Home> 南アルプスアーカイブ

南アルプスの最近のブログ記事

オオナジカ峠調査

オオナジカ峠登山道状況調査

2018年6月10日は白鳳会甘利山登山道整備の2回目の作業日なのだが
天気が悪そうで整備作業ができない可能性があるため、6月7日(木曜日)に調査に行ってきた。

5月に鳳凰からオオナジカ峠を経由して千頭星山、甘利山を下山してきた登山者からの情報で
「崩壊地がだいぶ進行しており登山道が通行不可になるのも時間の問題ではないか?」と言う情報が
入った為様子を見に行った。


前日からの雨は上がり天気は晴れ、レンゲツツジと富士山のコラボが美しい!
つつじと富士山.jpg

千頭星山山頂から急降下する岩場のfIxロープは2本ありまだ使えそうな状態であるが古いロープの固定に使っている
金具が地中から抜けてしまい浮いた状態、これは改善しなければならない。
fixロープ状況.jpg

オオナジカ峠までには2つの岩峰を巻くのであるが最初の岩峰は左側(南アルプス市側)の谷へ急降下して
巻く、二つ目は右側(韮崎市側)を巻くのであるが下降点直下に倒木があり登山道を塞いでしまっている。
倒木作業前.jpg

倒木の枝を切り払い通過箇所にロープの切れ端をかけて目印にした。
倒木はけっこうな太さなので手ノコではとても切断はできないが歩行部分を一部
カットするような処置が必要だ。
倒木作業後.jpg


岩峰を通過後に南アルプス側に崩壊があり、崩壊地すれすれを通過する。
いずれは韮崎側樹林帯を通過するような巻き道になるだろう。
南アルプス側崩壊地.jpg


オオナジカ峠から苺平への登山道右側に広がる崩壊地上部の始まりは地形図によるとは2250m付近から始まっているようである。
今回撮影し、Uターンしたのが2150m付近であることから、あと100mくらい上部から崩壊がはじまっているようである。
2150m付近からの崩壊地.jpg

あとでわかったことであるがどうやら崩壊地上部が登山道状況に影響しているとのことであるようなので
苺平から調査に入ったほうがよさそうである。


Fixロープに浮いた状態の金具の処置と倒木は手を入れる必要がある。

小野記

セルフレスキュー講習会(無雪期)

白鳳会でセルフレスキュー講習会を行いました。

日時 2018年5月6日
場所 甘利山椹池 白鳳荘周辺
参加者 青木、飯島、一ノ瀬、川崎、後藤、白倉、丹沢、保延、松野、安藤

内容は、JPTECファーストレスポンダーに基づく傷病者対応接触手順。一次搬送各種他。スリングによる簡易チェストハーネス等作成。滑落の危険性のある斜面でのトラバース。急斜面での確保手順等、ムンターでの下降、1/3引き上げシステム体験。

31947879_1143011489174513_7746695841640873984_n.jpg白鳳荘

31949164_1142738099201852_4918252391649771520_n.jpg椹池

31958116_1142738672535128_1088099714986934272_n.jpg仰臥位のログロール

31945015_1142737859201876_2271349362355339264_n.jpg背負搬送

31956146_1142738132535182_6461638942323113984_n.jpg簡易チェストハーネス

DSC_4871.jpgトラバースのシュミレーション

31949391_1142738615868467_4559099362273132544_n.jpgムンター下降

31948752_1142738639201798_8950574289946411008_n.jpgムンター確保

31947555_1142738119201850_2480044743845740544_n.jpg1/3引き上げシステム体験

31957778_1142737535868575_758137310578475008_n.jpgがんばる!

32073998_1142737742535221_4402958321603051520_n.jpg白鳳荘 食事も美味しいです!

