Home> 御坂山系アーカイブ

御坂山系の最近のブログ記事

三ツ峠アツモリソウ観察会&月例山行

2017.6.17~18(土、日)

【17日参加者】

保延、片山、川崎、飯島、中澤

《宿泊組》上野、中川

【18日月例山行参加者】

井口、中込夫妻、白倉、杉山夫妻、中川

毎年恒例の岳連自然保護委員会主催の三ツ峠アツモリソウ観察会が実施されました。18日は月例山行も兼ねて両日に渡り三ツ峠滞在になりました。18日は別件で岳連遭難対策委員会主催のロープワーク講習会もあり、ダブルブッキングしたため、17日の参加が可能になり大勢の会員で賑やかに参加できました。

三ツ峠山荘の中村さんにアツモリソウの貴重なレクチャーをして頂き、自然の奥深さを学び、アツモリソウの環境を改善するための笹刈り(テンニンソウ刈り)をお手伝いし、少しは役に立つことが出来たかと思います。

また来年も実施されるので、是非ご参加ください。

atumorisou9.jpg

atumorisou1.jpg17日参加者は25名

atumorisou2.jpg三ツ峠山荘前で中村氏のレクチャー

atumorisou4.jpg三ツ峠ネットワーク。興味ある方はご連絡ください。

atumorisou5.jpg笹刈り中。仕事しまっせ。

atumorisou6.jpgさっぱり、終了。

atumorisou10.jpg

atumorisou12.jpg何へび?

atumorisou14.jpg18日朝露

atumorisou16.jpg月例山行メンバー

atumorisou17.jpg また行きましょう。

みみっく

三つ峠 金ヶ窪沢アイスクライミング

2017年2月4日 天候 晴れ メンバー 宮川 芳賀 川崎 安藤


三つ峠 金ヶ窪沢にアイスクライミングに行ってきた。

DSC00320-1.jpg

DSC00322.JPG我々の他 3パーティー10人の大混雑。

DSC00336.JPGノミック宮川

DSC00347.JPG

上にいる 外人4人パーティーは 頂上を目指す。

DSC00351.JPG

DSC00368.JPG

DSC00395.JPG

知人に会い バイルを貸したお礼に トップロープを借りる。

DSC00407.JPG

DSC00413.JPG

初アイス川崎 敢えてムズい所を行く!

DSC00402.JPG鍋焼きうどん

三ツ峠初級ロープワーク勉強会(マルチピッチ)

2016.6.26(日)

参加者:安藤、川崎、片山、まもら

今日は三ツ峠の屏風岩でマルチピッチクライミングの基本を勉強してきました

繰り返し支点構築を練習したあと

簡単なところで実践してきました

「だんだん頭がこんがらがってきた~!」の巻き


先週は咲いていなかったと思うんだけど・・・

あちらこちらでサンショウバラが咲いています。綺麗です(´∀`*)ポッ

マルチ三ツ峠1.jpg


上に行ったら確認してくれる人がいないからね

下でミッチリ支点構築を勉強

マルチ三ツ峠2.jpg


一人で練習していたら頭がこんがらがってきた川崎さん

マルチ三ツ峠3.jpg


自宅でロープワークの練習をしてきたこの人は余裕の笑顔です

ほんとに大丈夫?(;^_^A

マルチ三ツ峠4.jpg


かたや真剣なマナザシ

マルチ三ツ峠5.jpg


外でリード初体験の片山さん

慎重に行きます

マルチ三ツ峠6.jpg


川崎さんがバリバリ登っております

マルチ三ツ峠8.jpg


虫刺され対策必須!(笑)

マルチ三ツ峠9.jpg


マルチ三ツ峠10.jpgまだまだ勉強が足りないことを実感しました

まず、基本を繰り返し練習しなければなりませんね(*^_^*)

初級ロープワーク勉強会(リベンジです(笑))by三ツ峠

2016.6.18(土)

