Home> スキーアーカイブ

スキーの最近のブログ記事

針ノ木大雪渓BC

2015年4月26日(日) 天候 快晴  メンバー:bankame,sano

4時に韮崎市役所を出る。

扇沢無料駐車場に6時過ぎに到着。

扇沢ターミナルから右岸に渡りシールを付けてスタート。6時30分

DSCF4276 - コピー.jpg大沢小屋7時30分

DSCF4278 - コピー.jpg爺ヶ岳をバックに登る

DSCF4285 - コピー.jpgデブリ。針ノ木峠直下に登山者多し。

DSCF4301 - コピー.jpg鹿島槍も見えてきた。

DSCF4305 - コピー.jpgマヤクボカールを登る。バックは蓮華岳。

DSCF4308 - コピー.jpg10時30分 稜線着。立山と黒部湖。

DSCF4333 - コピー.jpg稜線上に雪はなくアイゼンを外して登る。バックに剣岳。

DSCF4342 - コピー.jpg11時 針ノ木岳山頂着。

DSCF4348 - コピー.jpg穂高連峰と高瀬ダム。

10665883_762505037200961_6972169421135867608_n.jpg山頂直下からドロップ。バックは蓮華岳。

DSCF4385 - コピー.jpg大雪渓を豪快に滑る sano。

11159961_762505233867608_3079926471222113644_n.jpgbankame

DSCF4400.jpgザラメが気持ちいい。13時 駐車場に戻る。 帰りに葛温泉に寄って帰りました。

S0044323.jpgbankame

焼岳BC

2015年4月12日(日) 天候 晴れのち曇り  メンバー:bankeme,okamada,naomichi

焼岳バックカントリースキーに行きました。

京都のnaomichi君と6時に道の駅風穴の里で合流する。京都を23時にレンタカーで出て4時に道の駅到着。2時間の仮眠。


DSCF4039.jpg
釜トンネルの前に荷物と2人をデポして坂巻温泉に駐車。釜トンネルまで1,3キロを走って戻る。

DSCF4041.jpg

6時50分釜トンネルスタート。トンネルは明るいがけっこうな登りで1キロちょっとあり長い。

DSCF4044.jpg釜トンネルを抜けると焼岳が見える。

DSCF4047.jpgしばらく林道を歩くと穂高がドーン!

大正池の手前の橋を渡りスキーに履き替え左岸尾根に取り付く。8時。

出だしから急登で雪も硬いので登りずらい。

nomichi君もうバテ気味?

DSCF4057.jpg登り斜面もだんだんなだらかになり、展望を楽しみながら行く。

DSCF4064.jpg左岸尾根末端。森林限界。視界が一気に開ける。

DSCF4072.jpg乗鞍岳を望みながらレスト。

DSCF4077.jpgボウルの中。中の湯から登ってきた登山者と合流する。

DSCF4084.jpg

最後の斜面を詰める。 

南峰を下降してる2人組?あの風貌・・・見たことある??

コルで降りてくるのを待ち構えているとやっぱり!YACの親分さんでした!

DSCF4095.jpgコルでアイゼンに履き替え北峰へ登ります。上高地を見下ろします。

DSCF4102.jpg12時15分 焼岳山頂。

DSCF4098.jpg笠ヶ岳

DSCF4099.jpg双六方面、遠くに水晶岳、野口五郎岳が見えました。

DSCF4100.jpg穂高岳

DSCF4101.jpgYACパーティー

DSCF4155.jpg13時コルからドロップ

DSCF4159.jpgokamada

3.jpgbankame

DSCF4164.jpg

naomichi

DSCF4178.jpg登りはバテバテ滑りはキレキレnaomichi君

DSCF4184.jpg

14時15分大正池着

DSCF4186.jpg

林道をてくてく歩いて坂巻温泉15時40分着

S0014116.jpgまた行きましょう!

動画です https://youtu.be/R03UgWioohI

bankame

白馬乗鞍岳BC

2015年3月28日(土) 天候 快晴   メンバー:bankame,shiba,sano

バックカントリーデビューの二人と白馬乗鞍岳に行きました。

DSCF3888.jpg

ゴンドラとロープウェイを乗り継いで駅からハイクアップ。(料金値上がりしてました)

景色を見ながら高度を稼ぎます。

S0023912.jpg景色良すぎてテンション上がります!

DSCF3945.jpg天狗原から急斜面を登ります。

S0043969.jpg白馬乗鞍岳山頂。

DSCF3978.jpg白馬大池方面に行ってみます。

DSCF3983.jpg雪倉岳。よさそうな斜面です。

DSCF3987.jpgコーヒーブレイク。

DSCF3992.jpg滑ります。重雪でいまいち。

DSCF4009.jpg後立山連峰。絶景です。

DSCF4021.jpg下部はザラメで気持ちよく滑れました。

DSCF4032.jpg栂池自然園。

最高でした!

