Home> Archives > 2018年7月アーカイブ

2018年7月アーカイブ

オオナジカ峠登山道整備

2018年7月12日(木曜日)天気(雨)
オオナジカ峠の登山道状況を見に行ってから1ヶ月以上が過ぎてしまった。
時間を空けて整備に向かったのだった。


奥甘利山からは雨が降り出した。
千頭星山山頂の奥のオオナジカ峠に向かう急なガレ場の古いロープを撤去し、
新たにロープを設置した。

                         作業前
ロープ一本.jpg

                     一本追加して2本のロープとなった

ロープ2本.jpg


下部支点は前回設置のボルトでヒルティー(社)スタッドアンカーHSA-R-M10-90mmに、
ペツルのハンガー(ステンレス)を再利用してペツル(社)マイヨンでロープを固定した。
フリークライミングで使う部材である。


                         下部支点状況

支点1本.jpg


                     2本目のロープ設置後支点状況

支点2本目.jpg


以上の作業で当面の通行は大丈夫だろう。


問題の岩塔の巻き道上の倒木であるが手ノコで切断した。
時間はだいぶかかってしまったが通過時の良い目印にもなる。


                      倒木の状況

倒木1.jpg

              手ノコ切るのは時間がかかり大変だが切断まであと少し!


倒木2切断途中.jpg


                     やった! 切れた!


倒木切断後.jpg


これで通過に支障はないだろう。


2018年7月15日(日曜日)天気(晴れ)

オオナジカ峠ルートの登山者からの申告は辻山上部の東側斜面の崩落が進行し、
登山道に崩落箇所がかかるのも時間の問題だという指摘である。
これは崩落箇所上部の登山道との距離がどの程度まで迫っているのか確認が必要であることから
苺平から下降して上部の崩壊状況調査を行った。

                           苺平下降点

苺平.jpg


苺平からの下降は踏み跡はそれなりにある、
倒木もあるが通過にそれほど難はない。
一旦下降して崩落箇所上部のトラバースになる、トラバース道は崩落箇所のはるか上部を
通過するため崩落の影響は全く見受けられない。
トラバースが終わると崩落上部を左手に見ながら下降が始まる。
崩落上部は木や草が繁茂していて近年の崩落は見受けられない。

                        崩壊最上部では木や草が繁茂している。

崩落上部.jpg


下降が始まると登山道は崩落からわずか数メートルの脇を通過する箇所もある。

             画像は下から登山道を見上げている、右側が崩落地

ぎりぎり登山道.jpg


標高2200m付近まで下降してみたが崩落が登山道までかかっているところは
発見できなかった。

結論は現在の登山道状況は通行に支障はない.
しかし大雨後や急激な地殻変動後には注意していく必要が
あるだろう。


小野記

船形山

土曜の午前中は、仙台にて野暮用有り、で山は、よく日曜としていた。

しかし、仙台も暑い熱い。急に思い立った。船形山の避難小屋に泊まろう。

まだ、時間的に間に合う。

 

2018年7月21日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

スプリングバレースキー場より、長いダートを行く。船形最短の大滝駐車場着。

15:40出発。山頂17:10着。まず、小屋をのぞく。どうやら今夜は俺一人だ。

 

<船形山頂避難小屋>

 船形山頂避難小屋.JPG

 

<サンセット>

 夕日に間に合った.JPG

 

明日のご来光が楽しみである。

 

<今夜はひとり>

 今夜はひとり.JPG

 

7月22日(日) 天候 風強く曇り

 

4時起床、窓の外はガス。早く降りても暑いだけ。晴れを待つ。2度寝する。

飯食えばやることない。の間、単独行者が2名来た。9時下山。蛇ヶ岳に行く。

 

<ツリガネニンジン?>

 ツリガネニンジン?.JPG

 

<モフモフウスユキソウ>

 モフモフウスユキソウ.JPG

 

<蛇ヶ岳>

 蛇ヶ岳.JPG

 

<蛇ヶ岳より船形山>

 蛇ヶ岳より船形山.JPG

 

<三光の宮>

 三光の宮.JPG

 

<三光の宮より北泉ヶ岳>

 三光の宮より北泉ヶ岳.JPG

 

14:00 帰泉した。

 

                               植松一好

小朝日岳

3連休である。いつもは、テント持って北に向かう。しかし、今夜はW杯3位決定戦。

明日は、とうとう決勝戦だ。で、本日は日帰り。より大朝日岳に近づいた。

 

2018年7月14日(土) 天候 高曇り晴れ 植松単独

 

またまた大井沢の谷に入っていく。古寺鉱泉手前の駐車場に止める。

登山シーズン。車は満車。8時、出発。すぐに古寺鉱泉に着いた。

 

<古寺鉱泉>

 古寺鉱泉.JPG

 

いつか泊まってみたい宿の一つだ。橋を渡って小屋裏から登りだす。

 

