Home> 北アルプスアーカイブ

北アルプスの最近のブログ記事

西穂山荘のラーメンが食べたい

2017.3.5(日)晴れ
参加者:安藤、松野、保延(文責)
ルート:新穂高ロープウェイ西穂高口(9:30)→西穂山荘(11:00)→西穂丸山(11:30)→西穂山荘(12:30~13:15)ピストン下山(14:20)

今回の主目的はラーメンです(笑)
半分本音ですが
まぁ滑落停止の練習と雪山初心者のための雪山歩き体験会です


ロープウェイを乗り継いで西穂高口まで登ります
西穂丸山1.JPG


西穂高口
さっそく絶景(*^_^*)
西穂丸山2.JPG


準備をして、雪壁の登山道を歩きはじめます
西穂丸山3.JPG


道中も絶景!写真を撮りまくっております西穂丸山4.JPG西穂丸山5.JPG


まずは西穂山荘を通り過ぎて
西穂丸山まで行っておきましょう
独標は次回におあずけ!(笑)
西穂丸山6.JPG

お食事前に山荘近くの傾斜で滑落停止の練習をして
おなかを減らします
西穂丸山8.jpg


主目的のラーメン!
あったまります(´∀`*)ポッ
これが食べたくてここまで来ました
西穂丸山7.jpg


お腹がいっぱいになりました(*^_^*)
元気に下山
西穂丸山9.JPG


温泉に入ってあったまりました~(´∀`*)ポッ
いい湯です
西穂丸山11.JPG


西穂丸山12.jpg
天候にも恵まれ
とても楽しい雪山歩きでした(*^_^*)

常念岳(月例山行)

2016.9.11(日)曇り
参加者:(中川、芳賀、片山、保延)

ルート:一の沢登山口(6:05)→常念乗越(9:40)→常念岳山頂(11:10)(お昼休憩50分)

    →常念乗越(13:00)→一の沢登山口(16:00)


天候の悪化が予想されていた

これは中止か?

と思いきや

好転!ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

常念岳への月例登山が決行されました

一の沢登山口から登ります

常念岳1.JPG


(いくつもの丸太の橋を渡ります)

常念岳3.JPG


(あの向こうに行くのか~((o(*^^*)o))わくわく)

常念岳4.JPG


(乗越まできました~雲はあるけど北アルプスの山々は見えますよ~)

常念岳5.JPG


(あそこを越えなければならないのか~(;^_^A あとひと頑張り)

常念岳5.JPG


(やっと着きました山頂(*^▽^*))

常念岳6.JPG


(見えます見えます素晴らしい山々(*^_^*))

常念岳7.JPG


(少し曇ってはいましたが絶景を拝めました。最高!)

常念岳7.JPGお疲れ様でした

だれが雨を弾き飛ばした晴れ女?晴れ男?(笑)

最高に充実した月例山行でした

針ノ木大雪渓BC

2015年4月26日(日) 天候 快晴  メンバー:bankame,sano

4時に韮崎市役所を出る。

扇沢無料駐車場に6時過ぎに到着。

扇沢ターミナルから右岸に渡りシールを付けてスタート。6時30分

DSCF4276 - コピー.jpg大沢小屋7時30分

DSCF4278 - コピー.jpg爺ヶ岳をバックに登る

DSCF4285 - コピー.jpgデブリ。針ノ木峠直下に登山者多し。

DSCF4301 - コピー.jpg鹿島槍も見えてきた。

DSCF4305 - コピー.jpgマヤクボカールを登る。バックは蓮華岳。

DSCF4308 - コピー.jpg10時30分 稜線着。立山と黒部湖。

DSCF4333 - コピー.jpg稜線上に雪はなくアイゼンを外して登る。バックに剣岳。

DSCF4342 - コピー.jpg11時 針ノ木岳山頂着。

DSCF4348 - コピー.jpg穂高連峰と高瀬ダム。

10665883_762505037200961_6972169421135867608_n.jpg山頂直下からドロップ。バックは蓮華岳。

DSCF4385 - コピー.jpg大雪渓を豪快に滑る sano。

11159961_762505233867608_3079926471222113644_n.jpgbankame

DSCF4400.jpgザラメが気持ちいい。13時 駐車場に戻る。 帰りに葛温泉に寄って帰りました。

S0044323.jpgbankame

焼岳BC

2015年4月12日(日) 天候 晴れのち曇り  メンバー:bankeme,okamada,naomichi

焼岳バックカントリースキーに行きました。

京都のnaomichi君と6時に道の駅風穴の里で合流する。京都を23時にレンタカーで出て4時に道の駅到着。2時間の仮眠。


DSCF4039.jpg
釜トンネルの前に荷物と2人をデポして坂巻温泉に駐車。釜トンネルまで1,3キロを走って戻る。

DSCF4041.jpg

6時50分釜トンネルスタート。トンネルは明るいがけっこうな登りで1キロちょっとあり長い。

DSCF4044.jpg釜トンネルを抜けると焼岳が見える。

DSCF4047.jpgしばらく林道を歩くと穂高がドーン!

