Home> 東北の山アーカイブ

東北の山の最近のブログ記事

蔵王連峰・刈田岳

3連休の真ん中、澄川スキー場から蔵王連峰は刈田岳を目指す。

 

2020年3月21日(土) 天候 風強く快晴 植松単独

 

ジョイフルで朝定食食って、8時過ぎ、駐車場に着いた。やけに車が多い。

本日、風強く、第一、第二リフトが停止。代わりに雪上車がピストン運行だそうで。

 

<リフト代りの雪上車>

 リフト代りの雪上車.JPG

 

<目指す刈田岳>

 目指す刈田岳.JPG

 

<屏風方面>

 屏風方面.JPG

 

風強く、登頂はあきらめる。残念。後見ゲレンデ滑って昼食。

 

<昼の定番>

 昼の定番.JPG

 

 

いつもの青根温泉は、共同浴場、じゃっぽの湯に寄って帰泉した。

 

                               植松一好

月山第一トンネルよりBC

高根隊長より湯殿へ行こうと誘われた。総勢7名となった。

 

2020年3月7日(土) 天候 曇り後快晴

高根さん、浅田さん、稲葉さん、上田さん、竹中さん、矢部さん 植松

 

ジョイフルで朝定食食って、7時前に集合場所に着いた。7名なので、2台に分乗。

9時、月山第一トンネル駐車場に着いた。このコース初めてである。

BCの車が、既に多く止まっていた。

 

<月山第一トンネル駐車場>

 月山第一トンネル駐車場.JPG

 

<高根隊長ビーコンチェック>

 高根隊長ビーコンチェック.JPG

 

<隊列1>

 隊列1.JPG

 

<隊列2>

 隊列2.JPG

 

ハイクアップして行くと。

<湯殿山が見えて来た1>

 湯殿山が見えてきた1.JPG

 

<湯殿山が見えて来た2>

 湯殿山が見えてきた2.JPG

 

<霧氷>

 霧氷.JPG

 

<こちらから見る湯殿山は初めて>

 こちらから見る湯殿山は初めて.JPG

 

<1,150m ここより滑り降ります>

 1,150mここより滑り降ります.JPG

 

<本当に素晴らしい!>

 本当に素晴らしい.JPG

 

壁紙にしてしまいました。

 

<正面姥ヶ岳・右奥月山>

 正面姥ヶ岳・右奥月山.JPG

 

<お疲れさまでしたー>

 お疲れ様でしたー.JPG

 

滑りも快適でした。寒河江の有名な肉そば屋に寄り、より満足な1日でした。

 

                               植松一好

2020 面白山BC

雪が無いとわかっていてもやはり面白山に行きたい。来月は、もう3月である。

思い切って行く事にした。

 

2020年2月22日(土) 天候 曇り後晴れ 植松単独

 

8時5分、面白山駅に着いた。下車は、俺一人。もちろん駅に雪が無い。

しばらく歩き、日陰斜面でシール登行とするが、どこまで行けるのか。

特にコスモベルグは、雪を辛うじて拾っていき、何とか基地小屋にたどり着いた。

 

<雪が無い>

 雪が無い.JPG

 

ドルフィンコースをハイクアップ。藪だらけである。

 

<ドルフィンコース>

 ドルフィンコース.JPG

 

<スキー場跡トップより面白山>

 スキー場跡トップより面白山.JPG

 

<左 月山・右 葉山>

 左月山・右葉山.JPG

 

一気に下まで滑る。辛うじて、なんとか滑れた。

 

<思い出詰まった待合室>

 思い出詰まった待合室.JPG

 

<冬の定番・エビ天うどん>

 冬の定番.JPG

 

<面白山高原駅>

 面白山高原駅.JPG

 

もう、この駅に来る事は無いのだろうか・・・13:23分の電車で後にした・・・

 

 

                               植松一好

鍋越峠・宝栄牧場 3

雪が無くても、この冬、こちらで過ごすのが最後となる。なので思い切って、

面白山へ行こうとしたが、2年ぶりに羽生さんからメール、明日、鍋越に行こうとなった。

 

2020年2月15日(土) 天候 風強く晴れ 植松単独

 

