Home> 富士山アーカイブ

富士山の最近のブログ記事

初級ロープワーク勉強会(三ツ峠&小瀬)

2016.4.24(日)

参加者:安藤、片山、まもら

白鳳会では今年度6名の新人さんが入会

親切な先輩方が安全登山のためにいろいろ教えてくれます

天気予報では今日は晴れ(∩´∀`)∩ワーイ三ツ峠に行きましょう!

ガスってますが晴れるでしょう(´ー`*)ウンウン

初級ロープワーク2.jpg


今日はロープワークのお勉強で三ツ峠に来たんですが雨( ノД`)シクシク...

しばらく岩場で好天するのを待ちましたが雨は激しくなるばかり

初級ロープワーク.jpg


ということで、勉強場所を小瀬に変更!

Jリーグの試合があるみたいで駐車場がイパーイ

ですがそのおげかクライミング場はガラガラの貸し切り状態

ラッキー(o^―^o)ニコ

初級ロープワーク2.jpg初級ロープワーク3.jpgおかげでミッチリお勉強することができました(^^♪

竜ヶ岳(月例山行)

竜ヶ岳:本栖湖畔からのピストン

雪の登山道を歩く、気持ちのいい山歩きです(^^♪

2016年2月28日(日) 天候 晴れ  メンバー 井口 堀内 カトリーヌ まもら

本栖湖湖畔、冬季通行止めのこちらから登ります

竜ヶ岳登山口.JPG


登山口から雪道ですが、アイゼンなしで登ります

竜ヶ岳登山口2.JPG


木々の合間から青空が見えます

竜ヶ岳登山道1.JPG


山頂も雪です。標柱は折れちゃってますが

ここからの富士山は絶景です

竜ヶ岳山頂.JPG竜ヶ岳からの富士山.JPG


下山はアイゼン装着

竜ヶ岳登山道2.JPG


本栖湖が見えます

イイ眺めです(o^―^o)

竜ヶ岳登山道3.JPG

このまま駐車場へ

お疲れ様でした

富士山登山+BC SKI & BOARD 20130505

憧れの富士山へ登頂してきました! まつざき+かまだ

ご来光に手を合わせ 朝5時に須走口をスタートです。

IMG_0714.jpg時折風が吹き視界不良の為不安になりがらも概ね風もなく快調に高度を上げて行きます。

8合目までは本当に快適な登山でした。

IMG_0725.jpg8合目より上は完全に凍てついた世界。

SKIアイゼンで上がってきたものの、これ以上は危険と判断し板をデポし登山用アイゼンを装着し上を目指します。

当日及び前後に滑落された方がいましたが、富士山はまだまだ完全な冬山でした。

P5050209.jpg細心の注意を払い目指すは頂上。

8合目以降、慎重にClimbした為約7時間もかかってしまいましたが終に頂上に到着です。

P5050213.jpg私にとっては初頂上 日常では無い世界、景色、向き合う自分に感動致しました。

P5050214.jpgさて、登り上がった苦労の後は、お待ちかねの滑りです。

まつざきはTalkも滑り専門です!

8合目付近からドロップ、7.5合目以降は快適そのもの!

大自然の中で何度も雄叫ぶのでした。やっほーーーいい!P5050219.jpg

 

P5050224.jpgまた来年行きましょう!

かまだ

2011年5月富士山

5月、行事多く、また、その行事の日は快晴なのだ。
やっと、富士山に来れた。しかしは明日は早くも下り坂。
 
2011年5月21,22日(土日) 天候晴れ後風強く
メンバー;関・植松(白鳳会)
 
本日はクラシカルルート馬返しから上がる。

本日、馬返しより歩く

fuji-ski01.JPG上天気、重荷が堪える。

4合目、大滝林道付近

fuji-ski02.JPG16時過ぎ、佐藤小屋着。

2011.5.21吉田大沢

fuji-ski03.JPG料理長・関 調理中

fuji-ski04.JPG

 

雪があればどこかにテント張る予定だったが、水が無い。
幕営料¥500/1人+水確保。西日が暖かく、こんな景色で飲む酒はおいしい。


 
翌朝、3時半起床4時出発だが風強く待機。

22日朝焼け

fuji-ski05.JPG6時出発。8合目から上は雲の中。

6合目より山中湖

fuji-ski06.JPG

 

本日、標高2,840mからの滑降であきらめる。
わずか200mのダウンヒル。まぁ、こんなもんですね。

2,800m付近・関

fuji-ski07.JPG終了まじか・植松

fuji-ski08.JPG

 

テント撤収して、馬返しに13時半着。14時、大雨となった。
しかし、このクラシカルルートもトレイルランだらけである。
甲斐駒黒戸尾根状態である。ブームとは怖い。
 
お疲れさまでしたーまた行きましょう。


 
植松一好

富士山春スキー

総会前に山に行きたくバン亀さんに岩に行こうと言うと、
スキーシーズンも終盤なのでスキー行くじゃん!つーこんで富士山に滑りに行った~


2011年5月15日(日) 天候:晴天
メンバー:ハッシー、みぽりん(山梨アルパイン)関・バン亀(白鳳会)


