頂.JPG

 

 

 

1622分小田越え発、最終のバスに間に合いました。

 

バリエーションから名峰、早池峰に上がれるとはね。

この沢は、危険個所もなく、花も豊富で最後はハイ松と岩稜で、標高は2千メートル

無いのですが、北アルプスにいる錯覚を感じますね。

早池峰3度目の山頂です。素晴らしい山です。

 

千葉さん、鈴木さん、我妻さん、このルートを提示していただき、

ほんとうにありがとうございました。感謝!

 

帰りに東和温泉に寄り、20時過ぎ、大和町の集合場所に戻った。

 

植松一好

2016駒仙レインジャー

2016.7.23~24(土日)曇りのち晴れ

メンバー:安藤、みみっく

ルート23日:竹宇駒神社~黒戸尾根~七丈小屋(泊)

24日:七丈小屋~甲斐駒ヶ岳山頂~直登ルート~六方石~駒津峰~双児山~北沢峠

DSCN0491.jpg

なかなか梅雨明けせず、天気予報も二転三転。晴れるの?雨なの? テント泊やめて、小屋の素泊まりに。

曇り空、いつもの黒戸尾根。まあまあな盛況?黙々と登ります。1300m登ってやっと七丈小屋。今日はここまで。明日のお天気どうかな?

DSCN0470.jpg

翌朝、雲海です。おお、晴れ?期待しながら山頂へ。なーんだ。いい天気。360度の大眺望。北沢峠からの登山客がまだ上がってこない山頂は、静かでした。直登ルートを下り、8合目辺りから、大混雑。一体どこまでが1グループなの?途切れずどんどん上がってきます。よけるのも大変。双子山ルートは静かで人ごみなく北沢峠へ。

DSCN0475.jpg

DSCN0482.jpg

DSCN0498.jpg

お疲れ様でした。今年のレインジャーも残すはあと一回、北岳です。

また行きましょう!

みみっく

Index of all entries

Home> Archives > 2016年8月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top