駐車場に着くと。どうやら一番乗り。シール歩行する。

 

<今日も宝栄牧場>

 今日も宝栄牧場.JPG

 

羽生さん待ちで、手前の斜面でお茶を濁す。スノーモービルが現れたので、奥に進む。

 

<ヨッシーさん撮影>

 ヨッシーさん撮影.jpg

 

ヨッシーさんから写真が届く。どうやらシールを忘れたようで、帰ってようだ。

 

<羽入さん登場>

 羽生さん登場.JPG

 

もう、お昼である。

 

<冬の定番・エビ天うどん>

 冬の定番.JPG

 

小さなビールをいただいた。なんか物凄くうまかった。

 

うろこ板はいいね。羽生さん、どこでも森に入る。

 

<お疲れ様でしたー>

 お疲れ様でした.JPG

 

<羽生さん撮影>

 羽生さん撮影.jpg

 

帰りにカッパの湯に寄って、にんにく漬け買って帰泉した。

<にんにく漬け>

 にんにく漬け.jpg

 

 

                               植松一好

蔵王澄川スキー場

蔵王澄川スキー場から刈田岳目指しハイクアップ。

 

2020年2月1日(土) 天候 晴れ後吹雪 植松単独

 

ジョイフルで朝食食って澄川スキー場へ。どこもかしこも雪が無い。

蔵王エコーラインは、物凄く氷ついていた。スキー場横を行く。

 

<標高1,000m付近>

 標高1,000付近.JPG

 

山頂まで行けば、モンスターに会えるのか。しかし、西高東低が抜けきれない。

と、樹氷ツアーの雪上車が5台ほど。

 

<樹氷ツアーの雪上車>

 樹氷ツアーの雪上車.JPG

 

上空暗雲たちこめ風強く、本日は、ここまで。シール外す。

 

<澄川後見ゲレンデに向かう>

 澄川後見ゲレンデに向かう.JPG

 

<冬の定番>

 冬の定番.JPG

 

<イカ天キツネうどん>

 イカ天キツネうどん.JPG

 

そして、今日は、青根温泉へ。

 

<青根温泉>

 青根温泉.JPG

 

<じゃっぽの湯>

 じゃっぽの湯.JPG

 

料金は、¥320 熱い湯が気持ちいい。今日も早く帰泉した。

 

                               植松一好

鍋越峠・宝栄牧場

鍋越峠、宝栄牧場に出かけた。

 

2020年1月25日(土) 天候 吹雪後曇り 植松単独

 

すきやで朝食食って鍋越峠へ。1時間ほど、林道をハイクアップ。

牧場は、風強く、寒い。3本ほど滑って下山。

 

<宝栄牧場>

 宝栄牧場.JPG

 

滑り降りると、昼食時間。

 

 

<昼には降りた>

 昼には降りた.JPG

 

<冬の楽しみ>

 冬の楽しみ.JPG

 

昼食食べたら温泉に。色麻町カッパの湯へ。

 

<平沢温泉カッパの湯>

 平沢温泉カッパの湯.JPG

 

<冬のカッパ君>

 冬のカッパ君.JPG

 

料金は、タオル付で¥500。早い時間に帰泉した。

 

                               植松一好

桐の目山・オボコンべ山 砂金三山

相変わらず雪が無い。12月に登れなかった桐の目山に行く事とした。

三森山・オボコンべ山・桐の目山 勝手に砂金三山と名付けた。

 

2020年1月19日(日) 天候 晴れ後曇り 植松単独

 

<登山口>

 登山口.JPG

 

小さな沢を何度も繰り返し渡る。やがて顕著な尾根に取り付く一汗掻けば、顕著な稜線

に出る。まずは、右に行き、桐の目山を目指す。

 

<桐の目山山頂>

 桐の目山山頂.JPG

 

来た道を引き返し、先程の分岐を見送り、オボコンべを目指す。

 

<手前マンモス岩・左オボコンべ>

 手前マンモス岩・奥オボコンべ山.JPG

 

<マンモス岩>

 マンモス岩.JPG

 

<オボコンべ山頂>

 オボコンべ山頂.JPG

 