大正池の手前の橋を渡りスキーに履き替え左岸尾根に取り付く。8時。

出だしから急登で雪も硬いので登りずらい。

nomichi君もうバテ気味?

DSCF4057.jpg登り斜面もだんだんなだらかになり、展望を楽しみながら行く。

DSCF4064.jpg左岸尾根末端。森林限界。視界が一気に開ける。

DSCF4072.jpg乗鞍岳を望みながらレスト。

DSCF4077.jpgボウルの中。中の湯から登ってきた登山者と合流する。

DSCF4084.jpg

最後の斜面を詰める。 

南峰を下降してる2人組?あの風貌・・・見たことある??

コルで降りてくるのを待ち構えているとやっぱり!YACの親分さんでした!

DSCF4095.jpgコルでアイゼンに履き替え北峰へ登ります。上高地を見下ろします。

DSCF4102.jpg12時15分 焼岳山頂。

DSCF4098.jpg笠ヶ岳

DSCF4099.jpg双六方面、遠くに水晶岳、野口五郎岳が見えました。

DSCF4100.jpg穂高岳

DSCF4101.jpgYACパーティー

DSCF4155.jpg13時コルからドロップ

DSCF4159.jpgokamada

3.jpgbankame

DSCF4164.jpg

naomichi

DSCF4178.jpg登りはバテバテ滑りはキレキレnaomichi君

DSCF4184.jpg

14時15分大正池着

DSCF4186.jpg

林道をてくてく歩いて坂巻温泉15時40分着

S0014116.jpgまた行きましょう!

動画です https://youtu.be/R03UgWioohI

bankame

白馬乗鞍岳BC

2015年3月28日(土) 天候 快晴   メンバー:bankame,shiba,sano

バックカントリーデビューの二人と白馬乗鞍岳に行きました。

DSCF3888.jpg

ゴンドラとロープウェイを乗り継いで駅からハイクアップ。(料金値上がりしてました)

景色を見ながら高度を稼ぎます。

S0023912.jpg景色良すぎてテンション上がります!

DSCF3945.jpg天狗原から急斜面を登ります。

S0043969.jpg白馬乗鞍岳山頂。

DSCF3978.jpg白馬大池方面に行ってみます。

DSCF3983.jpg雪倉岳。よさそうな斜面です。

DSCF3987.jpgコーヒーブレイク。

DSCF3992.jpg滑ります。重雪でいまいち。

DSCF4009.jpg後立山連峰。絶景です。

DSCF4021.jpg下部はザラメで気持ちよく滑れました。

DSCF4032.jpg栂池自然園。

最高でした!

bankame

穂高 2011

佐久間の誘いで急遽穂高に行く事となった。
18日(日)18:30韮崎着厳守の絶対に遅刻できない重要Mtg有り。
条件有りの山行となった。


2011年9月17,18日(土日) 天候 雨後快晴
メンバー;上久保・佐久間・直道(あや探)関・植松(白鳳会)


朝一で上高地に入る。天候悪いが物凄い人である。

 

雨の上高地

110917-hotaka-01.JPG 

岳沢入るころは本格的な雨、予定は前穂を超え吊尾根から奥穂、穂高山荘にテント予定。
雨ではねー・・・岳沢にテント張って宴会となる。植松お別れ会。
 
翌日、2時起床。予定は前穂⇒奥穂⇒ジャンダルム⇒天狗沢⇒岳沢
5時半、前穂着。どんどん晴れていく。最高!の連発。

 

夜明けの明神様

110917-hotaka-02.JPG 

奥穂様の夜明け

110917-hotaka-03.JPG 

山頂

110917-hotaka-04.JPG 

富士様・南ア様

110917-hotaka-05.JPG 

御岳様・乗鞍様

110917-hotaka-06.JPG 

奥穂様

110917-hotaka-07.JPG 

眼下の涸沢

110917-hotaka-08.JPG 

槍様

110917-hotaka-09.JPG 

奥又白池

110917-hotaka-10.JPG 

常念様

110917-hotaka-11.JPG 

霞沢様・乗鞍様・焼岳様

110917-hotaka-12.JPG 

 
冒頭に書いた様、本日は時間で植松は戻らなければならない。
12時には岳沢を出る予定。なので関・植松は前穂で下山、直道は奥穂ピストン。
佐久間・上久保は予定通り継続で12時遅れればバス、電車で帰京。
うちらは賭けには出れない。しかし時間があるので昼寝する。


 
木漏れ日で昼寝

110917-hotaka-13.JPG 
10時半、岳沢着。濡れた物を乾かす。
と、直道登場、以外に早い、もしかしてジャンダルム経由も意外に早いのでは。
11時半、佐久間・上久保登場!
上高地手前の湧き水でラーメン作って、檄混みの上高地へ。
河童橋からの穂高が物凄くまぶしい!
もう当分、ここには来れないと思うと・・・こみ上げて来てしまった。


 
上高地

110917-hotaka-14.JPG 

上高地よさらば!

