Home> Archives > 2018年6月アーカイブ

2018年6月アーカイブ

6月の最初に朝日連峰は、天狗角力取山と障子ヶ岳に行った。

以東岳や朝日連峰景色が凄かった。と身近に気になる山発見。寒江山である。

 

2018年6月23日(土) 天候 高曇り晴れ 植松単独

 

またまた大井沢の谷に入っていく。日暮沢小屋まで車で入れる。

林道脇に物凄い駐車の数だ。聞けば、本日、竜門小屋の小屋番さんが亡くなり、

慰霊登山と午後からは小屋で慰霊祭を行うという。知らなかった~泊まれるかな?

とりあえず行ってみることに。急坂を2時間半もかければ森林限界だ。

豪雪地帯の山々は1,300m上がれば風光明媚なのである。2週間前登った障子ヶ岳に

出会えた。奥には鳥海山も見える。

 

<障子ヶ岳・天狗角力取山・右月山>

 障子ヶ岳・天狗角力取山・右月山.JPG

 

<竜門山と竜門小屋>

 竜門山と竜門小屋.JPG

 

15時過ぎ、小屋に到着。丁度、献杯が始まったところだった。どうやら泊まれそうだ。

管理費1500円とビール800円。合計2300円。

夕方までに数名が増えたが、頭と足を逆にするほどでもなく。かえって暖かく快適でした。

 

6月24日(日) 風強く快晴。

 

<小屋からご来光>

 小屋からご来光.JPG

 

<山頂>

 山頂.JPG

 

花が凄い。ウスユキソウだらけである。触るとモフモフ感がたまんない。

 

<ウスユキソウ>

 ウスユキソウ.JPG

 

<ウスユキソウ2>

 ウスユキソウ2.JPG

 

<チングルマ>

 チングルマ.JPG

 

<縦走路とヒメサユリ>

 縦走路とヒメサユリ.JPG

 

<ヒメサユリ>

 ヒメサユリ.JPG

 

<寒江山と以東岳>

 寒江山と以東岳.JPG

 

<タムシバと大朝日岳>

 タムシバと大朝日岳.JPG

 

12時半、登山口着。暑い。やたらと暑い。さあさあ冷たいざるそばだ。

大井沢沿いの民宿による。玄関であいさつすると、奥からおばあちゃんが奥へどーぞ。

 

<月山イタソバ>

 月山イタソバ.JPG

 

<物凄くおいしかったです>

 物凄くおいしかったです.JPG

 

おばあちゃんにおいしかったと言ったら月山のミネラルウォーター2本と大井沢温泉

の割引券2枚いただきました。朝日連峰通いが始まりそう。もう、始まっているか。

 

植松一好

国見山・岩手県の山+α

9日の夜は、半年に一度、東北の後輩がやっているお好み焼き屋で宴会。

夏油三山は、未だ登っていない経塚山に出かけることにした。

 

2018年6月9日(土) 天候 大雨後快晴 植松単独

 

東北道、水沢ICで降りる。夏油温泉へ。7時半着。登山準備をしていると、

いきなり強い雨。晴れるはずが、リアフラットにしてやむのを待つ。

10時過ぎ、未だ雨、やまない。夕方には水沢駅で後輩をピック。

経塚山はまた次回で。さて、時間があるぞ。夏油スキー場に向かう。雨が上がり、

強い日差しが。今夜の酒のつまみを探す。タラの芽が沢山あった。

それでも時間がある。岩手の山で、半日で行ける山探す。あった。北上の東側に国見山。

 

<胎内くぐり>

 胎内くぐり.JPG

 

14時、国見山山頂。夏油三山の奥には焼石岳も見える。手前は北上川。

 

<夏油三山・奥は焼石岳>

 夏油三山・奥は焼石岳.JPG

 

<山頂から北上市>

 山頂から北上市.JPG

 

 

以外に大きな街である。

 

<山頂の観音様>

 山頂の観音様.JPG

 

ぐるっとハイキングコース回って15時半、駐車場着。途中、瀬峯坂温泉600円よって、

17時10分、水沢駅東口で後輩と合流。17時半、明るいうちから宴会へ。

日が長いのは気持ちいいよね。

 

<ひげまる>

 ひげまる.JPG

 