参加者:安藤、ミミック、芳賀、川崎、片山、まもら

4月に実施する予定だった外岩での勉強会が雨のため小瀬に変更になった

しかし我々はあきらめていなかった

今期入会した9名の内、4名の新人さんが参加することができました

これからの安全登山のために

勉強したことを活用していただきたい

講師:安藤先生


このときは余裕だった生徒たち(笑)

13442532_790333104403579_5697607960976943557_o.jpg


このときは余裕だったアブ2匹(笑)

アブ2匹.jpg


スゲ━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━!!!!いい天気です

三ツ峠1.jpg


まずは天狗岩

気合がポーズに出ている川崎さん

三ツ峠2.jpg


熱心に真剣に教えてくれる安藤先生

三ツ峠3.JPG


芳賀さんは重い荷物を担ぎながら練習を続けます

すごいΣ(・ω・ノ)ノ!

kensuikakou.jpg


川崎さんの雄姿(´∀`*)ポッ

三ツ峠4.jpg


ミミックさんはヘッチャラで登っていきますスゴーイ

三ツ峠5.JPG


屏風岩に移動します

人がイパーイいます(@_@)人気の場所なのですね

三ツ峠6.JPG


一番忍耐のない人が「毛無山Tシャツ」着ています

「忍」の文字にアブがとまっています

三ツ峠12.jpg


片山さんなんだかんだ言って登っちゃいます(@_@)

三ツ峠7.jpg


さすがの川崎さんみんなにいろいろ教えてくれます

三ツ峠9.JPG


芳賀さんも順調に登ります

みんなすごいな~

三ツ峠10.jpg


一日お天気に恵まれ

最高の勉強会でした

富士山もキレイ(´∀`*)

三ツ峠11.JPG安藤先生、自分はあまり登らず

みんなに丁寧に教えてくださいました

本当にありがとうございましたm(_ _)m

滝戸山(月例山行)

滝戸山:右左口からのピストン

川の流れる音を聞きながら登ります(^^)

2016年3月13日(日) 天候 晴れ  メンバー 井口 堀内 まもら


登山口のところにいたオジサン

「猟師が入っているから撃たれないように気を付けて登れよ!」だって(;^_^A

どう気を付ければいいやら。。。

滝戸山登山口.JPG


だんだん雪が・・・

滝戸山登山道1.JPG


この登山道からは時折 南アルプスの山々がよく見えます

滝戸山登山道2.JPG絶景を堪能しております(*^^*)

滝戸山登山道3.JPG


だんだんと雪が多くなってきました

滝戸山登山道4.JPG


ここが山頂、恒例の記念写真

パシャッ!! ∑p[[◎]]ω・´)

滝戸山山頂.JPG


花の名前を教えていただきました

ダンコウバイ

ダンコウバイ.JPG

お疲れ様でした(*^_^*)また登りましょう

滝戸山登山道5.JPG

山梨県山岳連盟・高山植物現地学習会

2014.6.22(日)雨

参加者:いなぴ、丹澤、みみっく

ペニサラサドウダン.jpg
自然保護委員会が毎年実施している現地の高山植物学習会が三つ峠で実施されました。今年は、山梨県山岳連盟が『山岳会に入ると、いろんな事が学べます。山岳会に入りませんか?』っていうイベントの一環で、一般の方々も一緒に雨の中、行ってまいりました。

ベニバナノツクバネウツギ.jpg
三ツ峠山荘の中村光吉氏のDVD鑑賞、自然保護の在り方など講義を受け、充実した一日になりました。一般の方々の参加は少なく3名でしたが、多少山岳会(自然保護)に興味を持ってくれたと思います。

