Home> 電車でシリーズアーカイブ

電車でシリーズの最近のブログ記事

電車でシリーズ:鳳凰三山

今回の目標
鳳凰三山制覇。なるべく舗装路(林道)は通らない。

日時:2013年8月2日(金)-3日(土)
天候:晴れ→小雨→曇り→晴れ
メンバー:上久保(あや隊)。森田(白鳳会)。

コース
穴山駅~荒倉山~青木鉱泉~地蔵岳オベリスク~観音岳~薬師岳~
お中道~青木鉱泉~無名の山~入戸野~穴山駅

鳳凰三山_コース
20130802-houou-01.jpg


久しぶりの電車でシリーズです。
金曜の終電で穴山駅に到着。準備してAM1:00出発。
途中コンビにで補給し、荒倉山へ。登山道入り口にヒル注意の看板あり。
まぁまぁ整備されている登山道だが、忠告通りヒルがまとわり付く・・。
三平峠までは順調だが、そこから先の道が無い・・。
漆黒のルーファイ。何とか林道に到着。300mを30分。
結局、青木鉱泉まで3時間かかってしまった。時間的には、15kmの林道を走った方が早かった。

毎回そうだが、登山道に着いた時には疲れ果てている。青木鉱泉で水を補給し、4:00出発。
途中、滝を見学しながら日の出を見て、鳳凰小屋に7:30到着。
小屋の主人に聞いたところ、やっぱり、荒倉山を通ってくる人は、ほとんどいないとの事。
ましてや、帰りの入戸野へ抜ける登山道も厳しいんじゃないかなぁ~って・・
水を頂き先を急ぐ。

地蔵岳に8:00着。さすがに、ココまで来ると賑わっている。
上久保氏のみ、オベリスクの頂に立ってから観音岳で合流し薬師岳へ。
ここから、お中道を通って、青木鉱泉先の入戸野へ抜ける登山道へ。


ウエクボ
20130802-houou-02.jpg


今度は、登山道入り口が見つからない。またしてもルーファイ・・。
あたりをつけて藪の中へ、13:30入山。
藪コギではないが、間伐だらけで歩きづらい。所々踏み跡、ピンクテープ、木のペイントがあるが、あちこちにある。
地形図を見ながら進むがカナリ怪しい・・。しょうがないので、GPSで確認。
結局、この地図の点線に道はありません。所々ある踏み後、マーカーもあてになりません。
たどるとドコに連れて行かれるか・・。
4.5kmを4時間・・。当然、15kmの林道を歩いた方がよっぽど早い。
最後は、防砂ダム脇をすり抜けて、害獣用電流金網をかわして何とか一般道に。
ヒルやひっつき虫を払いのけて、七里が岩の九十九折を登って穴山駅に17:20到着。
今回の核心は入戸野コースでした・・。


鳳凰三山鳥瞰
20130802-houou-03.jpg


鳳凰三山_高低
20130802-houou-04.jpg


注:
・この入戸野コースは、一般の方にはお勧めしません。藪コギマニアには良いかも。
入戸野コースなら、多少林道歩きは長くなるが、平川峠の藪コギをお薦めします。
昼間ならなんとかなるかも。多分、、
・添付の地図は、登りは尾根道ですが、実際はドンドコ沢です。

ps。穴山駅東側にキレイな公園があり、東屋、水道もあります。ありがたいですネ。


モリタ

鳴子温泉・胡桃ヶ岳

雨、じっとしていられない。
 
2013年6月15日(土) 天候 雨 植松単独
 
東北本線、小午田駅で陸羽東線に乗換える。
久々のディーゼルエンジンの列車だ。なんかエンジン音が漁船のようだ。
鳴子温泉駅で降りる。以前立ち寄った滝の湯が本当の目的。
の前に、雨ですが胡桃ヶ岳を往復する。


胡桃ヶ岳
20130615-Naruko-01.JPG


登山道も結構ジャングル状態でビショビショだ。
さて、温泉だ!滝の湯だ!


滝の湯
20130615-Naruko-02.JPG


ぬるい打たせ湯
20130615-Naruko-03.JPG


熱い打たせ湯
20130615-Naruko-04.JPG


料金150円、くせになりそうだ。
15:30のローカル線、陸羽東線で帰仙した。


植松一好

積雪期の面白山

2013年4月13日(土) 天候 晴れ 植松単独

以前より積雪期の面白山に行きたいと感じていた。
始発の仙山線に乗り面白高原駅で下車、無人駅のプラットホームは凍結しているのだ。
あやうく転倒しそうになった。
当然ですが、だれもいません。

週末の寒波にて新雪である。高度を稼いでいくと新雪は15cmほど。
新雪の下は自然圧雪されていてアイゼン・ピッケル・スノーシューを持ってきたが必要は感じなかった。
10:40分山頂着。最高な景色が広がっていた。


