Home> 東北の山 > 南蔵王連峰・不忘山

南蔵王連峰・不忘山

やっと、スキー場がオープン。雪慣れの為、本日も歩き。

南蔵王は不忘山に行く事とした。スノーシュー・スコップを車に積込んだ。

 

20161217日(土) 天候 吹雪 植松単独

 

ジョイフルで焼き魚定食食べて、9時過ぎ、白石スキー場着。

駐車場の積雪量で、スノーシューとスコップは置いていく。

これが失敗。しばらく歩けば、積雪はひざ上。一汗かけば正規の登山道に出た。

なんと、団体様が先行にいるようだ。ラッセル皆無となる。

快適に登って行くと、昼過ぎにその団体様が下山してきた。10人ほど。

どうやら高校山岳部のようだ。最後尾にいた先生と思われる方が、

この先で我々は引き返しています。との事。ラッセルのお礼を言い別れた。

標高、1520mまで、彼らはラッセルしていた。その先、ツボ足で踏み込む。

 

<ラッセル>

 ラッセル.JPG

 

 

 

腰まで浸かる。時刻は、13時半。本日は、ここまで。

15時半、駐車場に戻った。

 

<白石スキー場駐車場>

 白石スキー場駐車場.JPG

 

 

 

<不忘の湯>

 不忘の湯.JPG

 

 

 

暖かい不忘の湯に浸かり帰泉した。

ここで報告です。101日に栗駒で出会った大月の青年。メールつながり、

16日(金)の夜。泉中央で飲みました。メールつながらなかった原因は、

植松が渡した名刺アドレスの控えをkazu.uematsu kaz.uematsu が正解。

山梨県山岳連盟ホーム頁で必死こいて探していたそうです。すまん、坂田君。

来年は賑やかになりそうだ。

 

植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 東北の山 > 南蔵王連峰・不忘山

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top