みみっく

鹿柵・人柵作成協力ボランティア

2010年11月13,14日(土日) 天候 晴れ後曇り
 
白鳳会参加;秋山会長・植松

 
詳細はこちら⇒ http://oohito.com/mitsutouge/
 
会長とボランティアに出かけた。
2日間思いっきり仕事しました。
ぐるっと一周仕上げる事が出来ました。
なんかいいことした感じで山を降りました。


11月13日の冨士
1113mit1.JPG

鹿柵人柵の作成説明
1113mit2.JPG

現場に向かいます
1113mit3.JPG

柵完成
1113mit4.JPG

峠からの冨士
1113mit5.JPG


来年の初夏はアツモリソウの群落、見れるのかなぁ
見たいですね。
 

植松一好

2010岳連合同研修会

2010年11月6,7日(土日) 天候 晴れ
 
参加者;アルパイン6名・梨大2名・御坂4名・高根1名・メープル2名・南嶺2名
     みみっく・バン亀・関・植松(白鳳会) 計21名
 
関を大月駅で拾って樅の木山岳会三枝さん家へ。
プロジェクター・スライド幕を借りに行く。
10時、バン亀・金丸と三つ峠入口待ち合わせ。機材を背負う。
午後の講習会に合流。



講習会
1011mitu1_1.JPG


16:00~中国四川省遠征報告会
16:00~17:00 牛心山登攀隊 亀田隊長報告
17:00~17:30 アピ山登山隊 金丸隊員報告
18:30~懇親会
20:00~登攀隊ムービー上映会



三つ峠からの夜景
1011mitu1_2.JPG 


翌朝、みなさんを見送り山荘の中村さんとしばし雑談。
その後は関と屏風岩へ



屏風岩
1011mitu1_3.JPG


水忘れたので三つ峠天然水を汲む。

三つ峠天然水
1011mitu1_4.JPG


一番簡単なルートを関リードで荷背負って登る。



関リード
1011mitu1_5.JPG

クラシカルな屏風岩を楽しみながら登る。
お昼に天狗の踊り場、富士山見ながらラーメンをすする。
風もなく、他の音も無く、最高な気分である。



天狗の踊り場
1011mitu1_6.JPG


山荘に戻り、甲斐犬の子、生後1ヶ月の2匹とじゃれて下山した。
今週末も三つ峠ですね。



三つ峠の黄葉
1011mitu1_7.JPG

 
お疲れ様でしたー
 

植松一好

富士山帰りに三ツ峠


三ツ峠の屏風岩には言ったことが無いとバン亀さん。
って事で中央カンテでも登りましょうと、富士山帰りに寄ってみた。

2006年9月10日(日) 天候 晴れ
メンバー : バン亀、三入、関(白鳳会)、マコっちゃん

下界はなんて暑い、そして酸素が多い。多すぎるぅ~。
富士山では元気であった関は下界では不調気味。低山病?
バン亀さん三入さん、なかなか着かねぇ~こんな長かったけかと文句を言いながら暑い暑い林道歩き。

   屏風岩


屏風岩は人だらけ。中央カンテは長蛇の列・・・。
人が多すぎてヤル気にならんて事で、すいている岩でマルチを楽しみましょ!!

<屏風岩右フェース、東面フェイス>

   一本目

さあてこれから 5.8
バン亀さん"さあてこれから"だと思って取り付いたが、どうやら無名ルートで、そこを直登。体感5.10d
三入さんフォロー。下部の被っている所が核心?

   ココが核心?

観音ルート左 Ⅴ-
関は前回リードしたルートでマコっちゃん未登ルートの為、マコっちゃんリードで関フォロー。

サンドイッチ Ⅲ
関リード、マコっちゃんフォロー。終了点大混み。

観音ルート(中央?クラック?) NP
バン亀さんテーピングして武装完了?
観音ルートの下部右のクラックを使って、上部右・左とルートが分かれるところを中央のクラックから行く。
ルート名は観音ルート・中央か観音ルート・クラックといった感じ。