今回は須走からあがります。
6時前、先週も滑りに来たバン亀さん曰く、先週よりも駐車場の車が多いとの事
支度しながらハッシー&みぽりんをまち6時過ぎ出発

 

fuji01.JPG

 

雪は駐車場から一時間程度上がったところから。
各自シール登行にて上を目指す。


fuji02.JPG

 

八合あたりで雪がクラスト。
総会もあるので滑る準備。
大概の人は頂上を目指してる為、まだトラックはない。

そんな美味しいところを降りる。

 

fuji03.JPG

 

fuji04.JPG一気に降りるのは勿体ないので途中で一本休憩を入れて、存分に堪能し降る。

 

テンションMAX!!

fuji05.JPG

バン亀さんの「雪のシーズンがもう終わる」が、淋しいが心に沁みる。
いやまだ行ける!行きましょう!!

関 秀倫

富士山ビバーク

'10年9月4,5日(土日) 天候 快晴

メンバー;金丸(御坂)・バン亀・関・ゴリ・植松(白鳳会)

来週の中国行きの前に富士山頂でビバークしてきた。

金丸はひとり吉田口から。
植松等は富士宮口から。すいていて正解でした。

17時半富士宮口出、ゴリがばて気味22時半全員山頂集合。
酒飲んでビバークする。


富士山ビバーク
1009fj_1.JPG

山頂星空・撮影関
1009fj_2.JPG

夜景と星空・撮影関
1009fj_3.JPG



人々の喧噪で起きる。山頂は既に原宿状態。物凄い人である。


御来光
1009fj_4.JPG

静岡側の雲海
1009fj_5.JPG

巻き雲
1009fj_6.JPG



吉田口は物凄い人数、レッドクリフの曹操軍である。
下山道はもうもうと砂煙が上っているのである。


吉田側長蛇の列
1009fj_7.JPG

剣が峰も並んでいます
1009fj_8.JPG



さて11日から中国は四川省に行ってきます。


アピ山共同装備
1009fj_9.JPG

アピ山
1009fj_10.jpg

左がバン亀達が登る牛心山奥はポタラ峰未踏
1009fj_11.jpg



お疲れ様でしたーまた行きましょう。

植松一好

09年12月富士山

メンバー;中山・吾妻(梨大山岳部)植松(白鳳)

09年12月12日(土) 天候 晴れ

13時、馬返し着、物凄い車の数、林道脇へ駐車。
金曜の大雨は、富士山では3合目上は完全雪、4合目過ぎるといきなり膝上となる。
が、物凄い登山者の数で登山道は完全高速道路化、佐藤小屋手前の林道はテント村状態なのだ。
冬山シーズン到来で講習会も多いのでしょうね。昨日の雪は講習会にとっては恵みでしょう。
我々もテント張り忘年会。周りも物凄いにぎやかだ。

09年12月13日(日) 天候 快晴

5時起床、快晴である。雲海が凄い。
ハーネス・アイゼン・ピッケル、フル装備にて出ぱつ。



朝、快晴!
0912fuji1_1.JPG

北岳様・間ノ岳様
0912fuji1_2.JPG

6合目
0912fuji1_3.JPG

甲斐駒様
0912fuji1_4.JPG

8合目付近
0912fuji1_5.JPG

9合目付近
0912fuji1_6.JPG


この辺りから植松が右側の股関節が痛くなり、9合5尺の鳥居にて待機、
雪状態もいいし、二人のモチベーションも高いので二人のみで山頂を往復。
山頂の鳥居をくぐったのが見える。しかしこのころより気温が急激に低下、風も出てくる。
そして二人とも無事下山、さあさあ長いは無用パッパと下山。時刻は14時。

頂上より凱旋
0912fuji1_7.JPG

9合半でガッツポーズ
0912fuji1_8.JPG

風強く冷え込んできた
0912fuji1_9.JPG


ブリザード的となる。そして安全地帯の7合目まで降りて来ると風も止まる。

安全地帯まで降りてきた
0912fuji1_10.JPG


テント撤収すると日が暮れた。へッラン点けて下山するが、霧雨でヘッランの電気が吸収されてしまい
自分がどこを歩いているのかわからなくなる。二人はこけまくり、とにかく俺にぴったり着いて来る。
これが一番安全なのだ18時半、馬返し着。
お疲れ様でしたーまた行きましょう!

