Home> Archives > 2018年8月アーカイブ

2018年8月アーカイブ

南蔵王連峰・不忘山

南蔵王連峰、不忘山は、白石スキー場があるため1年を通して楽しめる山である。

もう何度来ているか。

 

2018年8月25日(土) 天候 晴れ後雨 植松単独

 

<オヤマノリンドウ>

 オヤマノリンドウ.JPG

 

<フウロ>

 フウロ.JPG

 

<ウメバチソウ>

 ウメバチソウ.JPG

 

<ウスユキソウ>

 ウスユキソウ.JPG

 

<不忘山頂>

 不忘山頂.JPG

 

<不忘の碑>

 不忘の碑.JPG

 

昭和20年3月、東京大空襲の後、B29が3機連続この山に墜落したそうだ。

原因不明らしい。8千メートを飛行するB29、日本の高射砲では届かず、まして、

日本の航空機では、なおさら届かない。計34名死亡との事。

 

帰りは、遠刈田温泉は神の湯に寄って帰泉した。

 

                               植松一好

ココヘリ遭難捜索サービス山梨岳連割引

山梨県山岳連盟では、ココヘリ遭難捜索サービス山梨岳連割引を開始することになりました。

ココヘリ山梨岳連割引0001 - コピー640.jpg山梨県山岳連盟 - コピー9、13改 - コピー - コピー-images0001.jpg

通常入会金¥3,000が¥1,000OFF ¥2,000になり、年会費¥3,650
合計¥5,650になります。1日あたり¥10の年会費です。
山梨岳連加盟者以外の一般の方も、割引サービスを利用できますので、山梨
岳連割引コードは使用可能です。是非、御友人、お知り合いにお薦めください。

入会申し込みには二つの方法があります。
1パソコンから ココヘリ入会申し込み【特約代理店】https://hitococo.com/form/cocoheli_tokuyaku/ にて「管理コード」欄に「61600117」を入力し、必須の項
目を入力してください。
2スマートフォンから チラシのQRコードを読み取り、「管理コード」欄に「616
00117」を入力し、必須の項目を入力してください。
※クレジットカードをお持ちでない方へ
別途入会方法として、口座入金によるお支払も可能です。


ココヘリとは、会員制捜索サービスです。会員が山岳遭難した際に、会員証(ID付き
発信機・子機)を探知する捜索ヘリを出動する事により、遭難者を早期発見するサービ
スです。位置特定後、警察・消防救助隊に位置情
報を提供し、救助隊が遭難者の元に直行する事が可能となります。
民間ヘリ6社と全国20都道府県の警察・防災ヘリにも受信機(親機)が配備されてお
り、遭難者発見実績(4件中4件、ほぼ3時間以内に位置特定)
発見捜索実績2017,10月 早期発見。2018、5月 群馬県妙義山 翌日捜索
開始から1時間で発見。2018、7月 山梨県保利沢山 2時間。8月 山形県 生
存救出。
ココヘリ https://hitococo.com/cocoheli/
ココヘリ/COCOHELI1分動画 https://www.youtube.com/watch?v=nNlanuvpOQ4
ココヘリ/COCOHELI4分動画  捜索編 

https://www.youtube.com/watch?v=tmYLvZxIV5A&t=0s&list=LLz_fu66XB9H_HucRAJG9KLg&index=3

ココヘリのメリット
1 単独遭難時の発見が早い。ほぼ3時間以内に位置特定。
2 全国6か所の提携ヘリが捜索の為離陸。自社ヘリ2機。全国20都道府県の警察・防災ヘリに配備済
3 コールセンターが24時間365日体制で、本人・家族からの捜索依頼電話を受付。
4 捜索時にココヘリ側から、警察・消防へ機器使用方法のアドバイス。遭難者疾病情報など提供。
5 物品補償保険付き。¥50、000まで。免責¥5,000
6 登山時に樹林帯など上空が開けていない場所で、他パーティーなどの遭難事故等に
  遭遇し通報。ココヘリ親機を配備した、警察・防災ヘリからの早期発見。
7 早期発見されれば失踪扱いにならない。
8 ヘリ出動費 1事案につき、3回まで出動無料
9 「捜索しながらの救助」ではなく、「救助活動に専念」できるようココヘリが警察
  ・消防の救助活動をサポート。

使用にあたってのご注意!
必ず登山届を提出し(登山届コンパス尚可)ココヘリIDを記入する事。ココヘリ会員
証(子機)を山に持参している事。
登山届のコンパス https://www.mt-compass.com/

大朝日岳

6月から朝日連峰通いが始まった。連峰南の祝瓶山を登ってから、最後に大朝日の

予定だった。ただいま祝瓶への林道が通行止め。祝瓶見たさに大朝日を南側から

登ってきた。

 

2018年8月4日(土) 天候 快晴 植松単独

 

朝日鉱泉までは、長い林道だけど舗装路である。9時20分出発。

 

<朝日鉱泉から大朝日岳>

 朝日鉱泉から大朝日岳.JPG

 

<ここからスタート>

 ここからスタート.JPG

 

<大朝日岳・小朝日岳>

 大朝日岳と小朝日岳.JPG

 

<御影森山>

 御影森山.JPG

 

13時、御影森山頂着。

<飯豊連峰と祝瓶山>

 飯豊連峰と祝瓶山.JPG

 

<御影森山頂から大朝日岳>

 御影森山頂から大朝日岳.JPG

 

いつも北側から大朝日は見ていた。北側は、尾根続きである。この立派さは凄い。

まさに百名山。凄い貫禄である。しかし、本日は、あそこまで行かねばならず、

行けるかな。

<マツムシソウ>

 マツムシソウ.JPG

 

<平岩山から大朝日>

 平岩山から大朝日.JPG

 

<御影森を振返る>

 御影森山を振返る.JPG

 

<祝瓶がカッコイイ>

 祝瓶がカッコイイ.JPG

 

<山頂!>

 山頂!.JPG

 

2度目である。よく歩いたーーー。本日大朝日小屋満員。屋根裏へ。1500円。

おかげで暖かく、寝袋は使いませんでした。

 

8月5日(日) 天候 風強く曇り後雨。

 

<朝日小屋からのご来光>

 朝日小屋からのご来光.JPG

 

<タカネナデシコ>

 タカネナデシコ.JPG

 

早くも雨が来そうだ。小朝日岳を超え、鳥原山から朝日鉱泉に下山。11時半着。

作並温泉に寄って、16時、帰泉した。

 

                               植松一好

Index of all entries

Home> Archives > 2018年8月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top