Home> トレイルランニングアーカイブ

トレイルランニングの最近のブログ記事

UTMB 敗退

日時:2013年8月30日(金)~9月1日(日)
天候:晴れ、曇り、強風
メンバー:森田

今回は、UTMB(ウルトラ・トレイル・デュ・モンブラン)に参加して来ました。

このレースは、トレイルランナーの憧れのレースと言っても過言ではないレースです。 
各国のトレイルの大会を完走してポイントを貯めて申し込み、抽選で参加資格が得られます。
(日本の大会は最近、クリック合戦や抽選で参加するのも大変です。)
また、この期間中に同時にTDS、PTS、CCC、UTMBと全4カテゴリーのレースが行われます。 
(距離、コースが違います。)

コース
フランスのシャモニーをスタートし、モンブランの周り(外輪山?)を反時計回りに1周してシャモニーに戻る、
168km(約100マイル)、累積標高9600mのコース。標高は大体1000m~2500mの間のランになります。

日程:8/27火 夜、羽田からドバイ経由でスイスのジュネーブ。ジュネーブからバスで1時間半でシャモニー着。
現地時間8/28水 17時シャモニー着。
8/29木 受付。
8/30金 ドロップバックを預ける。16:30スタート
9/1日 14:30 UTMBの制限時間。
9/2月 10:00シャモニー発。バスでジュネーブ、ドバイ経由で成田に日本時間の9/3火 17:30着。

8/28水 シャモニーを散策しTDSのトップ選手のゴールを見学。
8/29木 ロープウェイでエギュードミディ3824mへ行き、モンブランを間近で見て、高度順応も。
ユックリ歩く分にはチョイ頭痛くらいだが、走るとヤバイ・・。まぁ、レースは標高2500m位までなので良しとする。
帰りのロープウェイの中間駅で少しランニングして下山し、レース当日の荷物を用意し、長蛇の列に並んで受付終了。
8/30金 午前中散歩して、昼寝の後に準備して16:30スタート

ついに、このスタートラインに立つ事が出来た!
う~ん、長かった・・。
で、この大会、やけに盛り上げるのが上手い!お国柄なのか、応援も凄い!スタート前に号泣している選手もチラホラ。
16:30ついにスタート。老若男女、凄い声援の沿道を歩く、小走り、走り、で結構ペースが速い。

一山越えて隣町へ、また一山越えて隣国へと言う感じで本当に旅って感じです。
童話に出てきそうな町や恐竜が棲んでいそうな絶景まで飽きさせない。
夜は、前を見上げたら山の稜線までヘッドライトの列が連なり、そのまま満点の星空につながって、
後ろを見たらはるか後方まで今まで進んで来た道がヘッドライトで浮かびあがっている。 
イタリアに入ってからは、左にモンブラン、グランドジョラスの絶景、氷河も見える。 
ふぅ~、来た甲斐があった。。
が、40kmくらいで痛めた膝がとうとう動かなくなってきた・・。
騙し騙し、粘って来たが、前半のタイムマージンを使い果たし、スイスに入って103km地点でスイーパーに
回収されちゃいました・・。(8/31土20:30頃)
何が悔しいって、2度目の日の出、この先の絶景が見れないのが悔しい・・。

103km地点のラ・ピュールから車でシャモニー行きのバスが出るシャンペ湖まで送ってもらい、シャモニー行きのバスに乗り、
途中乗り継いで深夜のシャモニーへなんとか到着。