と、先に来ていた後輩が、韮崎のウィスキーを知らないか、知らない・・・

えっ、まじですか。本当に知らなかったです。しかも安いしうまいのです。

岩手は、江刺で知るとはね。

 

<韮崎ピュアモルト1>

 韮崎ピュアモルト1.JPG

 

<韮崎ピュアモルト2>

 韮崎ピュアモルト2.JPG

 

楽しく楽しく、夜が更けて行くのであった。次回は9月かなぁ・・・

 

植松一好

オオナジカ峠調査

オオナジカ峠登山道状況調査

2018年6月10日は白鳳会甘利山登山道整備の2回目の作業日なのだが
天気が悪そうで整備作業ができない可能性があるため、6月7日(木曜日)に調査に行ってきた。

5月に鳳凰からオオナジカ峠を経由して千頭星山、甘利山を下山してきた登山者からの情報で
「崩壊地がだいぶ進行しており登山道が通行不可になるのも時間の問題ではないか?」と言う情報が
入った為様子を見に行った。


前日からの雨は上がり天気は晴れ、レンゲツツジと富士山のコラボが美しい!
つつじと富士山.jpg

千頭星山山頂から急降下する岩場のfIxロープは2本ありまだ使えそうな状態であるが古いロープの固定に使っている
金具が地中から抜けてしまい浮いた状態、これは改善しなければならない。
fixロープ状況.jpg

オオナジカ峠までには2つの岩峰を巻くのであるが最初の岩峰は左側(南アルプス市側)の谷へ急降下して
巻く、二つ目は右側(韮崎市側)を巻くのであるが下降点直下に倒木があり登山道を塞いでしまっている。
倒木作業前.jpg

倒木の枝を切り払い通過箇所にロープの切れ端をかけて目印にした。
倒木はけっこうな太さなので手ノコではとても切断はできないが歩行部分を一部
カットするような処置が必要だ。
倒木作業後.jpg


岩峰を通過後に南アルプス側に崩壊があり、崩壊地すれすれを通過する。
いずれは韮崎側樹林帯を通過するような巻き道になるだろう。
南アルプス側崩壊地.jpg


オオナジカ峠から苺平への登山道右側に広がる崩壊地上部の始まりは地形図によるとは2250m付近から始まっているようである。
今回撮影し、Uターンしたのが2150m付近であることから、あと100mくらい上部から崩壊がはじまっているようである。
2150m付近からの崩壊地.jpg

あとでわかったことであるがどうやら崩壊地上部が登山道状況に影響しているとのことであるようなので
苺平から調査に入ったほうがよさそうである。


Fixロープに浮いた状態の金具の処置と倒木は手を入れる必要がある。

小野記

天狗角力取山・障子ヶ岳

5月にて例年通り、スキーは、終了した。湯殿山から見ていた朝日連峰が気になる。

天狗角力取山・障子ヶ岳に出かけることにした。

 

2018年6月2日(土) 天候 無風快晴 植松単独

 

月山を通り過ぎ、大井沢へと入っていく。

 

<大井沢から見る障子ヶ岳>

 大井沢から見る障子ヶ岳.JPG

 

駐車して、ニリンソウの群落、バカ平を行く。今日は、天狗小屋泊なのでのんびりと。

 

<猟師の水場で昼食>

 猟師の水場で昼食.JPG

 

ここまでの雪渓の横断には、ピンクテープがある。この先の大雪渓は、テープ皆無。

まずは、真横に行き、上に上がるが、登山道は見つからない。上を見上げれば、

雪渓と雪渓の間に尾根を見つけた。とりあえずそこまで上がる。案の定、登山道発見。

急な尾根を上がると稜線にでた。

 

<月山>

 月山.JPG

 

障子ヶ岳、思っていたより、素晴らしくカッコイイ。これで東北百名山でもなければ、

日本山百名山にもなっていない。

 

<稜線から障子ヶ岳>

 稜線から障子ヶ岳.JPG

 

さらに進み、粟平に到着。以東岳がこれまた素晴らしい。

 

<稜線から以東岳>

 稜線から以東岳.JPG

 

<天狗角力取山頂>

 天狗角力取り山山頂.JPG

 

 

先行の踏み後等ないので本日の泊り客は俺ひとりと思い、扉を開けると、ラジオの音。

単独者がいました。今日取ってきたコシアブラで乾杯。

 