bankame

鳥海山

今回で2回目の鳥海山、本当に素晴しい山である。
今回も祓川口(はらい)からハイクアップである。
靴がひとつとは実にいいのだ。

2014年5月31日(土) 天候 快晴 メンバー;柳谷・植松


朝の鳥海山
20140531-BirdSea-01.JPG

祓川口駐車場9:00出発と遅い時間となった。

ハイクアップ柳谷
20140531-BirdSea-02.JPG

山頂まで後1時間
20140531-BirdSea-03.JPG

前回は同じコースで山頂まで5時間掛かったが、今回は3時間半で上がってしまった。

春の定番
20140531-BirdSea-04.JPG

山頂でのラーメンは格別なのだ。
遠く、岩手山が見えている。

山頂より岩手山
20140531-BirdSea-05.JPG

さて、楽しみな滑降である。

テレ柳谷
20140531-BirdSea-06.JPG

山頂を振返る
20140531-BirdSea-07.JPG

下部バーン
20140531-BirdSea-08.JPG

2時過ぎには駐車場に戻った。
途中、善神沼と言う場所から鳥海山を眺めた。
箱庭にしたくなるような物凄い景色なのだ。
大きく伸ばして仙台の部屋に飾ろうか。

善神沼より鳥海山
20140531-BirdSea-09.JPG

そして前回も寄った、猿倉温泉、鳥海荘の露天風呂、これが楽しみなのだ。
300円。

露天風呂から鳥海山
20140531-BirdSea-10.jpg

5月の末日、最高なウィークエンドでした。
柳谷さん、往復運転、ありがとうございました。
仙台から登山口まで3時間半はかかります。

また行きましょう。。。


植松一好

湯殿山

出羽三山は知っての通り、月山・羽黒山・湯殿山である。
湯殿山には登山道がなぜか無いのである。
山頂は残雪シーズンは最適との事。

2014年5月24日(土) 天候 快晴
メンバー;柳谷・植松

下道で関山峠(トンネル)越え、月山ふもとのネイチャーセンターに入る。
雪解けとブナの新緑がまぶしい!

ブナの新緑
20140524-Yudono-01.JPG

湯殿山
20140524-Yudono-02.JPG

下の白い花は水芭蕉、黄色はリュウキンカ、バックが湯殿山、標高1,500m。
シール登高を続けます。

姥ヶ岳
20140524-Yudono-03.JPG

この姥ヶ岳の向こうに名峰月山、月山スキー場はこの姥ヶ岳と月山の間となります。

山頂まで後100m
20140524-Yudono-04.JPG

稜線の深いブッシュに行くては阻まれます。
本日はここまで、姥ヶ岳を見ながらいつもの定番をすすります。

春の定番
20140524-Yudono-05.JPG

さて、滑りです。
テレマーカー柳谷がカッ飛んで行きます。

テレマーカ柳谷
20140524-Yudono-06.JPG

今週は、低温が続いたので雪質がよいです。
2週間前の栗駒は重かった>高温ゆえ。

朝日岳方面
20140524-Yudono-07.JPG

ネイチャーセンターから湯殿山
20140524-Yudono-08.JPG

帰りはいつもの作並温泉、神の湯に寄りました。
もう、滑る時間が限られて来ましたね。
来週は6月に入るのだ。


植松一好

栗駒山3度目

10日土曜日、高根さん、柳谷と栗駒に出かけた。
低気圧が抜けきれず、イワカガミ平駐車場は風雨である。
明日出直す事にして、本日の夕方、寝袋持参で高根さん家集合となった。
ハニーさんこと、羽生さんも来た。ベランダでの水耕栽培レタスはおいしかった!
興味津々・・・俺も始めようかなぁ・・・

2014年5月11日(日) 天候 無風快晴
メンバー;柳谷・植松(白鳳会)