110917-hotaka-15.JPG 
お疲れ様でしたーまた行きましょう!

 
植松一好

あや探・薬師岳に行く

バン亀が折立より薬師岳をセレクト。
植松もこのツアーは最後となるだろうね。
 
2011年8月27,28日(土日) 天候 晴れ
メンバー;まっこ・ミラバケッソ(あや探)関・松崎・おかまだ・バン亀・植松(白鳳会)
 
折立についた。声かけられた。なんと、高根山岳会の川島さんだ。有名な赤木沢に行くという。
相変わらず元気である。
1,800mの三角点につけばもう森林限界である。高原状をのんびりいく。
昼過ぎには太郎平についた生ビール¥1,000に二人飛びつく。

 

薬師をバックに

110827-n-yakushi-aya-01.JPG 

池唐帯

110827-n-yakushi-aya-02.JPG 
15時、テン場に着く。16時には乾杯!
会でダンロップを新調した。初卸である。

 

新調したV4

110827-n-yakushi-aya-03.JPG 
4時起床、適当に出る。

 

黒部五郎様・北の又岳様

110827-n-yakushi-aya-04.JPG 

槍穂様

110827-n-yakushi-aya-05.JPG 

明るい日差しの稜線を行けば、今度はなんと、アルパインの飲み子様ご夫婦と会う。
久々なので会話が弾む。
そして7:20分2,926m薬師岳山頂着。

 

全員集合

110827-n-yakushi-aya-06.JPG 

縦走路

110827-n-yakushi-aya-07.JPG 

チンクルマ

110827-n-yakushi-aya-08.JPG 
この山もチンクルマだらけであるが、そのほとんど綿毛になっている。
唯一、ここだけに咲いていた。
テント、撤収して下山。

 

太郎平

110827-n-yakushi-aya-09.JPG 

お疲れ様でしたー
また行きましょう。。。

 
植松一好

黒部五郎岳 2,860m

百名山にこだわりがあるわけではないが、しばらくこちらの山に登れないと思うとここへ行くしかない。
日本アルプス、気が付けばこの黒部五郎岳をやり残しているのだ。
単独でも行こうと、松崎が同行してくれた。


2011年8月11-13日(木―土) 天候 曇り後快晴
メンバー;松崎・植松(白鳳会)

 
新穂高の無料駐車場は既に満車、車で5分戻った所、歩けば30分追加です。
今日は、双六キャンプ指定地まで、のんびり行く。鏡平では槍見えず。
15時到着、物凄い登山者の数である。
 
朝3時起床、満点の星空3時半出っ発。
双六岳―三俣蓮華間で夜明けを迎えた。

 

双六から槍様と北鎌様の夜明け

110811-goro-01.JPG 

槍様&穂高様

110811-goro-02.JPG 

8月12日夜明け

110811-goro-03.JPG 
と、三俣蓮華岳の登りで巨大な物体が物凄いスピードで目の前を横切って行く。
熊である。2mは軽くある。ハイ松の上をわき目も振らず突っ走っているのだ。
昨日、抜戸の稜線登山道の真ん中に巨大な糞があった。こいつの仕業だ。
こんなに登山者が多いのだからおそらく嫌がらせなのだ。
 
左に目を移せば、目的の黒部五郎岳ははるかに遠い。


 
遠い黒部五郎様

110811-goro-04.JPG 

黒部五郎様2

110811-goro-05.JPG 

黒部五郎様3

110811-goro-06.JPG 
標高2,300m黒部五郎小屋に着いた。
笠ヶ岳がまぶしい。

 

笠様

110811-goro-07.JPG 
9時40分2,860m黒部五郎岳到着。百名山51座目。
しかし、今回、山ガールの数が物凄いのである。
ここ山頂も単独の女の子が3人それぞれ別で休んでいるのだ。


黒部五郎山頂からの槍穂様
110811-goro-15.jpg


黒部五郎カールより山頂方面
110811-goro-14.jpg


下山は黒部カールを歩くコースを行く。
カールには大小のボルダーが草原状に無数に転がっており、
ゴ―ロ、名前の由来だそうだ。
 
再度、三俣蓮華に登り返す、トラバース道の分岐にて松崎と別れる。
松崎は鷲羽岳を往復予定。まあ、夕方6時ころにテン場に戻れるでしょう。
 


松崎が単独で向かった鷲羽様

110811-goro-08.JPG 

松崎は暗くなる寸前にテントに帰還。
 
翌日は下山のみ、のんびり景色を堪能していく。


 
双六のコルと鷲羽様&水晶様

110811-goro-09.JPG
車百合槍様
110811-goro-10.JPG 

穂高様ズーム

110811-goro-11.JPG 

鏡平と穂高様

110811-goro-12.JPG 

日光キスゲ槍様

110811-goro-13.JPG 
稜線降りれば槍は雲の中、鏡平の逆さ槍は見れなかった。
松崎、残念!
 
