Home> アイスアーカイブ

アイスの最近のブログ記事

荒川出合3ルンゼ  夢のブライダルベール

2017年2月19日(日)  天候 晴   メンバー:bankame,ide

アイスクライミングを始めた頃、いつかはブライダルベールを登ってみたいと思っていました。

念願かない完登することが出来ました。

開運トンネル4:20スタート

荒川出合6:00着

初めて行くのにトポを忘れてしまい、3ルンゼと思って入った沢が違い、彷徨うこと3時間以上...。結局戻って2ルンゼだと思って通り過ぎたところが3ルンゼでした。。。

DSCF3641.jpg10:00取り付き着

DSCF3656.jpg

クライミングスタート10:20

1p目ideリード

DSCF3659.jpgDSCF3666.jpg

1487508121730.jpgフォローbankame

1487508153522.jpg2p目bankameリード

DSCF3682.jpg2p目フォローide

DSCF3695.jpg3p目ideリード

DSCF3711.jpg登攀終了14:00

DSCF3726.jpg右の滑滝から下降しました。

ブライダル取り付き着15:30

荒川出合16:40

開運トンネル着18:20

S0073751 (2).jpg

ブライダルベール、素晴らしかったです!

bankame

とある大滝

2017年2月4日(土)  天候 快晴   メンバー:bankame,okamada,ide,sano


二年前に見つけた大滝。

今回は数日前の雨の影響で氷瀑の中央が崩落して水流が凄く、2回目のクライミング終了後にも大きな崩落がありました。

DSCF3554 (2).jpgDSCF3422 - コピー (2).jpgDSCF3429 - コピー (2).jpg2パーティーに分かれて登ります。1p目ideリード

DSCF3439 - コピー (2).jpgDSCF3471 (2).jpgフォローokamada

1486350118954 - コピー (2).jpgDSCF3472 (2).jpgsanoリード

DSCF3489 (2).jpgDSCF3498 (2).jpg2p目ideリード

DSCF3508 (2).jpg2p目sanoリード

DSCF3524 (2).jpg2回目 ide,okamadaリード

DSCF3534 (2).jpgideが1p目の終了と同時に中央の氷が崩落!水流がちょうど登攀ラインに流れ込み、フォローのsanoはびしょ濡れになりながらシャワークライミングを楽しみました。

1486208195896 - コピー (2).jpg今回も登りごたえありました。

bankame

三つ峠 金ヶ窪沢アイスクライミング

2017年2月4日 天候 晴れ メンバー 宮川 芳賀 川崎 安藤


三つ峠 金ヶ窪沢にアイスクライミングに行ってきた。

DSC00320-1.jpg

DSC00322.JPG我々の他 3パーティー10人の大混雑。

DSC00336.JPGノミック宮川

DSC00347.JPG

上にいる 外人4人パーティーは 頂上を目指す。

DSC00351.JPG

DSC00368.JPG

DSC00395.JPG

知人に会い バイルを貸したお礼に トップロープを借りる。

DSC00407.JPG

DSC00413.JPG

初アイス川崎 敢えてムズい所を行く!