31948190_1142737772535218_4521073190713163776_n.jpg31948864_1142737572535238_9180128991858655232_n.jpg31947617_1142737875868541_983343534197178368_n.jpgDSC_4857.jpg白鳳荘支配人 望月氏

今回は昨年の山梨岳連総合研修会の一部内容に、JPTECファーストレスポンダーと、1/3引き上げシステム引き揚げを加えたもので行いました。セルフレスキュー技術は、確実に覚えてから使用するようにしましょう!うろ覚えの技術で行うと事故の可能性があります。繰り返し練習してスムーズに行える様になりましょう!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

北岳、小太郎山

2017年9月4日(月)~5日(火)

参加者:上野(白鳳会)、洋三さん、利彦さん、欽ちゃん   

天候:
4日:曇り
5日:晴れ

コース:
4日:夜叉神の森⇒広河原⇒二俣⇒肩の小屋(テント泊)
5日:A班 肩の小屋⇒北岳⇒肩の小屋⇒小太郎山への分岐
   B班 肩の小屋⇒小太郎山⇒小太郎山への分岐地点でA班と合流
     草すべり⇒白根御池小屋⇒広河原⇒夜叉神の森

久しぶりに北岳と初の小太郎山に登った。
初日は曇りだったが上りには涼しくて助かりました。
2日目は朝から最高の眺望を満喫できて最高な山行でした。

お馴染みの風景いよいよ出発

北岳.出発 (640x480).jpg北岳.地図確認 (640x480).jpg

二俣で一服

北岳.二俣休憩 (640x429).jpg

肩の小屋到着 テント設営(700円/1人)

北岳.肩の小屋テント設営 (640x480).jpg
無事肩の小屋に到着しテント設営してから小屋の親父から水場の様子を聞くと、かなり細いが出ているとの事。ホッとする。

水場は往復30分(下り10分、上り20分)急いで水場に直行すると...なんてこっちゃ驚くほど細いではないか! 水汲みに5リットルで約20分かかった。合計で14リットル汲んだので約1時間。最初は水汲みをジャンケンで決めようなんて言っていたが4人全員で来て良かった。溜まった順に各自担ぎ上げた。

画像がその様子、でもこの【非常用給水バッグ】は優れものです。容量は最大5リットル、厚手で丈夫、ダブルチャックで安心、持ち手付き、価格100円、コスパ最高です。

北岳.肩の小屋水場 (640x361).jpg

やっと宴会開始

北岳.テン場宴会開始 (640x361).jpg北岳.テント宴会 (640x480).jpg

二日目は天気良好、眺望最高。

肩の小屋からのご来光

北岳.肩の小屋ご来光 (640x480).jpg

テン場から北岳

北岳.テン場から北岳 (640x361).jpg

テン場から甲斐駒

北岳.テン場から甲斐駒 (640x361).jpg

テン場から仙丈岳

北岳.テン場から仙丈岳 (640x361).jpg

テン場から鳳凰三山

北岳.テン場から鳳凰 (640x361).jpg

テン場から富士の山

北岳.テン場から富士山 (640x361).jpg

肩の小屋からは北岳組と小太郎山組に別れて出発。

北岳山頂

北岳.山頂 (640x480).jpg

小太郎山分岐点

小太郎山分岐地点 (640x480).jpg

小太郎山への道

北岳.小太郎山への道 (640x361).jpg

分岐点からコースタイムで行き帰り共に1時間30分。最低限の荷物を持ち小太郎山に向けて出発。最後の登りだと思ってたどり着いたところに看板があったので『やっと着いた』と思いながら、ふと看板を見ると【前】小太郎山と書いてあるではないか『地図にそんな山載ってね~ぞ!』と思いつつ再出発。

前小太郎山から鳳凰三山

北岳.前小太郎山から鳳凰 (640x361).jpg

分岐から約1時間で小太郎山山頂 帰りは50分

北岳.小太郎山山頂 (640x422).jpg

小太郎山から北岳

北岳.小太郎山から北岳 (640x361).jpg

小太郎山から甲斐駒

北岳.小太郎山から甲斐駒 (640x361).jpg

小太郎山から仙丈岳

北岳.小太郎山から仙丈岳 (640x361).jpg

小太郎山から鳳凰三山

北岳.小太郎山から鳳凰 (640x361).jpg

御池小屋ヘリ荷揚げ

北岳.御池小屋ヘリ荷揚げ2 (640x361).jpg天気が良いので御池小屋から広河原まで荷揚げヘリが何回もピストンしていました。御池小屋に到着する前に県警のはやてが降りていたので病人を運んでいたのかな。

