Home> 岳連行事アーカイブ

岳連行事の最近のブログ記事

山梨岳連創立70周年記念事業 遭難対策シンポジウム

日時 平成30年7月8日(日)

会場 山梨県立文学館 講堂

主催 山梨県山岳連盟70周年記念事業実行委員会(山梨県山岳連盟)

共催 公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会

後援 山梨県 他

山梨県山岳連盟創立70周年記念事業として、「遭難対策シンポジウム」が行われました。

多くの遭難防止に関心の高い方達、山岳関係者に来場頂き、県外からも数多く来場頂けました。

0001.jpg0002.jpg0003.jpg

講師の青山千彰様は、元関西大学 総合情報学部総合情報学科 名誉教授、日本山岳・スポーツクライミング協会 遭難対策委員会常任委員、日本サーチ・アンド・レスキュー研究機構会長、UIAA登山委員会など。遭難対策とデータ分析の専門家です!

警察の事故データと山岳3団体(日山協、労山、jRO)の、山岳遭難データや事故調査資料のデータベース分析からの原因、対策、傾向と特徴の解説。登山風土と山岳事故のリスク。標高から見た山岳事故。県別特性。登山者の移動(他府県事故)。減遭難を目指した遭難対策活動。一般登山者の持つ登山事故のイメージの塗り替え。安全に見える山道に潜むもの。今後の課題などについて講演頂きました。

DSC_5199.jpg

その後、パネリストの皆様による「山岳遭難事故を減らすためにするべきこと」パネルディスカッションを行って頂きました。

減遭難に決定打の対策は今の所ありませんが、各登山者が「遭難は他人事ではない!」と意識を変えなければ遭難は無くならないでしょう。

 

セルフレスキュー講習会(積雪期)

山梨県山岳連盟 普及委員会主催 セルフレスキュー講習会(積雪期)を行いました。

日時 2018年3月17日(土)
場所 ピラタスロープウェイ頂上駅周辺
参加者 秋山岳連会長 近藤普及委員長(副会長) 加盟団体参加者7名 安藤(遭対委員長) 

内容は、ビーコンと何ぞや? 機能、特性説明、捜索方法、プロービング、掘り出し、保温、
コンパニオンレスキューシュミレーション、その後ココヘリ検証実験、弱層テスト、シェルター(かまくら、タコツボ)作成。

29313566_1111193455689650_8518238702927872_o.jpg初ビーコンで、ここまで来れる。新型は凄い!

29315208_1111193365689659_5190988282439139328_o.jpg単独埋没捜索

29314283_1111193632356299_4739483702327771136_o.jpg各自ビーコンに慣れたら、複数捜索の練習

29388490_1111193429022986_7210989845030633472_o.jpgプロービング

DSC_4766.jpg

DSC_4762.jpg弱層テスト

DSC_4765.jpg

29340440_1111190749023254_1682935432599306240_o.jpgコンパニオンレスキュー(パーティー、もしくはその場に居合わせた人員でのレスキュー)シュミレーション1

29261219_1111190719023257_2035117992047542272_o.jpg

29356809_1111190669023262_8273740890669842432_o.jpgヒューマンチェーンで、抱き上げる。

29314628_1111193652356297_2637433008658841600_o.jpgシュミレーション2 全力で掘る!

DSC_4772.jpg先頭交代して、掘る。

DSC_4774.jpg救出

29356901_1111190729023256_39876808543305728_o.jpgココヘリ親機で、子機所持者を捜索

29356682_1111190695689926_5357184709132550144_o.jpg29366526_1111190665689929_2223157819249524736_o.jpg捜索中。その後発見。

29386156_1111190859023243_5084818636502204416_o.jpgシェルター作成 ザックを重ね、ツエルトを被せる

29315357_1111190095689986_4139374198667608064_o.jpg雪を掛ける

29313670_1111190029023326_741880412686516224_o.jpg下から掘って完成

20180317_141044.jpgタコツボ 快適すぎて出れない!

29261793_1111193322356330_1833689188415832064_o.jpg破壊しながら強度検証

29258623_1111189999023329_3644756938702454784_o.jpg下山は秋山岳連会長が、ココヘリ子機を装着し、ピラタススキー場を滑走。我々はロープウェイからココヘリ親機で、空中捜索シュミレーションで、ココヘリを検証。

昨年3月、那須の雪崩事故以来、各地各団体で対策が活発化し、ご存知の様に特に、高校山岳部では雪山登山が、禁止あるいは規制が強くなり、ビーコン配備が進んでいる県も多い。また、各種山岳6団体で協議会が発足し、雪崩インシデントに対応したマニュアルの共通化を図っている。用語、捜索救助方法、訓練プログラムが標準化されれば、現場の混乱は少なくなる。今回講習のプログラムは、そのマニュアルに沿い行った。この技術は救助隊の技術ではなく、パーティ内人員や、他パーティーの事故に遭遇を想定した、一般冬山登山者や、BCスキーヤー等に習得して欲しい技術である。「三種の神器」よくと言われるが、神器ではない。適切な使い方をして、事態を収拾、あるいは軽減できる可能性のある道具である。積雪の少ない山梨では、雪崩対策訓練はあまり馴染みは無いが、今回は安全に対して志の高い人達に参加頂き、ココヘリ実地紹介やシェルター作成も行へた。何年後かには冬山標準装備に、ビーコンが加わる様な気がする。

