Home> 東北の山アーカイブ

東北の山の最近のブログ記事

東北、最後の山、刈田岳2020

4連休、で3日間飯豊は大日岳に入ろうと。しかし天候悪く。

東北最後の山は、蔵王に行くことした。

 

2020年9月21日(月) 天候 晴れ

 

蔵王エコーラインは、大黒天から。

                                                   

<大黒天から刈田岳へ>

 大黒天から刈田岳へ.JPG

 

おっ、まだコマクサが咲いていた。

<コマクサ>

 コマクサ.JPG

 

<シラタマノキ>

 シラタマノキ.JPG

 

<刈田山頂からお釜>

 刈田山頂からお釜.JPG

 

エコーラインが有るので、頂上は凄い人である。

当初、蔵王連峰最高点の熊野岳までのんびりと往復予定だったが、これじゃ、つー感じ。

駐車場に降りてきたらエコーラインの上りは、大渋滞となっていた。

帰りは、いつもお世話になっている作並温泉は神の湯にもお別れしてきました。

 

<作並温泉神の湯1>

 作並温泉神の湯1.JPG

 

この湯、この透明感と熱さがたまんない。もちろん源泉かけ流し。

<神の湯2>

 作並温泉神の湯2.JPG

 

東北の山々、大変お世話になりました。山梨移動日は、27日の予定です。

 

                               植松一好

月山2020

宮城県は雨予報、東北でのお別れの山、月山とした。

 

2020年9月5日(土) 天候 曇り後快晴 植松単独

 

<月山1>

 月山1.JPG

 

<月山2>

 月山2.JPG

 

<修験者の団体>

 修験者の団体.JPG

 

団体に会うのは初めて、若い子も沢山いた。

 

<チングルマ様>

 チングルマ様.JPG

 

そのほとんどが綿毛ですが、

 

<フウロ様>

 フウロ様.JPG

 

<山頂>

 山頂.JPG

 

いつのまにか快晴!

 

<月山とお別れ>

 月山3.JPG

 月山とお別れ.JPG

東北、ほぼ9年間、お世話になりました。

ありがとうございました。

 

帰りはいつもの作並温泉は、神の湯に寄って帰泉して、この夜、会社の同僚が、

自宅に招いてくれて送別会をしてくれた。感謝。

<お別れ会>

 お別れ会.JPG

 

 

 

                               植松一好

安達太良山塊・鬼面山・箕輪山

今週もやり残し山に出かけた。安達太良山塊では、安達太良山より箕輪山の方が

28m高いのである。野地温泉から鬼面山、箕輪山を往復する事に。

 

2020年8月29日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

福島西で高速を降りた。先週周遊した吾妻小富士が良く見えた。

 

<吾妻小富士>

 吾妻小富士.JPG

 

<箕輪山と鬼面山>

 箕輪山と鬼面山.JPG

 

<鬼面山山頂>

 鬼面山山頂.JPG

 

<箕輪山頂から左安達太良山・右鉄山>

 箕輪山頂から左安達太良山右鉄山.JPG

 

<箕輪山から鬼面山・奥は吾妻山塊>

 箕輪山から鬼面山・奥は吾妻山塊.JPG

 

<鬼面山より箕輪山を振返る>

 鬼面山より箕輪山を振返る.JPG

 

物凄く登りがいのある山でした。

 

<磐梯山が見えた>

 磐梯山が見えた.JPG

 

 

帰りはいつもの作並温泉は、神の湯に寄って帰泉した。

 

                               植松一好

吾妻小富士

7月の週末は、すべて雨、そして、今年9月には、山梨に戻る事と正式に決まった。

7月の4連休とお盆は、なるべくアパートを空にしたいため、車で帰省した。

山梨、お盆は、とても暑く、地元甘利山にはじいさん、ばあさん連れて3回も上がった。

 

<甲府盆地と富士>

 甲府盆地と富士.JPG

<上州・荒船山>

 上州荒船山.JPG

 

いつか登ってみたい。

 

東北、やり残し吾妻小富士に出かけた

 

2020年8月22日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

下界から残念ながら吾妻山は見えない。1,500m超えると晴れてきた。

 

<吾妻山にやってきた>

 吾妻山にやってきた.JPG

 

<吾妻小富士周遊>

 吾妻小富士周遊.JPG

 

<東吾妻山>

 東吾妻山.JPG

 

<一切経山>

 一切経山.JPG

 