樹林帯道の長い急坂を下りて無事に広河原に14時に到着しました。丁度14時発のバスに乗り込み夜叉神の森にて下車自家用車にて自宅へ。

天気の良い日に念願だった小太郎山に登る事ができてラッキーでした。

皆さん、お疲れ様でした。来年もどこかに行きましょう。

坊主上野

鳳凰三山レインジャー

2017.8.19(土)~20(日)

参加者:
安藤、宮川、芳賀、中澤、松野、保延(文責)

ルート:
【一日目】中道登山口(6:30)~御座石(10:50)~薬師岳(12:40)~観音岳(13:40)~地蔵岳(15:40)~鳳凰小屋(16:07)
【二日目】鳳凰小屋(7:20)~燕頭山(8:40)~御座石温泉登山口(11:05)


8月19日20日とレインジャーで鳳凰三山に行ってきました
20日は用事があって早めに下りなければならなかったので
19日に三山調べて20日は下りるだけ
というスケジュールになりました
雨に降られず、夜空も朝焼けも綺麗で
とても気持ちいい山行になりました(^ ^)


まず、御座石温泉登山口に着く前に安藤さんの車がパンク(つД`)エーン
鳳凰三山レインジャー1.jpg


中道登山口から登ります
鳳凰三山レインジャー4.JPG


鳳凰三山レインジャー5.JPG


これが御座石
鳳凰三山レインジャー6.JPG


一気に薬師岳に登ります。このあたりからメインの調査開始!
鳳凰三山レインジャー7.JPG


みんな真面目に調査しています( ^ω^ )
鳳凰三山レインジャー8.JPG


観音岳
鳳凰三山レインジャー9.JPG


やっぱこのお山は、気持ちいいな~(^^♪
鳳凰三山レインジャー11.JPG


地蔵岳、ちょっとガスってきちゃたけど
オベリスクの前で
鳳凰三山レインジャー12.JPG


一日目終了!さあ、宴会(^▽^)/
鳳凰三山レインジャー13.JPG


午前3時、だれかの目覚ましに起こされる(^^;
おかげで綺麗な星空を見ることができました
鳳凰三山レインジャー14.JPGボケーっと空を眺めていたら朝が来た
鳳凰三山レインジャー15.JPG


お世話になった鳳凰小屋を出発
あとは帰るだけ
鳳凰三山レインジャー16.JPG


燕頭山経由で御座石温泉登山口に下ります
下山道でもお山の花を楽しみながら
みんな無事に下山しました
鳳凰三山レインジャー17.JPG

2017駒仙探索レインジャー

2017.7.22~23(土日)

参加者:バン亀、鎌田、芳賀、宮川、片山、みみっく

22日曇り:12:30広河原~12:50野呂川出合 13:30小仙丈沢入口~15:00幕営地1950m

23日曇り時々小雨:7:15幕営地~12:00稜線(8合目少し上地点)~15:00北沢峠

20229288_1802590283114316_2549809658470001635_n.jpg

去年は甲斐駒だったので、今年は仙丈行きましょう。ってことで、小仙丈沢へレインジャー活動してきました。

小仙丈沢の雪渓が想像以上に多く、高巻きの連続。幕営地までほぼ高巻でした。

テント設営が終わった途端、雨が降り、20時頃雨が上がり、焚火。

野呂川の岩魚を焚火で美味しく戴き、焚火と言えば『焼き芋』ってことで、こちらも美味しかったです。

翌日が沢登り本番。お天気がスッキリしない。時々小雨で気温が上がらず。

ドピーカンのバカ暑い時にシャワークライミングしたかったなぁ。ちょっと残念だったけど、楽しかったです。

沢の詰め、漕ぎがなく、ザレ場の登攀で稜線へ。お疲れ様でした。

また行きましょう。

みみっく

20229016_1802583866448291_6970205729543725147_n.jpg

野呂川本流

20245603_1802585539781457_3250779127738189338_n.jpgおかず調理中

20264809_1803240893049255_2763552200456352063_n.jpgイワナマン参上!