安藤

山梨県山岳連盟 ロープワーク教室

2017、6,18 (日)

参加者 山岳連盟加盟団体から 19名。  一般未加入 9名。
講師  中沢岳連副理事長、金丸事務局長、遭対委員3名、安藤
  計 34名 (内、白鳳会参加者 保延、横森、中澤、入会希望者1名)

山梨県山岳連盟登山教室 「登山者のロープワーク教室 ハイキングで役立つロープの使い方と、登山用具のメンテナンス方法の解説」
ハイキング、縦走登山者を対象としたロープワークの講習を開催
内容は基本的な補助ロープの結束と悪場の通過などに役立つロープの解説と実習。

クライミング用ロープと、補助ロープの違いの説明。
スリング、カラビナ、安全環付カラビナの説明。
補助ロープを使用した、急斜面等でのトラバースの実演と解説。

19260521_950677258407938_4973433995502493817_n.jpgトラバースに必要なロープワーク エイトノット、ボーライン、クローブヒッチ、支点作成の講習。

DSC_1135.jpgスリングを使用した、簡易チェストハーネス、セルフビレイの作成。

DSC_1145.jpgDSC_1151.jpgその後、プルージック、クレイムヘイスト、ムンター確保の講習。

DSC_1154.jpg昼食後は、グループに分かれ、トラバースのシュミレーション。
ムンターによる、斜面を想定した、懸垂下降の講習。

DSC_1156.jpgその後、室野遭対委員による、レインウェア―等の撥水、防水の仕組、
防水性低下を感じる理由の解説と、洗濯方法の解説。

近年の登山ブームの高まりと共に、安全登山に関心、意識の高い方達の、参加を頂き盛況のうちに、終了出来ました。
遠くは神奈川、東京からの参加を頂き、リピーターの方もいました。
必須なロープワークを習得してもらい、想定外の危険個所や、初心者同行時にリスク回避をし、安全登山に役立て頂ければ、幸いです。
参加者の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

                                                   安藤

平成28年度山梨県山岳連盟総合研修会(第1回)

2016.11.19(土)雨のち曇り~11.20(日)曇り

会場:小瀬クライミング場、菊水旅館、小瀬武道館 第2会議室

参加者:小野理事長、安藤、稲木、西川、川崎、芳賀、保延(文責)
 山梨県山岳連盟所属山岳会会員及び講師含み2日間通して40名の参加がありました

白鳳会からは7名の参加がありました

たくさんの方が参加され、救助救命に対する皆さんの意識が高いことを感じました

これからも繰り返し練習して万が一の事態に備えようと思いました


講習内容(一日目)

・懸垂下降

・クライミング中の救助

・レイジングシステム体験

・登り返し

(登り返し→要救助者引き下ろし)

総合研修会2.JPG


(レイジングシステム体験)

P1000278.JPG


(登り返し)

総合研修会3.JPG


(海外クライミング事情講話 yosemite nose)菊水旅館にて

総合研修会4.JPG


講習内容(二日目)

・一時救命処置(心肺蘇生とAED)

・三角巾を使用しての応急手当

(心肺蘇生とAED)

総合研修会5.JPG


(三角巾の使い方)

総合研修会6.JPG

小暮祭

2ヶ月ぶりの帰省である。我が故郷、韮崎市は大村大先生で大賑わい。

 

18日(日)金山平にて秩父山塊の開拓者小暮理太郎=小暮祭が行われるので、秋山会長と

山寺顧問と小暮祭に出かけた。

 

2015年10月18日(日) 天候 快晴 秋山会長・山寺顧問・植松

 

14時、碑前祭。秋山会長の献杯。

 

<献杯>

 献杯.JPG

 

 

<レリーフの上の黄葉>

 レリーフの黄葉.JPG

 

 

<小暮祭>

 小暮祭.JPG

 

 

主催は、日本山岳会山梨支部。

懐かしい重鎮様にお会いできました。

 

<金山平から金峰山>

 金山平から金峰山.JPG

 

 

帰りには、8月にお亡くなりになった。生前、大変お世話になった、

前会長、横森先生宅に伺い、お線香を上げさせていただきました。合掌。

 

夕方には、いつも帰省すると入りに行く白山温泉に出かけました。

物凄く混んでいると思いきや、いつもどおりでした。

昼間は物凄い人との事です。

 

<白山温泉>

 白山温泉.JPG

 

 

19日にの夜、帰仙した。

 

植松一好

レインジャー・白根三山探索路

2014.7.12~13 晴れ&雨
メンバー:バン亀、いなぴ、みみっく
ルート:
12日:奈良田=広河原 嶺朋ルート~ボーコン沢の頭~八本歯~トラバース道~北岳山荘
13日:北岳山荘~間の岳~北岳山荘~北岳~肩の小屋~右俣~大樺沢~広河原=奈良田