DSC00402.JPG鍋焼きうどん

芦川 蛇沢 千波の滝

2017年1月28日(土)  天候 快晴   メンバー:bankame,okamada,sano


会員の安藤さんから、毎週千波の滝の情報をいただいていて、気温も低い日々が続き、氷結状況も良さそうだったので13年ぶりに登りに行きました。

7時に千波の滝の看板のある路肩に車を止めてスタート。

昔の記憶を頼りにふみ跡を探すが蛇沢の左岸の高巻トラーバースがかなり悪く、昔難なく歩けたアプローチで苦戦しました。

DSCF3371 (2).jpg

途中から悪い高巻をやめて、なんとか氷結している蛇沢を詰め上がり千波の取り付きに着きました。

DSCF3373 (2).jpg

自分達が沢でロープを出して登ってる間に、高巻を登って越して行った静岡のパーティーが、取り付きに到着して準備をしていました。

既に装備を付けて登りたいモード全開の自分達を見てか?先に登っていいですよと言ってくださったので、ありがたく先行させていただきました。

8時登攀スタート。

1485585252796 (2).jpg1p目、クラゲ氷のトラーバースをこなしながらシャワーをもろに浴びてびしょ濡れになる。

氷も柔らかい。

30m登ってテラス状のところでピッチを切る

DSCF3381 (2).jpg1p目フォローsano

1485585289307 (2).jpg2p目、途中から氷も硬くなり快適に登る。ここも30m登りテラスでピッチをきる。

DSCF3385 (2).jpg2p目フォローokamada

1485585334248 (2).jpg3p目、氷柱の直上を試みるがシャンデリアでもろそうなので右側から登る。

途中からシャワーになっている部分を避け中央寄りに登る。

上部の氷は硬く、岩が露出している部分もあったが、60mいっぱいロープを伸ばし滝を抜けた

DSCF3392 (2).jpg

3p目抜け口 

1485585411478 (2).jpg10時40分、登攀終了。

DSCF3400 (2).jpg沢を少し詰め、右の斜面を登り、登山道を下り、途中から右の尾根に入りひたすら下り、蛇沢の出合いに11時45分着。

12時、車に戻りました。FB_IMG_1485692829470 (2).jpg

今回もスケールがあり楽しみました。

bankame

大武川 一の沢大滝

2017年1月22日(日)  天候 曇り、雪、曇り   メンバー:bankame,ide,sano 


前々日の雪予報も外れたので日帰り速攻で行きました。

篠沢橋に一台あり。土曜に入ったと思われる先行者。

5時40分スタート。

堰堤の石畳みをゴミ袋を履いて徒渉する。

離山の北陵に6時20分取り付く。出だしが急登でいやらしかった。しばらくして緩い尾根に乗り先行者のトレースと合流。

8時、1393mのピーク。一の沢大滝が見える。

DSCF3305 (2).jpg下降途中から望む大滝

左の尾根を下降する。途中からルンゼをガンガン下る。15分で一の沢に降り立った。

装備をつけて遡行開始。雪はひざ。トレースをありがたく使わせてもらい9時20分に大滝の取り付きに到着。

DSCF3193 (2).jpg先行パーティー(ぶなの会)が取り付いている。

1485142245452 (2).jpg9時40分大滝クライミングスタート。

先行パーティーが右側を登っていたので左側を登ります。

ビレイ点でトレースの御礼をしました。

DSCF3200 (2).jpg1p目フォロー

1485142322458 (2).jpg2p目 左の傾斜の緩いところを行くが、氷の上に載った雪が融けて凍ったクラゲ氷がボロボロでいやらしい。

1485170746606 (2).jpgボロボロクラゲを避けて硬いバーチカルクラゲを登る。

DSCF3213 (2).jpg2p目終了点から

DSCF3225 (2).jpg2p目フォローide

DSCF3240 (2).jpg

DSCF3248 (2).jpg2p目フォローsano

DSCF3251 (2).jpg3pで大滝終了。12時40分。

DSCF3254 (2).jpg中滝60m。登りたいが明るいうちに下山したいので今回は登らず。

DSCF3260 (2).jpg左岸壁を懸垂下降。細かく4回。

14時30分取り付きに戻る。

カップラーメンを食べて15時15分下山開始。

16時登り返し地点。

1393m、16時30分

大武川、17時15分

車、17時55分着

S0053298 (2).jpg

170mとスケールがあり、見た目も素晴らしく、ライン取りも面白く、いいクライミングが出来ました。

bankame

2017年新年 毎年恒例 アイスクライミング体験会in芦安

場所:芦安・上荒井沢(カモシカルンゼ)

2017.1.14(土)曇り時々雪

参加者:渡辺理事長、亀田、中川、安藤、宮川、鎌田、西川、片山、芳賀、保延(文責)

年に一度の白鳳会アイスクライミング体験会です

今回初経験者は新人の3名((o(*^^*)o))わくわくです

まずは車で行けるところまで行き

カモシカルンゼまで歩きます


軽く準備運動

カモシカ1


何度か川を渡ることになります

ここでびしょ濡れになったらアイスを楽しめません

慎重に渡ります

カモシカ2


みんなどんどん登っていきます

結局私はみんなよりだいぶ遅れて到着することになりました(;^_^A

カモシカ3


先輩が支点を構築トップロープ2本作ってくれました

感謝

カモシカ4


け、けっこうたかいな・・・ブルブル((((´д`))))ブルブル

カモシカ5


オカマダさんの雄姿!

かっこいい(´∀`*)ポッ

カモシカ6


バン亀さんはみんなが登れないところも登っちゃいます∑(゚Д゚; )

カモシカ7


雪の中であったかいお昼ご飯(´~`)モグモグ

カモシカ8


鍋焼きうどんならぬ鍋焼きそばを持ってきた方も(笑)

カモシカ9


はい!カマキリ拳法(*^_^*)

カモシカ10


最後にみんなで記念写真

カモシカ11とても楽しいアイスクライミング体験会でした

先輩方は、ほぼビレイヤーに徹してくれて新人が何度も登れるように気づかってくれました

ありがとうございました

神宮川 本谷 「蒼竜の滝」

2017年1月7日(土)  天候 晴れ    メンバー:bankame,sano 


2年前に本谷を遡行して時間切れで登れなかった氷瀑を登ってきました。

今回は日向山から大岩山へ繋がる尾根を登り、途中から本谷へ下降しました。

5:00 日向山登山口スタート。

6:00 日向山山頂。

8:00 2100m下降地点。

9:00 本谷着

左岸の尾根を一つ越えた支流に30mの氷瀑。

DSCF2916.jpg

sanoリード。

DSCF2919 (2).jpg30mの氷瀑を超えると蒼竜の滝が現れる!