20229017_1802587059781305_2307931324214071552_n.jpg快適テンバ

20292640_1802587069781304_4579610179887577966_n.jpg岩魚ラーメン

20258164_1802589029781108_3069051671178878428_n.jpg

20245703_1802588803114464_3933628505040711072_n.jpg

20293030_1802590286447649_4329637012568100245_n.jpg

20246127_1802587139781297_6637769751901050238_n.jpg源頭付近

20258420_1802589629781048_11204628244620252_n.jpg

小仙丈カールにはまだ雪渓が。

20245781_1444177685665230_3997444819457089299_n.jpg

最後のつめ

20228759_1802589799781031_4207902793852092626_n.jpg

20245416_1802590403114304_8179397884513520867_n.jpg稜線抜けて向こうには甲斐駒が。

2017北岳定型路レインジャー

2017.71~2(土、日)大雨、強風、晴れ
参加者:バン亀、芳賀、片山、杉山、中澤、みみっく

ルート1日:広河原~白根御池小屋

ルート2日:白根御池小屋~草すべり~小太郎分岐~肩の小屋 往路を戻る

19554537_1774239625949382_2033857474738629324_n.jpg

1日、朝から大雨。だんだん激しくなって来る。7:00広河原を仕方なく出発。土砂降りでカッパ、靴、浸水し、このまま稜線に出ると低体温になってしまう恐れあり。っていうことで、9:20白根御池小屋で本日の行程は終了。植松ルールを守り、12:00に宴会開始。長ーい宴会を終え、夕飯。快適小屋でおやすみなさい。

19702251_1774248275948517_8039023079052191308_n.jpg


翌朝は、一応張り切って4:00出発。草すべり、花は遅く、ショウジョウバカマとシナノキンバイぐらいしか咲いていない。今年は雪解けが遅い影響ですね。稜線に出ると、オヤマノエンドウ、チシマアマナ、ハクサンシャクナゲ、キバナシャクナゲ、イワウメと結構咲いているが、強風でお花も大変そう。7:00過ぎに肩の小屋到着。森本さんからココアを戴き、ここで撤退を決める。往路を戻り、御池小屋へ。ゴージャスなラーメンを食し下山。

また行きましょう。

19702419_1774240292615982_613389986445255082_n (1).jpg雪解け直後のショウジョウバカマ


19601373_1774239345949410_8030488373853799849_n.jpgシナノキンバイ


19657023_1774239485949396_7737426504944619019_n (1).jpg最終到達地点


19702412_1774239412616070_2095404291704066753_n (1).jpg小太郎分岐付近

DSCN0530.jpg雨と強風でよれよれのハクサンイチゲとオヤマノエンドウ

DSCN0537.jpgチシマアマナもよれよれ

DSCN0539.jpgハクサンシャクナゲはハイマツの下にあったのでちょっと元気。



みみっく

2017年新年 毎年恒例 アイスクライミング体験会in芦安

場所:芦安・上荒井沢(カモシカルンゼ)

2017.1.14(土)曇り時々雪

参加者:渡辺理事長、亀田、中川、安藤、宮川、鎌田、西川、片山、芳賀、保延(文責)

年に一度の白鳳会アイスクライミング体験会です

今回初経験者は新人の3名((o(*^^*)o))わくわくです

まずは車で行けるところまで行き

カモシカルンゼまで歩きます


軽く準備運動

カモシカ1


何度か川を渡ることになります

ここでびしょ濡れになったらアイスを楽しめません

慎重に渡ります

カモシカ2


みんなどんどん登っていきます

結局私はみんなよりだいぶ遅れて到着することになりました(;^_^A

カモシカ3


先輩が支点を構築トップロープ2本作ってくれました

感謝

カモシカ4


け、けっこうたかいな・・・ブルブル((((´д`))))ブルブル

カモシカ5


オカマダさんの雄姿!

かっこいい(´∀`*)ポッ

カモシカ6


バン亀さんはみんなが登れないところも登っちゃいます∑(゚Д゚; )

カモシカ7


雪の中であったかいお昼ご飯(´~`)モグモグ

カモシカ8


鍋焼きうどんならぬ鍋焼きそばを持ってきた方も(笑)

カモシカ9


はい!カマキリ拳法(*^_^*)

カモシカ10


最後にみんなで記念写真

カモシカ11とても楽しいアイスクライミング体験会でした

先輩方は、ほぼビレイヤーに徹してくれて新人が何度も登れるように気づかってくれました

ありがとうございました

2016韮崎市ふるさと山岳体験事業『鳳凰三山』

2016.8.7~8(日、月)晴れ

参加者:韮崎市中学生7名、市関係者4名、警察5名、白鳳会6名(小野、井口、上野、堀内、保延、中川)