<山頂から左三方倉山・桐の目山・奥大東岳>

 左三方倉山・桐の目山・奥大東岳.JPG

 

<奥の高いのが仙台神室山>

 奥仙台神室山.JPG

 

<冬の定番>

 冬の定番!.JPG

 

鍋を持ってきてよかった。アルミ鍋に穴が開いていた。

 

<オボコンべを振返る>

 オボコンべを振返る.JPG

 

<大東岳>

 大東岳.JPG

 

<本砂金部落から三森山と右奥がオボコンべ>

 本砂金部落から三森山と奥にオボコンべ山.JPG

 

オボコンべ 由来は、赤ん坊を負ぶっている所から来たようだ。

 

                               植松一好

鍋越峠

今年は、雪が少ない。例年だと、新年のこの3連休は、面白山だ。

行こうと思っていたが。そんな時、面白山BCの仲間から鍋越峠の牧場に行くという。

初めて聞く場所である。国道347号線のライブカメラで見ると、雪は十分にある。

 

2020年1月11日(土) 天候 晴れ後曇り 植松単独

 

<鍋越峠>

 鍋越峠.JPG

 

<林道を行く>

 林道を行く.JPG

 

先行者のトレース。

 

<林道を行く2>

 林道を行く2.JPG

 

<宝栄牧場に着いた>

 宝栄牧場に着いた.JPG

 

素晴らしい景色が待っていた。

 

<船形山方面>

 船形山方面.JPG

 

<国見峠らしい>

 国見峠らしい.JPG

 

<面白山BC皆様>

 面白山BC皆様.JPG

 

メンバー達に会えた。昼食を食べて下山していった。

3本ほど滑り、天候も悪くなって来たので下山した。

船形山が異様である。

 

<船形山>

 船形山.JPG

 

<白森と思われる>

 白森と思われる.JPG

 

<村山葉山>

 村山葉山.JPG

 

帰りは、色麻町のカッパの湯に寄って帰泉した。

 

                               植松一好

遠野三山・石上山

遠野三山=早池峰・六角牛山・石上山 石上山はまだ登っていない。

本日、恒例の江刺で忘年会。石上山を目指すのであった。

 

2019年12月21日(土) 天候 晴れ後曇り 植松単独

 

<国道4号線から栗駒山>

 4号線から栗駒山.JPG

 

<焼石連峰と北上川>

 焼石連峰と北上川.JPG

 

<石上山登山口>

 石上山登山口.JPG

 

<姥石>

 姥石.JPG

 

<鎖場、鉄ハシゴの連続>

 鎖場・鉄はしごの連続.JPG

 

<中の堂>

 中の堂.JPG

 

<亀石>

 亀石.JPG

 

石上山と言う名前、稜線には大石が沢山ある。

 

<石上山山頂>

 石上山山頂.JPG

 

<たまらん熱さ、うまい!>

 たまらん熱さ・うまい!.JPG

 

<六角牛山>

 六角牛山.JPG

 

早池峰は、雲の中だった。下山後、遠野の街で宝くじ買って、江刺に戻るのであった。

 

<毎度、江刺で忘年会>

 DSC_0624.JPG

 

 

                               植松一好

三森山・オボコンべ山

オボコンべと言う特異な岩峰の山に出かけた。

赤ん坊をおぶる所からきているそうだ。

 

2019年12月14日(土) 天候 晴れ後雨 植松単独

 

<砂金部落から三森山>

 砂金部落から三森山.JPG

 

<登山口>

 登山口.JPG

 

<三森山山頂>

 三森山山頂.JPG

 

<オボコンべ山頂>

 オボコンべ山頂.JPG

 

<オボコンべ山頂から三森山>

 オボコンべ山頂から三森山.JPG

 

<桐の目山方面>

 桐の目山方面.JPG

 

<雁戸山方面>

 雁戸山方面.JPG

 

<オボコンべの鎖場>

 オボコンべの鎖場.JPG

 

<オボコンべの岩峰を振返る>

 オボコンべの岩峰を振返る.JPG

 

                               植松一好

Next archives

Home> 東北の山アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top