Home> 東北の山 > 御神楽岳・浅草岳・東北百名山

御神楽岳・浅草岳・東北百名山

3連休である。が、土曜が雨。日月で山に行く。

東北百名山、今現在91座。スコアを伸ばしたい。

 

2017年10月8日(日) 天候 晴れ 植松単独

 

東北道南下、磐越道は新潟方面。会津坂下ICで降りる。国道252号線をひたすら

只見川沿いに南下。金山町は、本名ダムよりダートとなる。林道最終に駐車スペース。

すでに5台駐車あり。10時出発。

 

<御神楽岳稜線>

 御神楽岳稜線.JPG

 

13時、御神楽山頂着。と思いきや、左上にさらに高いピーク。えっ?ナニコレ状態。

福島県の山で確認すると、ここが福島県の県境。で、本名御神楽山頂。

あちらは新潟県。つまり、東北百名山では、ここでよいのです。

 

<本名御神楽山頂>

 本名御神楽山頂.JPG

 

<飯豊連峰>

 飯豊連峰.JPG

 

<御神楽岳>

 御神楽岳.JPG

 

天気もいいし、時間もあるので行ってみることに。

 

<御神楽岳山頂>

 御神楽岳山頂.JPG

 

山頂は、新潟方面からの登山者多い。福島側から来たと言ったら驚いていた。

後でわかったが新潟方面が一般的らしい。

 

<山頂より本名御神楽>

 山頂より本名御神楽.JPG

 

<雪の浸食の壁>

 雪の浸食の壁.JPG

 

この辺りは、一番の豪雪地帯である。

 

<本名御神楽を振返る>

 本名御神楽を振返る.JPG

 

17時、駐車場着。舞台は浅草岳へ。18時半、浅草岳登山口駐車場着。

雨が来そうなので、テント張らずに車中泊とする。

 

10月9日(月) 雨ガス後晴れ

 

朝の雨がやんだ。7時出発。ずっとガスの中。10時半、山頂着。

 

<浅草岳山頂>

 浅草岳山頂.JPG

 

ここも次から次へと新潟方面から登山者が上がってくる。

しばらく天候を待つが下山者少なく。結構なラッシュ。

やがて、ガスが飛んでいく。歓声があがる。

 

<山頂より田子倉湖>

 山頂より田子倉湖.JPG

 

11時、下山する。

 

<登ってきた尾根>

 登ってきた尾根.JPG

 

<鬼ヶ面山の壁>

 鬼ヶ面山の壁.JPG

 

鬼ヶ面の岸壁は圧巻、見事である。

 

<浅草岳を振返る>

 浅草岳を振返る.JPG

13時半、駐車場着。のんびりと只見川沿いを。そこらじゅうで稲刈りが行っている。

早戸温泉は、つるの湯、500円。露天風呂からゆっくり流れる只見川の大河。

時間を忘れそうだ。

 <早戸温泉>

早戸温泉.JPG

御神楽岳も浅草岳も思っていた以上に よい山でした。

 

東北百名山93座となりました。

 

19時、帰泉した。

 

植松一好

Index of all entries

Home> 東北の山 > 御神楽岳・浅草岳・東北百名山

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top