1483791284418.jpg10:20蒼竜クライミングスタート bankameリード

1483791332800.jpg下部スカートは30m。快適クライミング。

1483791357969.jpg中間テラスでレストして上部バーチカルへ。上部のつららが融けてシャワーを浴びる。

DSCF2925 (2).jpgクライミング中、バーチカル部分から下部を撮影。

1483791420026.jpg上部は日が当たり表面の氷はグサグサ。

DSCF2932.jpgフォローsano

DSCF2951 (2).jpgクライミングを終え懸垂下降。

DSCF2955.jpgロープスケール50mV

登攀時間リード&フォローで1時間20分

1483791496763.jpgアプローチ途中から望む蒼竜上部。

DSCF2986 (2).jpg日向山山頂から望む蒼竜の滝

DSCF2961 (2).jpg素晴らしいクライミングができました!

bankame

甲斐駒ヶ岳 黄連谷 左俣

2015年12月29,30日 天候 晴れ  メンバー:bankame,sano

 

今年の暮れは雪が少ないので快適なアイスワールドを堪能できました。

12月29日 9時に駒ヶ岳神社スタート。寒い黒戸尾根をのんびり歩いて13時30分五合目小屋跡地着。テントを張って宴会。8時就寝。

 

12月30日 3時起床。5時出発。

五合目からの下りは何回も下っているが、右よりに下ってしまい千丈の滝の下に降りてしまった。

DSCF7966.jpg坊主の滝

滝に着くころ明るくなる。

60mロープ、ギリギリ1ピッチで登る。

DSCF7980.jpg左俣に入り楽しいアイス遡行

DSCF7983.jpgチョックストーン滝

DSCF7986.jpg

DSCF7988.jpg

DSCF7994.jpg大滝

ど真ん中を登りました。

2ピッチ

DSCF8004.jpg最後の滝

最高の滝

DSCF8023.jpg滝終了後、1時間ほど沢を詰め、左のハイマツ帯を登り、八合目下の登山道に抜けました。13時。

DSCF8028.jpg素晴らしい谷でした!

bankame                                                                                    

八ヶ岳 大同心大滝

2015年3月15日(日) 天候 晴れのち曇りのち晴れ  メンバー:bankame,ide

大同心大滝、初めて登りました。

6時40分美濃戸口スタート。

DSCF3757.jpgのんびり歩いて9時30分大滝着。

順番待ちだと思っていましたが、クライマーいませんでした!

今日は天気が良いので大滝を登った後、沢を詰めて稜線に行くことにしました。

DSCF3765.jpgまずは空荷で大滝のど真ん中を登ります。

DSCF3772.jpg氷は硬く、叩けば割れる。

厳しいクライミングになりましたが登ることができました。

フォローを迎え、いったん懸垂下降し、今度はトップロープ状態で荷を背負って左側を登りました。

ビレイ点からの眺めがよかったです。

DSCF3785.jpg

大滝を登り終え、大同心沢を詰め上がります。

DSCF3792.jpg大同心稜に上がります。

大同心と小同心、迫力があります。

DSCF3801.jpg小同心クラックか南陵を登ろうか悩みましたが、時間的に厳しそうなので南陵横の短い岩壁を1ピッチ登りました。

DSCF3805.jpg短いですが、なかなか面白かったです。

DSCF3838.jpg15時、稜線に出ました。

 

DSCF3846.jpg横岳に登頂して地蔵尾根を下りました。

S0013835.jpg

美濃戸口の駐車場に19時着。

久しぶりの高山、天気が良く楽しめました。

bankame

八ヶ岳 南沢大滝

2015年3月1日(日) 天候 雪  メンバー:bankame ,sano

 


南岸低気圧通過の為、当初計画していた場所を変更して標高が高くアプローチの近い南沢大滝に行きました。10年ぶり。

DSCF3625.jpg


美濃戸口を4時50分に歩き出す。6時30分南沢大滝着。

一番乗りで大滝のど真ん中を登る。

フォーローをビレイしていると、同時に別のラインからヒロケンさんが登ってきました!

講習会のようで、少し話をさせてもらいました。「植松さん今、仙台でスキー三昧です」。 びっくりしてました。

大滝は幅が広いのでラインを変えてリード&フォローで5本登りました。

腕がパンパンになるまで登り、雪も本降りになってきたので13時30分まで登って下山しました。

DSCF3647.jpgsanoリード

          南沢.jpg


計 150m登りました。

bankame

Next archives

Home> アイスアーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top