面白山頂と船形連峰
20130414-Omo46-01.JPG


村山盆地と月山方面
20130414-Omo46-02.JPG


手前中面白山、奥は大東岳
20130414-Omo46-03.JPG


と、幻聴がする・・・女の子の声、空耳だ。気にしない・・・
風に流れて、今度はハッキリと・・・
人だ。登山者が上がって来るのだ。
なんと!高校のワンダーフォーゲル部、引率の先生が「トレースありがとうございました!」
引率先生2名、生徒男女合わせて10名ほど。仙台三桜高校だそうで。
山頂は一挙に賑やかになった。

下山は天童方面へ、ここも当然トレース無し。
三沢山より面白山を振返る。


三沢山から面白山
20130414-Omo46-04.JPG


14時の電車で帰仙しました。

東北は残雪期が長いのでこれから楽しみですね。


植松一好

面白山高原スキー場

前日、16日に霊山登山中にパウダーキングさんからメールが入った。
明日も面白山高原スキー場に出撃予定と。
雪の面白山を見てみたい。衝動に・・・

2013年3月17日(日) 天候 快晴

洗濯し、地下鉄⇒9時44分の仙山線に乗った。
作並駅でパウダーキングこと石田さんと合流。
面白山トンネルを抜けると、そこはまだ雪国であった。天気は快晴ですよ。
だれもいない。石田さんはスノーシュ、背中にボード担いで登っていく。
植松はとりあえず面白山が見えるところまで行ってみる。
雪は、だいぶ自然圧雪されており、これではフリートレックでも大丈夫ですね。


雪の面白山
20130317-Omo46-01.JPG


標高は1,200m位しかないのに結構アルパインですね。
アイゼンピッケルで行けるぞっと!


面白山高原スキー場を行く石田さん
20130317-Omo46-02.JPG


石田さんの滑りが見たかったのですが、本日、こちら仙台、めったに無い快晴で布団から何から干して来てきました。
ラーメン作って12時02分の仙山線で帰仙し帰りました。
4月以降の山登りも残雪期、みちのく山旅、一歩一歩前進していきます。
 
東北さいこー
みちのくさいこー


植松一好

仙台太白区・太白山

仙台へ来て気になっていた山である。
標高は320mと低いですが、仙台と言う都市部では独立峰で目立つ存在である。
 
2013年3月3日(日) 天候 晴れ 植松単独

昨日はJ開幕。仙台VS甲府。アウェイでドローの試合。
勝点1を取り、スタジアムは盛り上がった(山梨組)ベガルタ側はチンですよね。。。
 
さてさて、地下鉄長町南で降りる。町の中を延々と歩く。


太白区より太白山
20130303-taihaku-01.JPG

 
東北道下をくぐり太白自然観察の森と言う場所に出た。
ここから太白山に入るようだ。
 

自然観察の森より太白山
20130303-taihaku-02.JPG

 
岩の露出した急勾配をひと登りで山頂に着いた。
 

山頂より仙台南方面と太平洋
20130303-taihaku-03.JPG
 

太白山頂
20130303-taihaku-04.JPG


こちらの仲間に「今太白山頂でーす!」のメールを送ったら・・・
「今日の核心部はアプローチにあると確信した・・・」とギャクメールが入って来た。頼もしいですね?(笑)
下山後、帰りはバスの誘惑に・・・ひたすら歩き、暗くなる頃駅に着いた。
次はどこにいこうか。。。仙台、意外に楽しいぞ!


植松一好

蕃山

2013年2月16日(土) 天候 吹雪 植松単独
 
朝起きるとアパートの外は雪、家にいても光熱費がかかる。予定通り出かける。
地下鉄から仙山線に乗換えて陸前落合駅で降りる。
この落合地区は後で聞いたのですがラーメン激戦区らしいです。
 
目的は仙台近郊の低山めぐり、今回は蕃山だ。駅からスパッツ着ける。
西風蕃山~蕃山に縦走、標高は372m。

蕃山山頂御堂
20130216-banzan-01.jpg

吹雪で視界悪いですが、仙台南に独立峰の太白山もあります。
このように仙台には身近な山?岡?が有り楽しいですね。

仙台南太白山
20130216-banzan-02.jpg

山をおりた所に大梅寺と言うお寺があります。
このお寺の石像が皆ユニークな面していて面白いです。

奇怪な石像
20130216-banzan-03.jpg

大梅持
20130216-banzan-04.jpg

よい文書・・・
20130216-banzan-05.jpg

本日の核心はこのお寺から仙山線の葛岡駅までの歩きでした。
街中は道がようわからん???
運動靴はグチャグチャでした。


植松一好

<南面白山・大東岳=東北百名山>


今回も始発の地下鉄に乗りJR仙山線に乗換え、面白山高原駅に降り立った。
目標は大東岳、地図上、仙台方面からは人気な山らしく二つの明確な登山道がある。
南面白から(山形側)はあまり人が入らないようだ。