まとめ
皆、最後はUTMBって言うけど、ドンだけのモンかと思っていたが、実際に参加してみて納得。
このレース、チャンスがあれば参加してみる事をお薦めします。

また、いつかリベンジしたいネ。
でも、後半走れなかった所は、CCC(100km/累積標高5950m)で走ったら、1周になるしなぁ・・。

ちなみに、UTMBの参加者の平均年齢は43歳らしい。


ミディからモンブラン
20130830-UTMB-01.jpg


ホシ
20130830-UTMB-02.jpg


アレット モン ファーヴル
20130830-UTMB-03.jpg


グランドジョラス
20130830-UTMB-04.jpg


モリタ

ウルトラトレイル・マウントフジ

今回は第1回大会の 通称「UTMF」に出場しました。
距離 100マイル(156km)、累積標高 8,530m、48時間制限。
18日15:00スタート。


日時:2012年5月18日(金)-20日(日)
天候:晴れ→小雨→曇り→晴れ
メンバー:佐久間、上久保(あや隊)。森田(白鳳会)。


今回は、出走は森田だけ。
佐久間はボランティアでA6-A7のスイーパー、上久保はA7に見学。

いやぁ~、人生で初めて43時間も運動した。
疲れたと言うより痛いです・・
あと、2日目の夜は、たまに意識が飛ぶ・・

思ったよりは、厳しかったが、エイドは充実してるし、
制限時間も長いので、諦めなかったら完走は出来ると思われる、、


成績
No.764 森田 一彦 317位 42:01:48

UTMF男子
出走者:777名
完走者:562名
完走率:72.3%

UTMF女子
出走者:75名
完走者:49名
完走率:65.3%

STY男子
出走者:1011名
完走者:841名
完走率:83.2%

STY女子
出走者:166名
完走者:150名
完走率:90.4%

次回は何しようかなぁ、、


モリタ

 
120518-goal.jpg 120518-uekubo.jpg 120518-sakuma.jpg 

第19回日本山岳耐久レース

恒例のトレイルランニング 通称「ハセツネCUP」に出場しました。


日時:2011年10月22日(土)-23日(日)
天候:土砂降り→小雨→曇り→晴れ
メンバー:佐久間、上久保(あや隊)。佐藤(無所属)。森田(白鳳会)。


今年は、例年より2週間遅い開催のため寒さが心配だったが、問題なし。
が、大雨の予報・・

スタート直前まで雨だったが、10分前にあがった。
これも、日頃の行いのおかげだろう。
しかし、蒸し暑くなってきた・・
雨なので、ハイドレーションの水の量を減らしたのに・・

ます、スタート後しばらくは、4人で近くにいたが、10km地点で佐藤が
身体が温まったのか、本領発揮ですぐに見えなくなる。
森田、佐久間は終始5~10分差くらいの距離。
そして、上久保から第一関門で吐きまくりでリタイヤしようかとのメールが・・
どうやら、2時間位寝て、水が飲めるようになったので再始動した模様。。


成績
佐藤 浩 151位 11:19:09
森田 一彦 349位 13:02:37
佐久間 慎一    377位 13:24:32
上久保 典昭    971位 17:41:21

出走者:2157名
完走者:1724名
完走率:79.9%

次回はUTMFかなぁ、、

 
使用前

111022-hasetsune-01.JPG

 

モリタ

第18回日本山岳耐久レース

通称「ハセツネCUP」に出場しました。

 

日時:20101010日(日)-11日(月)

天候:残暑→土砂降り→濃霧→快晴

メンバー:佐久間、上久保(あや隊)。三浦、森田(白鳳会)

 

今回は、三浦さんが初出場。

 

10/10(日)

11時に三浦、佐久間、森田が合流し準備開始。

12時過ぎに、今回申込み負けした佐藤が応援に来た。

その後上久保も合流。これで役者が揃った。

 

13:00 スタート 気温27度→想定外

17:30頃より 土砂降り→想定内

だが、気持ちよく走れる笹尾根が田んぼ状態・・

三頭山手前で上久保氏と再会。

ナゼか、二人ともヘロヘロ・・

毎年こんなに辛かったっけ?