   クラックに燃える男

観音クラック

ホットドッグ Ⅳ+
観音ルートからの2P目

地蔵ルート左 Ⅴ- ★★
関リード、マコっちゃんフォロー。
体の切れ悪く、アーでもないコーでも無い。浮石多し。

第一クラック Ⅳ+
マコっちゃんリードで関フォロー。
カムデバイス無いのでランナウト覚悟で残置使用。

No.16 Ⅲ+,No.14 Ⅳ+
継続して。特に難しくなく。
50mシングルの使用なのでこれ以上いくと懸垂で帰ってこれないので引き返す。
終了点より富士山が立派立派。

悠々、富士山

草溝ルート 5.9
オンサイト V+
結構面白いとバン亀さん。

ナンダカンダで夕方まで。
バン亀さんも新鮮であったようだ。しかし暑かった三つ峠。

                            
 
記:関 秀倫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

岩だ!三ツ峠


岳連の技術指導委員会主催で登攀研修会が開かれた。
登攀研修会自体は日帰りであったが、のんびり一泊となった。

2006年8月12日(土)~ 2006年8月13日(日)
メンバー : 植松一好・関秀倫(白鳳会)

8月12日(土) 天候 曇り一時雷雨後晴れ

技術指導委員会主催初級岩登り研修会
場所;三ツ峠
講師;古屋仁志
参加者;アルパイン4・梨大2・白鳳2  計9名


我々はテント担いで重荷なのでゆっくりと行く。
テント立ててから屏風岩へ。

講習真っ最中

行くと一般ルート下で学生に講習中。他アルパインの人たちはどこかの壁を登っている様子。
まずはアップつー事でジョキングシューズのままで一般ルート左Ⅳ+を登る。
ジョキングシューズだと結構滑ります。

指導・実践真っ最中

昼食後、さー本格的に登ろっかってことで、観音ルート左Ⅴ-。

観音リード関


観音フォロー、アルパイン布施さん



結構、面白いルートで、楽しいです。
関上がって、アルパイン布施さん登り途中でゴロゴロきました。
植松さん上がって素早く懸垂セットで、降りてくればポツポツ雨が段々と強くなり始める。
撤収撤収ー!!
三ツ峠山荘前で解散となりました。
我々は三ツ峠山荘・中村さんの御好意で雨宿りさせてもらい、早い時間から乾杯となってしまったのである。
雷雨が止むまでの3時間近く中村さんと色々なお話が出来ました。中村さん熱い人です。
(三ツ峠山荘の中に長谷川恒夫の色紙があり"酔壁"と書いてある。酔っても壁に登れたのか、壁に酔っていたのか)

雷雨やんで絶景テン場より


8月13日(日) 天候 晴れ時々曇り

追加:今井智仁、野村真見(山梨大学山岳部OB・OG)

昨日は早い就寝。故にのんびり気分であっても早く起きてしまう。
朝は天気安定で富士山も綺麗。

七時半過ぎ今井さんと野村が上がって来る。
本当は昨日の夜上がって来る予定であったが、雷雨の影響で断念。
登山口で一夜を過ごし朝一で登ってきたのだ。

久しぶりの面子で

今井さん、野村久しぶりの山。
更に今井さんは植松さんとザイルパートナーだった頃より明らかに太くなってます・・・。
なんで、屏風岩でなく天狗岩に行くことに。

まずはザイルの感触を思い出すため、懸垂下降。
下降後、植松さん野村ペア、今井さん関ペアで一本登る。
どー?感覚戻った??てところで天狗岩先端のルートに行く。
懸垂で降りてトップロープにて登ることに。植松さんは上でビレーします。
この面はスラブとクラックで構成しており、スラブ下部はホールド少なくムズイです。

今井さん久しぶりのクライミング
溝にはまるドドンパ

今井さんナンダカンダ言って登れてます。
野村はワーキャー言いながらどうにか。
関登ったところで、ガスも上がってきて今の2人は岩厳しかったかなって事で下山となりました。


アレ、今回全然登ってない!!
まぁ~三ツ峠近いし何時でも来れるでしょ。
初級~上級、人工、マルチとかなり幅広く出来ますしね。

 
                                     記:関 秀倫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> 御坂山系アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top