2012年9月15日(土) 天候 晴れ
植松単独(白鳳会)

早朝の無人駅、面白山高原駅、先週と同じく登山者はそれなりに多い。
でもそのほとんどが面白山であって南面白山方面登山は俺だけ。
静かな山歩きが始まる。途中、見事なブナ林、すばらしいですよ。
9時半、南面白山着。先週歩いた面白山方面見渡せる。
権現様峠から大東岳=本日のメイン=いやいやほとんどバリエーションルート、
沢登りの源流状態遡行+山頂までは猛烈なブッシュ、これ、経験値無い登山者入れば
遭難は必須ですね。
大東岳12:10着。終日登山者は皆無でした。
久々のルーファイ、藪との格闘、ローカル線待つ間のベンチでの解放された惰眠、最
高な至福な満足感達成された1日でした。
面白山山頂から左大東岳・右南面白山.JPG

カメラ持って行きましたがメモリーカード忘れました。先週の写真で植松が歩いたイ
メージを。
わかるわけないね。短い山旅ですが、久々に実体感充実感、お山に感謝!

みちのくさいこー!

植松一好

<<面白山・山寺>>

201298日(土) 天候 快晴

植松単独(白鳳会)

宮城と山形の県境に面白山と言うユニークな名前の山がある。=東北百名山

早朝の地下鉄に乗り、北仙台駅でJR仙山線(せんざん)に乗換え1時間ほどで無人駅

面白山高原で下車する。

無題11.png

<<面白山高原駅>>

 

駅より登山が始まる。ぶな林の急坂登れば天童高原リゾート地に出る。

遠く月山が望めた山容は雄大である。

無題111.png

<<天童高原より左月山・右五葉山>>

 

2時間ほどで面白山山頂だ。標高1,264mどっ快晴だ。

 

無題11111.png

<<面白山頂より左船形山・右泉ヶ岳>>

無題111111.png

<<面白山頂より左大東岳・右南面白山・奥は蔵王連峰>>

 

無題11111111.png

<<面白山頂>>

ぐるっと周遊して2時過ぎには駅に着いた。

 

無題1111111111.png

<<面白山由来>>

電車各駅停は1時間に1本。

暇なので隣駅の山寺に遊びにいく事にした。

無題11111111111.png

<<JR仙山線>>

 

無題1111111111111.png

<<山寺>>

 

無題11111111111111111111111.png

<<山寺2>>

無題11111111111111111111111111111111111111.png

<<ご存知!芭蕉・奥の細道>>

思ったより大きな観光地でびっくり!

町並みも古くレトロ感がたまりません。

今度、ゆっくりと遊びに来たいと思います。

ちなみに電車賃は往復2,000円でした。

これからもローカル鉄道山旅を模索したいですね。

東北さいこー!

みちのくさいこー!

植松一好

 

日和田山

日時:2011年11月13日(日)
天候:晴れ
メンバー:樋川、タツタ、コージ、佐藤(無所属)。森田(白鳳会)。

クライマーのタツタの誘いで
いつもの、飯能の日和田山に行ってきました。
タツタ、森田は自転車で参加・・

相変わらずの人口密度ですが、夏場よりは多少空いているかも・・?
って感じです。

樋川、タツタ、コージがクライミングしている間に、
佐藤、森田は、一般登山道で物見山-北向地蔵-鎌北湖まで往復ハイキング。

のどかな里山ハイキングとクライミングとサイクリングを堪能した一日でした。

 

コージ1
111113-Hiwada-01.jpg 

コージ2
111113-Hiwada-02.jpg 

モリタ

第17回日本山岳耐久レース

2009年10月11日(土)-12日(日)
天候:晴れ
メンバー:砂糖(のぼろ会)、1号、上久保(あや隊)、佐久間、森田(白鳳会東京支部)

通称「ハセツネCup」に出場しました。
今回の皆の目標は最低でも完走です。


10/11
11:30 五日市中学校の校舎裏で各々、準備して12:30の開会式に向かう。
ここで、今回の出場者5名+応援1名の合流。

13:00
71.5kmの長い旅がスタートした。
スタートは皆ほぼ一緒だったが、徐々に別れていき一人旅がはじまった。

皆、何かしらのトラブルを抱えながら最後まで走りきって全員完走。

成績
佐藤 浩         10:45:13    107位    チーム20位
森田 一彦      13:46:58    444位
上久保 典昭   14:56:35    611位    チーム20位
高倉 友木      16:19:50    829位    チーム20位
佐久間 慎一   17:17:02   1016位

出走2070人/完走1727人

ハセツネ公式HP
http://www.hasetsune.com

ちなみに、佐久間氏は超楽しかったらしく今から来年10月の
予定を空けている状態です。 


hasetsune.jpg

モリタ

Next archives

Home> 電車でシリーズアーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top