 

雨も2時間ほどであがり第2関門の月夜見では満点の星空。

唯一のエイドでポカリ補給、段々寒くなって来たので、出発。

上久保氏はストレッチしてから追いかけるとの事。

今日のこのペースだと追いつかれるのは時間の問題だが、

彼は、いつも睡魔に捕まるらしい。

3関門到着。あれ、追いついて来ない

予定通り捕まったカ・・

 

10/11(月)

日の出山からの超キレイな夜景を見て、最後の力を振り絞りゴール。

3:02 佐久間氏より「只今、日の出山」とメールあり。

その後、上久保氏がゴールし、続いて佐久間氏ゴール。

三浦さんは、第1関門手前で佐久間氏が抜いたとの事。

 

東の空がしらんできた頃、三浦さんゴール。

全員ゴール。

皆すごいネ。。

 

三浦さんは、想像以上に厳しかったと言っていたが、

初出場でこのタイムは凄いと思う。

タイムも想定内で、山のベテランの貫禄を垣間見た。

 

成績

森田 一彦       361   14:02:07

上久保 典昭    507   15:18:15

佐久間 慎一    546   15:34:39

三浦 洋三       701   16:50:38

 

エントリー数:2503

出走者:2232

完走者:1622

完走率:72.7%

 

 

使用前
1010hase1.jpg

ゴール
1010hase2.jpg

使用後
1010hase3.jpg


ps。リザルトを見ていたらエルクのメンバーがいた。

途中2回すれ違っていたらしい。

中込 真太郎    431   14:43:50

志村 佳紀      関門2でリタイヤ?

 

充実した連休だった。

次回は、雪山かなぁ・・

 

モリタ

第17回日本山岳耐久レース

2009年10月11日(土)-12日(日)
天候:晴れ
メンバー:砂糖(のぼろ会)、1号、上久保(あや隊)、佐久間、森田(白鳳会東京支部)

通称「ハセツネCup」に出場しました。
今回の皆の目標は最低でも完走です。


10/11
11:30 五日市中学校の校舎裏で各々、準備して12:30の開会式に向かう。
ここで、今回の出場者5名+応援1名の合流。

13:00
71.5kmの長い旅がスタートした。
スタートは皆ほぼ一緒だったが、徐々に別れていき一人旅がはじまった。

皆、何かしらのトラブルを抱えながら最後まで走りきって全員完走。

成績
佐藤 浩         10:45:13    107位    チーム20位
森田 一彦      13:46:58    444位
上久保 典昭   14:56:35    611位    チーム20位
高倉 友木      16:19:50    829位    チーム20位
佐久間 慎一   17:17:02   1016位

出走2070人/完走1727人

ハセツネ公式HP
http://www.hasetsune.com

ちなみに、佐久間氏は超楽しかったらしく今から来年10月の
予定を空けている状態です。 


hasetsune.jpg

モリタ

春のトレーニング


第9回青梅高水山トレイルランに出てきました。

2007年4月1日(日) 天候 晴れ
メンバー : 上久保(あや隊)、高倉1号(アド部)、
     佐藤(東京野歩路会)、森田(白鳳会東京支部)

今回は、初山岳マラソンの上久保氏が参加です。

8:40 青梅駅
9:00 受付。参加賞のキャップをもらい。着替えに。
9:40 準備完了が、準備体操のエアロビには参加出来ず。
10:00 スタート

上久保、森田は30km。高倉1号は15km。佐藤氏はスタートの見送り後帰宅。
はじめに30kmのスタート、その10分後15kmのスタート。
まず、スタート後5kmの登りのあとアップダウンが続き、
急な下りの後、急な登り、また下って急登で折返しの高水神社。
お守りをもらい、来た道を戻る。

ちなみに、上久保には3kmくらいで抜かれ、
折返し手前50mですれ違った。
私の食事中にどんどん行ってしまったようだ。

昨年は、残り5kmで空腹でフラフラになり完全歩きだったが
3:41:19だったのでので今年は3:20を狙ってた!