それにしても黒部五郎岳はよい山です。
 
お疲れ様でしたー
また行きましょう。。。


 

植松一好

月例山行:十石山 2525m

2010.9.18(土) 天気:晴れ
メンバー:井口、植松パパ、中込、上野、井上、保坂、みみっく 
コースレコード:24700歩 標高差1100m
     林道脇駐車場8:00~山頂11:40 山頂12:40~林道脇駐車場15:20

5:00韮崎市役所集合。6名が集合し、2台に分乗。一路、白骨温泉を目指す。中
込さんは八王子から参加の為、白骨温泉現地集合。
沢渡の西、湯川渡からの県道300が土砂崩れのため通行止め。乗鞍経由になり
約20km遠回り。白骨温泉公共駐車場に駐車したが、蕎麦屋の店主が登山口に駐車
場があるのでそちらへ移動して欲しい。って事で移動。中部電力無線局の隣に車
4~5台駐車できるスペースあり。登山もそこから開始。入り口がちょっと分かり
辛いが、道路が右カーブしている手前に駐車スペース。カーブの頂点から入山っ
ていう感じ。
全体的に笹、笹、笹、笹・・・っていう感じの登山道。低い笹もあれば、背丈ほど
伸びた笹もあり痒い。ダニに気をつけよう! 中腹より上部が粘土質なのか?水
はけが悪いので水溜り各所。滑りやすい。2400mぐらいまで登り詰めるとようや
く笹とお別れ、ハイマツ、オヤマリンドウが現れ始めアルペン的雰囲気に包まれ
る。十石峠非難小屋が見え山頂に。ハイマツの中に隠れるように三角点。山頂付
近では、曇ってしまい槍、穂高、剣が峰を拝むことは出来なかった。
十石峠非難小屋で昼食。ヤマネが2匹現れた!当然、写真に撮る事が出来ず、せ
めてムービー!と、思ったがそれも間に合わず・・・ 井口さんの旧友の写真が小
屋の中にあり突然の再会に驚いた。名残惜しいが、小屋を後にし、下山。一度は
転ぶだろうな。っていう滑りやすい道を下り、15:20下山。
草津バップの入浴剤を入れて一躍有名になった、白骨温泉公共野天風呂(500円)
で汗を流し帰路に着いた。

お疲れ様でした~!
来月は伊豆諸島めぐりですよ~!また、行きましょう!!

   ∧∧
 =‥=
    ι  ι   ヽ  ∫ "

        ι   ι   みみっく


オヤマリンドウ

1009geture1.jpg



アオノツガザクラ

1009geture2.jpg

十石山山頂手前

1009geture3.jpg



集合 

1009geture4.jpg

滑りシーズン開幕in栂池

今年も滑りまくるシーズンがやってきた!
新たにバン亀・松崎加わり、最高な開幕だー!

'10年4月11日(土) 天候;無風快晴

メンバー;はっしー(アルパイン)バン亀・松崎・植松(白鳳会)

7時半栂池着、駐車場は沢山のバックカントリー屋がおる。
8時ゴンドラスタート。

滑りのシーズンがやってきた・in栂池
1004ski1_1.JPG

快晴!
1004ski1_2.JPG

バン亀
1004ski1_3.JPG

松崎・植松
1004ski1_4.jpg

白馬乗鞍滑降バーン
1004ski1_5.JPG

白馬乗鞍山頂
1004ski1_6.jpg

地球は丸かった
1004ski1_7.JPG

地球は丸かった2・頚城山塊方面
1004ski1_8.JPG

バン亀2
1004ski1_9.JPG

ザッキ―松!
1004ski1_10.JPG

はっしー1
1004ski1_11.JPG

バン亀3
1004ski1_12.JPG

はっしー2
1004ski1_13.JPG

白馬主稜が恐竜の背の様だ
1004ski1_14.JPG


駐車場までバッチリ滑れます。


八方温泉
1004ski1_15.JPG


八方温泉からは不帰稜線が見える、この露天はいい温泉である。

お疲れさまでしたー、今週はどこに行こうか。

植松一好

Next archives

Home> 北アルプスアーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top