7日ルート:

韮崎市役所5:00集合=6:25夜叉神の森~7:45夜叉神峠8:00~9:25杖立峠9:35~11:05苺平11:15~11:45南御室小屋12:30~13:30砂払岳~13:45薬師岳小屋

8日ルート:

6:35薬師岳小屋~6:50薬師岳山頂~7:20観音岳山頂~8:40地蔵岳山頂9:00~9:40鳳凰小屋10:20~14:10御座石鉱泉



「山岳都市韮崎市の子供達に南アルプスの素晴らしい山々を体験してもらいたい。」

昔から秋山会長が実現したいと願っていた事が韮崎市のふるさと体験事業として去年から実施され、今年も実現しました。
去年は鳳凰2山でしたが、今年は参加生徒が中学2年生だったこともあり、三山を縦走、下山も韮崎市のルート(燕頭山~御座石)を降りることが出来ました。薬師岳小屋前では中学生のコーラス、ダンス(?)の披露で大人はみんなカンドー。楽しい山行になりました。



panorama1.jpg

≪夜叉神峠≫

yashajintouge.jpg

≪南御室小屋≫

minamiomjro1.jpg≪可憐なお花≫

hana2.jpg
≪薬師岳小屋≫

yakusidakekoya.jpg

≪稜線漫歩≫

jyuusouro1.jpg      


      ryousenmanpo.jpg

≪会員≫

hakuhoukaiin.jpg
hana3.jpg≪下山後の冷えたスイカ!≫

suika.jpg

御座石鉱泉で、秋山会長夫妻が冷えたスイカを持ってのお出迎え! スイカ美味しゅうございました。ありがとうございます。

全員無事下山し、解散になりました。お疲れさまでした。また、行きましょう。

みみっく

Continue reading

2016駒仙レインジャー

2016.7.23~24(土日)曇りのち晴れ

メンバー:安藤、みみっく

ルート23日:竹宇駒神社~黒戸尾根~七丈小屋(泊)

24日:七丈小屋~甲斐駒ヶ岳山頂~直登ルート~六方石~駒津峰~双児山~北沢峠

DSCN0491.jpg

なかなか梅雨明けせず、天気予報も二転三転。晴れるの?雨なの? テント泊やめて、小屋の素泊まりに。

曇り空、いつもの黒戸尾根。まあまあな盛況?黙々と登ります。1300m登ってやっと七丈小屋。今日はここまで。明日のお天気どうかな?

DSCN0470.jpg

翌朝、雲海です。おお、晴れ?期待しながら山頂へ。なーんだ。いい天気。360度の大眺望。北沢峠からの登山客がまだ上がってこない山頂は、静かでした。直登ルートを下り、8合目辺りから、大混雑。一体どこまでが1グループなの?途切れずどんどん上がってきます。よけるのも大変。双子山ルートは静かで人ごみなく北沢峠へ。

DSCN0475.jpg

DSCN0482.jpg

DSCN0498.jpg

お疲れ様でした。今年のレインジャーも残すはあと一回、北岳です。

また行きましょう!

みみっく

2016鳳凰レインジャー 定型路1

2016.5.28~29(土日)晴れ

メンバー:丹澤、安藤、片山、みみっく、他1名

ルート:御座石鉱泉~燕頭山~鳳凰小屋~地蔵岳~観音岳~鳳凰小屋(泊)~燕頭山~御座石鉱泉



今年も地球温暖化の影響で、お花が一か月近く早い開花を迎えています。早く、行かなくっちゃ。って事で行ってまいりました。

毎度、鳳凰小屋の皆様にはお世話になります。どういうわけか、この日はGWを越える宿泊者!賑わっておりました。ビール、品切れは痛かった~!

賽の河原快晴!
jizo.jpg
快晴!観音岳

13316824_1779785555573721_4586031307082003353_o.jpg北岳の残雪も少ないです。

kitadake~.jpgもう咲いてるよ!

kibana.jpgこちらも早い!

ura.jpg

ビール無しでも楽しい宴会!

20160529_1533634.jpg

 

お世話になりました。koyamae.jpg

 あと4回、レインジャー活動頑張りましょう!

みみっく

 

Next archives

Home> 南アルプスアーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top