が、各エイドで食料補給に時間を使い、渋滞に巻き込まれ。
折り返し手前から足が攣り、、
空腹には勝てたが、筋力とタイムに負けた・・

結果、昨年+10分・・。
また課題が増えたレースだった。

結果
距離 30km
完走者 709人
順位 上久保325位 森田426位
タイム 3:35:33 3:51:13

距離 15km
完走者 440人
順位 高倉1号213位 女子で43位
タイム 1:50:12

感想
15kmだと勢いでいけていまうが、30kmだと普段の
トレーニングの成果が確実にでる。
よって、体力の衰えが良く分かった。

次はハセツネ・・?
3月19日の下見

スタート前

ゴール

 
森田一彦

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

初冬のトレーニング


第7回みたけ山山岳マラソンに出てきました。

2006年12月10日(日) 晴れ
メンバー : 森田(白鳳会東京支部)、佐藤(東京野歩路会)

昨年に引続き、例の後輩の佐藤氏(山岳マラソンではホドホドに
有名?)に誘われて今年も出てしまいました。
前回の大会が山岳マラソン初参加ですが、意外に楽しくたまには
走るのも良いかなと思ってきました。

5:44 電車に乗りいざ奥多摩へ。
7:29 JR御嶽駅到着。通常はスタート地点まではバスだが、
当然徒歩。歩きながら朝食。
8:10 受付。今年はグレーのトレーナーをもらった。
8:50 開会式のあと恒例のエアロビ20分。これが結構疲れる。
9:30 スタート最前列に並びスタート。

この大会スタート直後から心臓破りの急坂・・
最初の3分は先頭集団に着いて行ったが、もう無理。
その後は、早歩きでやっと登りきり、しばらくは快適なトレイル。
大塚山の手前くらいから混んできて思うように追抜きが
出来なくなってきた。登りで抜かれ下りで挽回のパターンが・・
大塚山からロックガーデンに向かう下りが私の得意区間だが
思うように前に出れない。
やっと、ロックガーデンの沢に出て小さな木の橋で追抜きをかける。
次の瞬間、落ちた・・
12月の川は火照った身体には心地良い冷たさだった。
と、思ったのはつかの間、グチョグチョで重い・・
速乾パンツをはいてて良かったと思った今日この頃。。
今回のレースは終わったと思いつつ、川に落ちた恥ずかしさからか
その後も頑張って走ってしまった。

大岳山と奥の院を過ぎ追抜き禁止区間の下りを終え
残り2kmのコース終盤、最後の頑張り。
のはずが、、両フクラハギが痙攣・・
いつ、ツってもおかしくない状態に。
日頃の不摂生を肌身に感じつつ、最後の神社までの階段に。
ココまで来たらツってもゴール出来るだろうと思い
ラストスパート。
3人抜いて2人抜かれて1人抜いてゴール!
はぁ~・・。

ゴール後各宿坊にて風呂に入り、休憩し
13:30より表彰式とジャンケンプレゼント大会。
今年のジャンケンも余裕で負けたのは言うまでも無い・・

帰りは、ケーブルで下り、駅まで徒歩。コレがキツイ。
この大会はゴール後の宿坊での風呂と座敷、帰りの
ケーブルと参加賞のトレーナーが入ってるので
お徳ですネ。あとはジャンケンで勝つのみ。

結果
順位 283位
タイム 1時間44分38秒
完走者 616人
完走率 97%/出走者632人
距離 15Km

ちなみに、佐藤氏は総合3位。(昨年は総合6位)
みたけ山観光協会の5000円の金券とお菓子とつまみをもらってた。

感想
渋滞に巻きこまれる前にもっと順位を上げないとダメかな?
昨年は会社が27階だったのでまぁまぁ練習が出来たが
今年は明らかに練習不足だった。
しかし、昨年と30秒と違わないタイムなのでこんなモンかな。

たまには山の中を走るのも気持ちの良いものですョ。

次回は2007年4月の高水山山岳マラソン30km(2回目)かな。

使用前

使用後

コース
 
森田一彦
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home> トレイルランニングアーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top