<夏雲涌く>

 夏雲涌く.JPG

 

 

作並温泉は、神の湯に寄って帰泉した。

 

                               植松一好

月山2020

本日は、東北での生活、最後滑りで月山にやって来た。

 

2020年6月20日(土) 天候 雨後曇り後晴れ 植松単独

 

ジョイフルで朝定食食って。関山越えで山形に入る。9時、月山駐車場に着いた。

雨である。やむのを待つ。10時、やんだ。リフト往復1,100円。ロープ塔は、1回200円。

現地で購入との事。

 

<月山にやってきた>

 月山にやって来た.JPG

 

月山方面は、黒い雲が抜けていない。ロープ塔は長蛇の列。右の斜面をハイクアップして

行けば、姥ヶ岳の山頂に通じているかも。案の定、姥ヶ岳山頂近くまで行けた。

 

<姥ヶ岳山頂>

 姥ヶ岳山頂.JPG

 

足元にはチングルマが咲き誇っていた。

 

<チングルマ様>

 チングルマ様.JPG

 

快適に滑り降り、休憩所の横でランチ。月山方面も多少晴れだした。

 

<月山方面>

 月山方面.JPG

 

リフトにて下山。

 

<駐車場から湯殿山方面>

 湯殿山方面.JPG

 

<駐車場から月山スキー場全体>

 駐車場から月山スキー場全体.JPG

 

しかし、関東圏ナンバーが多い。俺もそうか。

<朝日連峰>

 朝日連峰.JPG

 

<志津温泉地蔵沼>

 志津温泉地蔵沼.JPG

 

新緑が眩しい。

 

<湯殿山と姥ヶ岳>

 湯殿山と姥ヶ岳.JPG

 

久々に、作並温泉は、神の湯に寄って帰泉した。

 

                               植松一好

気仙沼大島&江刺宴会2020

本日は、年2回行っている。後輩がお店をやっている岩手は江刺で宴会である。

来年は、仙台にいないので最後の宴会となる。の前に、以前から気になっていた

気仙沼大島に訪れたかった。

 

2020年6月13日(土) 天候 曇り後晴れ 植松単独

 

吉野家牛丼食って。三陸道をひたすら北へ。気仙沼に着いた。ナビの橋は、震災で

消滅。町の人に聞いて、大島上陸。

 

<気仙沼大島にやってきた>

 気仙沼大島にやってきた.JPG

 

この島、東北では一番大きさを誇り、島民も3千人以上と言う。島で一番高い亀山に

行くことに。駐車場では、500円取られた。約40分ほどで山頂。

 

<亀山山頂>

 亀山山頂.JPG

 

海はいいよね。

<山頂より>

 山頂より.JPG

 

<遠く金華山>

 遠く金華山.JPG

 

<山頂より気仙沼市街と大橋・奥は室根山>

 山頂より気仙沼市街と大橋・奥は室根山.JPG

 

<キスゲ様に会えるとは>

 キスゲ様に会えるとは.JPG

 

<舞台は十八成浜>

 舞台は十八成浜.JPG

 

砂浜を歩くとくっくっと鳴くという。九九足すと十八、なんだかなぞかけのようだ。くぐなりはま。

あいにく湿っていたためか鳴かなかった。絵になるかもめが一羽いた。

 

<一羽のかもめ>

 一羽のかもめがいた.JPG

 

<偶然にも飛ぶところとらえた>

 偶然に飛ぶところをとらえた.JPG

 

<2019年に完成した気仙沼大島大橋>

 2019に完成気仙沼大島大橋.JPG

 

舞台は、岩手県は江刺。お好み焼き屋ひげまる。5時前に着いたので全員集合していないが、

日も長く気持ちいいのでマスターの3番目の子にシャッターを押してもらった。

 

<本日のメインPM5時開演>

 本日のメインPM5時開演.JPG

 

とても楽しい時間をありがとう。9月もやりましょうとなった。

 

                               植松一好

栗駒山2020

南蔵王の次は、須川温泉から栗駒。仙台に来て、四季通じて一番登っているかも。

 

2020年6月6日(土) 天候 無風晴れ 植松単独

 

吉野家牛丼食って。8時、須川温泉の駐車場に着いた。先週と同じく登山者が多い。

 

途中

<湯浜峠より栗駒山>

 湯浜峠より栗駒山.JPG

 

途中

<須川湖より秣岳>

 須川湖より秣岳.JPG

 