<コシアブラ>

 コシアブラ.JPG

 

<天狗小屋の天狗達>

 天狗小屋の天狗達.JPG

 

6月3日(日) 天候 無風快晴

 

先行の御仁は、4時半には出かけた。年は、同じくらいで、山形の教員さんでした。

5時半、出発。天狗小屋、ありがとうございました。

 

<天狗小屋>

 天狗小屋.JPG

 

<角力取場>

 角力取場.JPG

 

<ピラミダルな障子ヶ岳>

 ピラミダルな障子ヶ岳.JPG

 

7時半、山頂着。

 

<山頂、後ろは以東岳>

 山頂、以東岳.JPG

 

以東岳、ほんと、素晴らしい。

 

<障子ヶ岳を振返る>

 障子ヶ岳を振返る.JPG

 

<朝日連峰>

 朝日連峰.JPG

 

11時半、駐車場着。セミがやかましく、異常なまでの暑さ。たまらん。

 

<大井沢温泉から月山>

 大井沢温泉から月山.JPG

 

大井沢温泉300円に寄って、汗ながし、蕎麦屋によって、冷たいざるそば。

やまがたはほんと、そばがおいしい。洗濯物も溜まっているので、西川ICから高速で

帰泉した。仙台は、山形に比べると涼しいのである。

この、周遊コース、この時期は残雪と花が凄いです。秋にも訪れたいですね。

こんな、素晴らしいコースがあるなんて。

 

植松一好

七面山(月例山行)

2018年5月27日(日)はれ
参加者:井口副会長、中川、片山、飯島、大村、その他1名、保延(文責)

行程:
羽衣登山口(6:20)→敬慎院(10:00)→七面山山頂(10:42~11:37)
→敬慎院(12:10)→羽衣登山口(15:03)

5月だけど6月分の前借り月例山行(笑)
信仰の山「七面山」

山に響く「南無妙法蓮華経」の声
ほかの山とは少し変わった印象を受けます
高低差はありますが、信者さんたちが沢山登るので
歩きやすい登山道になっています


ここが羽衣登山口
七面山1.jpg


ギンリョウソウが沢山
七面山2.jpg


水場やトイレが時々あって、助かります
七面山3.jpg


信者さん500人通過中!みんなまっしろ(@_@)
七面山3.jpg


クリンソウ
七面山4.jpg


もうすぐ敬慎院
七面山5.jpg


敬慎院展望所からの富士山
七面山6.jpg


敬慎院から40分くらいで山頂です
七面山7.jpg


ここが敬慎院
1000人も宿泊できるそうです
七面山8.jpg


名残惜しいが下山します
七面山9.jpg


早川町にある南アルプスプラザが新しくなりました
アイスを買って観光案内所でおいしくいただきました
気さくに話しかけてくれる観光案内所のお姉さま方
楽しいひと時をありがとう(´∀`*)
七面山10.jpg

富士見山(月例山行)

2018年5月20日(日)はれ
参加者:清水副会長、堀内、飯島、白倉、中澤、市瀬、保延(文責)

行程:
平須登山口(8:20)→富士見山見晴台(11:25)→富士見山山頂(11:50~12:25)
→富士見山見晴台(12:55)→平須登山口(14:50)

5月月例山行は
富士見山(山梨百名山)に行ってきました

新緑の気持ちのいい山歩き
今の時期は最高に気持ちがいいですね(^ ^)
唯一の展望場所「富士見山見晴台」からは
残念ながら雲で富士山隠れて見えませんでしたが
春らしい清々しい山歩きができました


登山口「晴れてよかったね~(*^_^*)」
富士見山1.jpg


新緑が気持ちい~(´∀`*)
富士見山2.jpg


かわいいお花にも出会えました
富士見山3.jpg


「富士見山見晴台」おしい!もうちょっと雲がどいてくれれば(^^;
富士見山4.jpg


山頂!7名無事到着
富士見山5.jpg


登山口に帰ってきました
途中スリリングなロープ場が数か所ありました
登られる方は注意してくださいね
富士見山6.jpgみなさんおつかれさまでしたヾ(o´∀`o)ノ♪

Index of all entries

Home> Archives > 2018年6月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top