植松一好。

08年・富士山ツアー

毎年9月にいろんな人を富士山に案内している。
今回は会社のメンバー、うちの会社のドイツのエンジニアがマシンの勉強で韮崎に滞在している。
是非富士山へ、つーこんで富士山。

08年9月14日(日) 天候 雨のち晴れ

メンバー;マリオ・M.K・A.K・K.T・Mr.J


最近は9月も登山者で混んでいる。車は2km手前で駐車。
30分余計にあるく。10時半山頂着。お鉢めぐりして3,776mへ。
マリオ終日ご機嫌である。
帰りは韮崎の白山温泉へ。そして寿司屋で打ち上げた。

Mt.Fuji1.JPG

Mt.Fuji2.JPG

Mt.Fuji3.JPG

植松

富士山クリーン作戦2008

今年で10回目を迎える富士山クリーン作戦が9月5~6日で行われました。
山梨・静岡両県から総勢80名、山梨県山岳連盟から20名、白鳳会からは植松・渡辺ペアで参加しました。

朝焼け(鳥居荘から)
IMG_6356.JPG

今日も快晴
IMG_6357.JPG

右から小宮山理事長・古屋副会長・サミッター中村隊員
08fuji4_6.JPG

開始式に集まった山梨・静岡両県の参加者
IMG_6365.JPG

山頂小屋直下

IMG_6367.JPG

せっせと働く植松さん
IMG_6368.JPG

短い時間ではありましたが、全体で約450Kgのゴミを収集しました。
昨年は1.4t⇒450Kgと言うことで減ったのか?と思いきや、植松さんは場所が悪かった。もっと右にいっぱいある。
と言うことでまだまた富士山クリーン作戦は続くように思います。

初めて参加した感想として、
今年も9月だと言うのにすごい数の登山者が来ています。
年20数万人の登山者が来ているわけで、100人に1人が1つのゴミをポイ捨てしても、
年2000個以上のゴミが捨てられます。80名で行う富士山クリーン作戦ではとても追いつきません。
大切なのはゴミを捨てないという登山者と山小屋の知恵と努力ではないでしょうか。
それプラス年20数万人の登山者が自分以外が出したゴミを1つ持ち帰って頂けると富士山もかなり綺麗になると思います。
年20数万人の力はどうにか利用できないでしょうか?行政の方、是非検討してください。

しかし、富士山の人気はすごいですね。びっくらこきました!

渡辺真二郎

08年・富士山滑降

今年の高山帯は4月になってよく雪が降った。
GWも終わり、毎週末には必ずどこかを滑る計画をしていた。
しかし土曜8週連続天候不順や白鳳・岳連行事等でどこにもいけない。
31日も雨、1日は白鳳荘整備の日、白鳳荘は委員長代理の上野にたのんで、富士山に行く事にした。
もう、この日しかないのだ。

08年、6月1日(日) 天候 快晴後ホワイトアウト

メンバー;あんどー・もりもり・植松(白鳳会)・砂糖・1号ゆき

4時半;富士宮口5合目着。森田等はすでに到着。
と、知った顔が、目の前をレガシーで通り過ぎる。
なんと、会員の堀井さんと、昔俺のスキーのお師匠さんだった中山さんである。
やはり今シーズン最後のスキーだそうだ。しかもここは初めてとのこと。
俺への質問は「どこを滑るだー!雪あるだかー!!!」大丈夫の話とおおむねのルートの説明。
我々は5時でっぱつ!

快晴!
08fuji3_1.JPG

1号ゆきが遅れるが、ここはあんどーさんにまかせて。
11時過ぎ、お鉢到達、結構気温低い。噴火口底には行けるのか。
かなりクラストしている為、アイゼンが無いと降りたはいいが登り返しがきついやばい?。
森田は高山病予防のためちょっとそこまででリタイヤ。
砂糖はソフトブーツなので登り返しはかなり厳しい、リタイヤ。
俺ひとりとなった。しかも本日火口底へのスキートレースは一本のみ。
カチコチ面を滑っていくと、その一本のトレーススキーヤは丁度噴火口底にいた。
なんか人がいて安心なのだ。でももう登り返しに入っている。
火口底に到達。周りを見上げる。四方から不気味な風が吹いてくる。
あいやーここは宇宙であるなぁー・・・ブルブルっと沫が立つ。

噴火口底より東側
08fuji3_2.JPG

噴火口底より山梨側
08fuji3_3.JPG

これがサミットフォールなのか?
08fuji3_4.JPG


長居無用、はよー脱出!と、スノボーカッ飛んで来た。砂糖である。
よう来たよう来た。登り返しに入る。砂糖にはストック一本渡す。滑り止めはお互いこれしかないのだ。
慎重にキックステップ刻んでいく。と砂糖がこけた!なんとか止まっている。体制を慎重に立て直す。
まぁ、行ってもお鉢の底で止まるが、ようは死がないけどダメージはでかいのだろうね。

火口底より脱出
08fuji3_5.JPG

お鉢からあんどー撮影
08fuji3_6.JPG

お鉢の底より無事脱出!あんどーと1号ゆきは山頂へ。1号ゆきは富士山初、大騒ぎ。

白鳳会東京支部?
08fuji3_7.JPG

山頂からあんどー&1号ゆき
08fuji3_8.JPG

森田は高山病に、砂糖をつかせ早めの下山とする。
山頂に行ったあんどーと1号ゆきが中々戻らない。
やっと、あんどーゆきが戻り、さっさと下山だ。

滑降地点は3,600mほど。そしてホワイトアウトに突入!

1号ゆき!
08fuji3_10.JPG

雲海突入あんどー
08fuji3_9.JPG

声かけあいながら第1雪田・第2雪田やり無事駐車場16:00着。

みなさん、お疲れ様でしたーまたいきましょう!!!

植松一好

Next archives

Home> 富士山アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top