<須川温泉>

 須川温泉.JPG

 

<サンカヨウ様>

 サンカヨウ様.JPG

 

<芭蕉様>

 芭蕉様.JPG

 

<群落>

 群落.JPG

 

<オモト様・スミレ様>

 オモト様スミレ様.JPG

 

<焼石岳>

 焼石岳.JPG

 

<もうすぐ山頂>

 もうすぐ山頂.JPG

 

<鳥海山>

 鳥海山.JPG

 

<栗駒天然水>

 栗駒天然水.JPG

 須川温泉、白濁の大露天風呂つかり、稲庭うどんを買って、栗駒天然水を沢山汲んで17時に帰泉した。

 

                               植松一好

南蔵王連峰・不忘山・南屏風岳

本日は、還暦の誕生日である。久々に山に行くことに。

 

2020年5月30日(土) 天候 無風快晴 植松単独

 

ジョイフルで朝定食食って。7時、白石スキー場の駐車場に着いた。

なんだ、この車の数は、こんなに登山者がいるとは。

 

<白石スキー場から七ツ森>

 白石スキー場から七ツ森.JPG

 

<いちげ様>

 いちげ様.JPG

 

<稜線に出た>

 稜線に出た.JPG

 

<不忘山頂より飯豊山>

 不忘山頂より飯豊連峰.JPG

 

<山頂より左安達太良山・右吾妻連峰>

 山頂より左安達太良山・右吾妻連峰.JPG

 

<大朝日岳>

 大朝日岳.JPG

 

<南屏風岳より左月山・右蔵王熊ノ岳>

 南屏風岳より左月山・右蔵王熊ノ岳.JPG

 

<屏風岳より不忘山・南屏風岳>

 屏風岳より不忘山・南屏風岳.JPG

 

<稜線から水引入道>

 稜線から水引入道.JPG

 

<水引平より南屏風岳>

 水引平より南屏風岳.JPG

 

 

駐車場には4時に着いた。久々の9時間行動だった。

 

                               植松一好

鳥海山

人数もそろったところで、高根隊長より、鳥海山に行こうと言う事となった。

 

2020年4月11日(土) 天候 無風快晴 

高根さん、余目さん、木村さん、矢部さん、植松

 

すきやで朝定食食って、6時、集合場所へ。関山越えで山形に入る。

 

<車窓からの鳥海山>

 車窓からの鳥海山.JPG

 

<駐車場所からの鳥海山>

 駐車場所からの鳥海山.JPG

 

<駐車場所から日本海>

 駐車場所から日本海.JPG

 

<ハイクアップ>

 ハイクアップ.JPG

 

<ハイクアップ2>

 ハイクアップ2.JPG

 

<神室山塊>

 神室山塊.JPG

 

<滝の小屋>

 滝の小屋.JPG

 

<滝の小屋から鳥海山>

 滝の小屋から鳥海山.JPG

 

<歩く人、滑る人>

 歩きの人・滑る人.JPG

 

<林の中を滑って終了>

 林の中を滑って終了.JPG

 

 

物凄く水を含んだ新雪で、かなり難儀して14:30には車に戻った。

久々の鳥海山、素晴らしい山ですね。

 

                               植松一好

蔵王連峰・刈田岳2

今日こそは、蔵王連峰は刈田岳を滑り降りたい。

 

2020年4月4日(土) 天候 無風快晴 植松単独

 

ジョイフルで朝定食食って、8時過ぎ、駐車場に着いた。

 

<朝の屏風岳>

 朝の屏風岳.JPG

 

<辛うじてつながっている>

 辛うじてつながっている.JPG

 

何とかシール登行が出来そうだ。

 

<雁戸山>

 雁戸山.JPG

 

<シーズン終えた後見ゲレンデ>

 シーズン終えた後見ゲレンデ.JPG

 

<屏風方面>

 屏風方面.JPG

 

<蔵王エコーライン>

 蔵王エコーライン.JPG

 

<除雪中>

 除雪中.JPG

 

<もうすぐ山頂>

 もうすぐ山頂.JPG

 

<刈田岳山頂よりお釜>

 刈田岳山頂よりお釜.JPG

 

<快適な滑りでした。最高!>

 快適な滑りでした。最高!.JPG

 

 

いつもの青根温泉は、共同浴場、じゃっぽの湯に寄って帰泉した。

 

                               植松一好

Next archives

Home> 東北の山アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top