田植えの季節である。
栗駒山がまぶしい。。。

20140511-KuriKoma-01.JPG

この栗駒山、何度も言うが、なんで百名山から漏れたのだろう・・・

イワカガミ平駐車場からシール着けてハイクアップ。

20140511-KuriKoma-02.JPG

20140511-KuriKoma-03.JPG

山頂より遠くは月山
20140511-KuriKoma-04.JPG

春の定番
20140511-KuriKoma-05.JPG

20140511-KuriKoma-06.JPG

板を脱ぐのは一箇所だけ
20140511-KuriKoma-07.JPG

2時には駐車場に着きました。

新湯温泉・くりこま荘
20140511-KuriKoma-08.jpg

帰りは新湯温泉くりこま荘、500円に寄ってきました。
露天風呂からの新緑がもの凄く綺麗でした。

また行きましょう。


植松一好

後烏帽子岳・南蔵王連峰

2014年4月19日(土) 天候 快晴後濃いガス

メンバー;植松単独

7時半、烏帽子スキー場着。
8時出、閑散としたスキー場を行く。雪のある所まで板とブーツは担ぐ。
標高900mくらいで板を履く。

左前烏帽子岳・右後烏帽子岳
20140405-MinamiZao2-01.JPG

北蔵王の雁戸山が見えた。

雁戸山
20140405-MinamiZao2-02.JPG

蔵王最高点、熊ノ岳も見えた。
これで1800mしかないので相変わらず恐れ入る。

名峰蔵王熊ノ岳
20140405-MinamiZao2-03.JPG

11時45分、後烏帽子山頂着。
壮大な景色が広がる。

後烏帽子山頂
20140405-MinamiZao2-04.JPG

山頂より蔵王山
20140405-MinamiZao2-05.JPG

南蔵王の名峰屏風岳
20140405-MinamiZao2-06.JPG

屏風の斜面が雪崩れている・・・
凄腕スキーヤーにはたまらんロケーションなのであろうね。

しかし、しかし、ホント!凄い景色である。
しかもだれも居ないのですよ。
物凄く得した気分です。

山頂から滑る。

山頂から滑る斜面
20140405-MinamiZao2-07.JPG

写真では平らに見えますが、下の雲海を見ればわかりますよね。
とは言っても緩斜面ですが。今日はなぜか板がよく回ります。
思いっきり楽しいです。

斜面2
20140405-MinamiZao2-08.JPG

斜面3
20140405-MinamiZao2-09.JPG

左側の尾根筋通しに行けばスキー場に出れます。
スキー場に出て調子こいてがんがん滑っていたら崖に出てしまいました。
たぶん、澄川まで来てしまったようです。
深い霧の中、登山靴に履き替えて真横にトラバースしてスキー場に戻りました。
 
帰りは遠刈田温泉は壽の湯310円に寄っていきました。

遠刈田温泉
20140405-MinamiZao2-10.jpg

充実、満足、達成感感感、冥利につきた1日でした。
感謝!


植松一好

泉ヶ岳・スプリングバレー

2014年4月13日(日) 天候 快晴 植松単独

天気がよいのでふとん干して、近所のスプリングバレーに出かけた。

スキー場に車置いて裏からハイクアップ。
2月の桑沼の写真と見比べて。

春です
20140412-SpringV-01.JPG

ブナ林
20140412-SpringV-02.JPG


春のブナ林が気持ちいいです。
ハイクアップが楽しいです。

 スプリングバレー
20140412-SpringV-03.JPG

初めてスプリングバレーに入りました。

今シーズンはまだまだ週末のみ営業との事です。
裏側からハイクアップするとスキー場に出れます。


植松一好

月山スキー場オープン

あちらこちらのスキー場が、今シーズン閉鎖していく中、いよいよ月山スキー場が
オープン。

朋友会の高根さんに誘われ参加してきました。

2014年4月12日(土) 天候 風強く曇り

メンバー;高根さん、三浦さん、稲葉さん、稲葉さんジュニア、餘目さん、高橋さん、
              小野寺さん(朋友会)、柳谷さん、植松(白鳳会)

今日は三浦さんもご一緒。
三浦さんとは久しぶりである。
名峰月山スキー場がオープンである。

駐車場から湯殿山
20140412-MoonMt-01.JPG

本日は湯殿山を滑る予定。

本日がリフトオープン
20140412-MoonMt-02.JPG

姥ヶ岳
20140412-MoonMt-03.JPG

ここからハイクアップ
20140412-MoonMt-04.JPG

風が強く湯殿山はあきらめ牛首までハイクアップとの事。
しかし、雪面はカリカリです。
植松、シールは効かないし、板からブーツが外れまくり。

シール外している三浦さん
20140412-MoonMt-05.JPG

気持ちよく滑降は三浦さん
20140412-MoonMt-06.JPG

みんな振り向いているのは、登山者が滑落している最中です。

幸い、大事には至りませんでした。

山麓近くまで滑れます
20140412-MoonMt-07.JPG

下部は気持ちよく滑れました。林間は楽しいですね。

ネイチャーセンターまで滑れます
20140412-MoonMt-08.JPG


植松一好

後烏帽子岳・南蔵王連峰

蔵王えぼしスキー場が3月30日で今シーズンを終了した。
スキー場をハイクアップして後烏帽子岳に行こうとした。

南蔵王連峰2月1日撮影
20140405-MinamiZao-01.JPG

2014年4月5日(土) 天候 晴れ後吹雪 植松単独

スキー場に着くと、ゲレンデには雪はまったくない。
ハイクアップどころではないのだ。仕方がないので、通常の登山道から行く事に。
登山するつもり無かったので地図は持っていない。
尾根筋に出るまで相当のルーファイで時間を食った。
12時、前烏帽子山頂着。

前烏帽子山頂
20140405-MinamiZao-02.JPG

後烏帽子岳
20140405-MinamiZao-03.JPG

前烏帽子から後烏帽子岳を見る。
後烏帽子岳、本日はあきらめる。
蔵王連峰の一番西の山、雁戸山が望めた。

雁戸山
20140405-MinamiZao-04.JPG

春の定番
20140405-MinamiZao-05.JPG

駐車場から前烏帽子岳
20140405-MinamiZao-06.JPG

帰りは遠刈田温泉、神の湯 310円に寄りました。
ぬるい湯42℃、熱い湯45度と表示された大きな二つの浴槽に分かれています。

遠刈田温泉
20140405-MinamiZao-07.JPG

次々と営業スキー場が閉じていく中、
来週は、いよいよ月山スキー場がオープンなのだ!


植松一好

Next archives

Home> スキーアーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top