Home> 月例山行 > 印象深い山行となりました。瑞牆山(5月月例山行) 

印象深い山行となりました。瑞牆山(5月月例山行) 

2017.5.28(日)晴れ

参加者:井口、上野、中川、安藤、片山、松野、飯島、白倉、入会希望者Kさん、川崎(文責)

ルート:瑞牆自然公園(7:00)→不動滝→瑞牆山山頂(11::00)→パノラマコース→大面岩→瑞牆自然公園(15:00)※安藤・川崎(16:30)

早朝はガスガスでしたが、集合時間には、この通り!

1.jpg

朝は涼しく歩きやすい。今日は人気の山なのにちょっと違うコースで歩くので、参加者多目です。みんなで歩くと楽しいね!

20170528 1-2.jpg20170528 1-3.jpg

前半は沢沿いなので、涼しいし景色も変化に富んでいて飽きません。

橋でポーズなんかとったりして楽しんで歩いていると、もう不動滝。

とりあえず集合写真。カメラを向けられると、普通に撮られるのでは気がすまない筆者。

20170528 2.jpg201705028 3.jpg20170528 4.jpg20170528 5.jpg

奇岩がたくさんあり、岩を見てるとクライミング熱も上がります。

20170528 6.jpg

ひと登りして山頂!とても人多いっっっ!

今回はミミックさんが白鳳会の旗を持参してくれていました。

会の山行っぽいですね~

テンション上がります。

20170528 7.jpg20170528 8.jpg20170508 9.jpg2017080528 10.jpg20170528 11.jpg

写真を撮ったらさっさと山頂を後にします。

帰りは富士見平小屋へ行くつもりでしたが、上り下りの人の多さに参って、カンマンボロンを見て帰ろうとパノラマコースへ。

20170528 12.jpg20170528 13.JPG20170528 14.jpg

.結構な急勾配を下りていきます。

少し下ると石楠花がたくさん咲いていました。

20170528 15.jpg20170528 16.jpg

大面岩直下まで降りてきて休憩しました。

この後には下山まで写真がありません。

実はこの休憩時に、その近くの岩塔の上でクライマーのグランドフォールがあり、翌日の地方紙にも載る大きな事故が発生しました。

ビレイヤーから救助・通報要請があり、安藤さんが先に言って現場確認の上、川崎を連れて救助活動を行いました。

現場では要救は意識不明であり、周りにいたクライマーなど数人で止血と人口呼吸・心臓マッサージを行い、15時過ぎにヘリで病院へ収容されていきました。

後日聞いた話では、その方は意識は戻った様です。

川崎もこのような場面に出会ったのは初めての体験でしたが、夏から秋にかけてセルフレスキューやファーストエイドの講習を何度か受講していたからか、

少しは役に立てたのかなとは思いました。

事故を起こしてしまった側も備えは必要ですが、救助要請される側の人間もいつ誰が何時このような場面に遭遇するとは限らないので、

落ち着いて対応できるように、そのような講習の機会があった時は参加を是非お勧めしたいと思いました。

山の帰りは少し静かになってしまいましたが、そこにいたそれぞれの参加者がそれぞれの立場で色々なことを考えさせられる貴重な山行となりました。

月並みな言い方ですが、安全に山を楽しみましょう!

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 月例山行 > 印象深い山行となりました。瑞牆山(5月月例山行) 

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top