嶺朋ルート出口(入口).jpg 

数日前から土砂崩れの為広河原~夜叉神が通行止めになり、奈良田からのルートは奇跡的(台風襲来にも負けず)に開いていて行くことができました。が、芦安からはタクシーで入れましたが、奈良田からは使えず、バスのみ。そのバスも山○交通の見通しの甘さから出発前に到着したのに乗ることができず、1.5時間遅れのスタートになりました。旧国民宿舎広河原跡地辺りから嶺朋ルートの入口があります。いきなりの急登、ずっと急登。倒木跨ぎ、くぐり。下部は我慢大会。上がるにつれ樹間より眺望が... 森林限界を越えたあたりから少しずつ元気が戻り、ボーコン沢の頭へ。稜線に出てからは眺望、お花バッチリで飛びまくり。ミヤマムラサキ3.jpg

北岳山荘では、ヘリの荷揚げ最盛期でした。18時までテント張り禁止、翌朝は6時までにテント撤収命令が... けっこう無理言いますね~

翌朝は間ノ岳へ国内標高3位記念登山。雲多く、ご来光は微妙な感じ。富士山山頂は雲の中。テント撤収時頃から雨が...みるみる本降りに。風雨の中、北岳山頂。下山したら晴れるかと思いきや。下界も小雨模様。初日にすべてを堪能できたのでまあ、良しとしましょう。
広河原に下山したら、芦安のタクシーが来ていました。今日から運行とのこと。よかったです。芦安~広河原と同様に奈良田~広河原も同じ料金で利用できます。

次回は駒仙レインジャーです。梅雨明けの夏山を堪能したいと思います。

みみっく

自然保護現地学習会・大菩薩

2014.7.6(日)曇り
山梨県山岳連盟加入団体から18名
白鳳会:湯人、井口、みみっく
ルート:長兵衛小屋~唐松尾根~大菩薩嶺~大菩薩峠~介山荘~熊沢山~石丸峠~長兵衛小屋

大菩薩は大変な人気で、山頂付近には大勢のハイカーでにぎわっていました。

大菩薩峠もシカの食害が多くみられ、第二の櫛形山にならないように手を打ち、お花畑の再生を期待したいです。

大菩薩観察会.jpg

大菩薩クリンソウ.jpg

古い空き缶拾いなど実施し下山しました。
お疲れさまでした。

みみっく

山梨県山岳連盟・高山植物現地学習会

2014.6.22(日)雨

参加者:いなぴ、丹澤、みみっく

ペニサラサドウダン.jpg
自然保護委員会が毎年実施している現地の高山植物学習会が三つ峠で実施されました。今年は、山梨県山岳連盟が『山岳会に入ると、いろんな事が学べます。山岳会に入りませんか?』っていうイベントの一環で、一般の方々も一緒に雨の中、行ってまいりました。

ベニバナノツクバネウツギ.jpg
三ツ峠山荘の中村光吉氏のDVD鑑賞、自然保護の在り方など講義を受け、充実した一日になりました。一般の方々の参加は少なく3名でしたが、多少山岳会(自然保護)に興味を持ってくれたと思います。

みみっく

白根三山探索路・レインジャー

2013.9.7~8  雨

メンバー:バン亀、and、いなぴ、みみっく

 

北岳.jpg今年最後のレインジャー、北岳探索路ということで、バットレス四尾根を予定していましたが、悪天候で一般路へ変更。鹿の食害が多数・・・肩の小屋で19時間・・・休養充分で下山しました。

来年こそは、バットレス・・・

 

 

  レインジャー活動中.jpg

ハクサンフウロ.jpg

ホソバトリカブト.jpg   今年のレインジャー業務は全て終了しました。また来年もよろしくお願いします。m(__)m

 

みみっく

鳳凰三山・探索路レインジャー

2013.8.24~25  24日曇り 25日雨

メンバー:ワン、田中、稲木、みみっく

やま.jpg

 週末のお天気が怪しい。中道から薬師岳に上がるルートを選択、普通に登山道の往復レインジャーです。毎年恒例で鳳凰小屋へお世話になります。お土産がザックに満載。

笹平のちょっと上で、オコジョを見かけたという情報。私たちの前には姿を見せてくれませんでしたが・・・けっこう低いところにも生息しているんですね。

薬師岳小屋に立ち寄ります。稜線の小屋は人気ですね。この週末はお天気優れませんでしたが、ほぼ満員のお客さん。トイレも綺麗になり山頂まで3分ぐらいの立地条件のよさはお天気関係ないのでしょうね。

薬師岳小屋.jpg薬師岳小屋からすぐ稜線です。稜線には秋の花がけっこう咲いています。レインジャー活動しますよー。

 

 タカネビランジ.jpg

  ワンさん変顔.jpg夕飯は恒例のカレー。いっぱい戴きました。ごちそうさまです。談話室での宴、楽しかったです。

 

談話室にて.jpg

翌日は雨。すぐやむのかと思いきや、だんだん激しくなってきた。うーん。話が違う。

来た道を戻り中道を下山、蒸し暑い下界に到着。

また行きましょう。

 

みみっく

 

 

Next archives

Home> 岳連行事アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top