<古寺山>

 古寺山.JPG

 

<古寺山頂から>

 古寺山頂から.JPG

 

小朝日岳と大朝日岳は雲の中。

 

<小朝日山頂から>

 小朝日岳山頂から.JPG

 

大朝日岳が姿を見せた。小朝日山頂は、標高1,780m。

 

<小朝日山頂から鳥原山>

 小朝日岳山頂から鳥原山.JPG

 

本日は、古寺⇒古寺山⇒小朝日岳⇒鳥原山⇒古寺 ぐるっと馬蹄形登山。

 

<鳥原山から大朝日岳・小朝日岳>

 鳥原山から大朝日岳・小朝日岳.JPG

 

鳥原山頂は、1,430m。遠く、障子ヶ岳が見えた。やはりかっこいい山だ。

 

<鳥原山から障子ヶ岳>

 鳥原山から障子ヶ岳.JPG

 

16時丁度、古寺についた。蕎麦で寄った民宿よりいただいた割引券で、

大井沢温泉に寄って帰泉した。

 

                               植松一好

山梨岳連創立70周年記念事業 遭難対策シンポジウム

日時 平成30年7月8日(日)

会場 山梨県立文学館 講堂

主催 山梨県山岳連盟70周年記念事業実行委員会(山梨県山岳連盟)

共催 公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会

後援 山梨県 他

山梨県山岳連盟創立70周年記念事業として、「遭難対策シンポジウム」が行われました。

多くの遭難防止に関心の高い方達、山岳関係者に来場頂き、県外からも数多く来場頂けました。

0001.jpg0002.jpg0003.jpg

講師の青山千彰様は、元関西大学 総合情報学部総合情報学科 名誉教授、日本山岳・スポーツクライミング協会 遭難対策委員会常任委員、日本サーチ・アンド・レスキュー研究機構会長、UIAA登山委員会など。遭難対策とデータ分析の専門家です!

警察の事故データと山岳3団体(日山協、労山、jRO)の、山岳遭難データや事故調査資料のデータベース分析からの原因、対策、傾向と特徴の解説。登山風土と山岳事故のリスク。標高から見た山岳事故。県別特性。登山者の移動(他府県事故)。減遭難を目指した遭難対策活動。一般登山者の持つ登山事故のイメージの塗り替え。安全に見える山道に潜むもの。今後の課題などについて講演頂きました。

DSC_5199.jpg

その後、パネリストの皆様による「山岳遭難事故を減らすためにするべきこと」パネルディスカッションを行って頂きました。

減遭難に決定打の対策は今の所ありませんが、各登山者が「遭難は他人事ではない!」と意識を変えなければ遭難は無くならないでしょう。

 

平成30年度全国遭難対策委員長会議 日山協遭難対策委員会総会

期日 平成30年6月23日(土)~24日(日)
会場 東京都 晴海 海員会館
参加者 日本山岳・スポーツクライミング協会遭難対策委員会
    各都道府県山岳連盟 遭難対策委員長 他 計46名

本年度より開催場所が、東京 晴海 海員会館に固定になり参加しやすくなった。

スケジュール
23日(土)
13:00         開会 亀山副会長 町田遭対委員長
13:10~13:40 「ココヘリの現状と捜索実績」AUTHENTIC JAPAN(株)久我取締役
13:40~15:00 「ハイキングリーダーについて」説明と討議
15:10~16:10 「雪崩事故後の高体連登山活動と今後について 
16:40~17:00   討議内容発表
18:00~        夕食・情報交換会

24日(日)
9:00~9:30   日山協遭対委員会 29年度報告 30年度計画 会計報告ほか
9:30~10:30  UIAA報告
10:30~11:30 第15回山岳事故調査報告 青山千彰遭対委員
11:30~12:00 各委員長からの事故事例報告他
12:00~      閉会


                      DSC_5054.jpg

町田日山協遭対委員長

DSC_5057.jpgココヘリ 久我社長

今年度、山梨県警ヘリと山梨県防災ヘリに、ココヘリ親機が配備されたとの事。

DSC_5109.jpg山岳事故調査報告 青山日山協遭対委員

DSC_5147.jpg7月8日の「山梨岳連創立70周年記念事業 山岳遭難シンポジウム」で講演して頂きます

 

img20180701_17312365.jpg入場無料 事前申し込みなしで、聴講出来ます!

 

 

今年も山岳遭難事故者数が前年を上回り、3111人(前年比182人増)で、うち死者・行方不明者は354人(前年比35人増)に上った。いずれも統計の残る1961年以降最多。中年、若年層の遭難事故の増加しており、自分の体力、経験に見合った登山をしましょう! 

(社)日本山岳・スポーツクライミング協会遭難対策委員会専門委員 山梨県山岳連盟遭難対策委員長 安藤英一

 

Index of all entries

Home> Archives > 2018年7月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top