Home> 東北の山: 2012年10月アーカイブ

東北の山: 2012年10月アーカイブ

秋田駒ケ岳・国見温泉

2012年10月27日(土) 天候 快晴 
メンバー;石田さん・柳谷・高根さん(運転手)・植松(白鳳会)
 
5時迎えに来る。東北自動車道を岩手目指す。
高根さんがいまいち体調不良との事、本日は運転手、下山も反対方向に回ってくれるそうだ。
うちらが登山の間には乳頭温泉・田沢湖をめぐるそうだ。
 
田沢湖高原でバスに乗込む。片道600円で8合目1,300mくらいまで上がってしまう。


八合目付近の紅葉
121027-akikoma-01.jpg

 
本日、快晴である。北に目を移せば遠く岩木山・八甲田山が遠望できる。もう青森である。
眼下には田沢湖だ。


遠くの独立峰は岩木山
121027-akikoma-02.jpg


田沢湖
121027-akikoma-03.jpg


阿弥陀池・左奥は岩手山
121027-akikoma-04.jpg


なんとまぁ、新雪をいただいた鳥海山が見える。大感動!


鳥海山
121027-akikoma-05.jpg

 
まずは男(お)岳から登る。


男お岳の稜線を行く
121027-akikoma-06.jpg

 
次に秋田駒ケ岳最高峰、男女(おなめ)岳1,637mを行く


秋田駒ケ岳最高峰・男女おなめ岳
121027-akikoma-07.jpg

 
ぐるりと周回して岩手県側の国見温泉に下る。


奥が男お岳手前が女め岳
121027-akikoma-08.jpg


紅葉1
121027-akikoma-09.jpg


黄葉の中を行く
121027-akikoma-10.jpg


紅葉2
121027-akikoma-11.jpg


国見温泉
121027-akikoma-12.jpg


国見温泉、湯が緑色でやはり酢っぽい味でとても飲めません。
しかし最高なお風呂でした。


紅葉3
121027-akikoma-13.jpg


帰りは、高根さんお勧めの岩手名物の冷麺、これがたまらなくおいしかったです。
 
東北さいこー
みちのくさいこー

 
植松一好

安達太良山・沼尻温泉

紅葉の安達太良山に行ってきました。
東北新幹線から眺めていた大きな山塊安達太良山、裏側は活火山領域で変化に富む山でした。
 
2012年10月20日(土) 天候 曇り後晴れ
メンバー;石田さん・遊佐さん・柳谷・植松(白鳳会)
 
5時45分柳谷が迎えに来る。石田さん・遊佐さん拾って東北道南下。福島西で降りる。
本日は檄混みのメイン(表)登山道ゴンドラリフトを敬遠し沼尻温泉スキー場から入るそうだ。
とはいいつつもここの駐車場も紅葉トップシーズンなのでマイクロバス含め結構な数の車が駐車している。
しばらく上がり振返れば磐梯山がすばらしい。。。


磐梯山
121020-adatara-01.jpg


沼平・毒ガス発生地
121020-adatara-02.jpg

 
かつてはこの沼平の真ん中に登山道が有り、登山者4人が硫化水素ガスで死亡する事故が起きている。
現在は立ち入り禁止区域となっている。
我々はこの沼平火口跡をぐるりと安達太良山頂を踏んでの周遊コース、これから歩く稜線が一望出来る。


奥のピークが安達太良山
121020-adatara-03.jpg


山頂、順番待ち
121020-adatara-04.jpg

 
周遊コースからメインコースに出ると登山者の数は物凄く、山頂は順番待ちとなる。
大方がメインゴンドラ往復か、有名な通年営業くろがね小屋(くろがね温泉)周遊コースだそうだ。
くろがね小屋との分岐を分ければ登山者は激減する。それなりに多いが。
眼下にくろがね小屋を見る。本日は当然、満員御礼だそうです。


通年営業・くろがね小屋
121020-adatara-05.jpg


奥は吾妻山
121020-adatara-06.jpg


ひときわ大きな磐梯山
121020-adatara-07.jpg

 
這い松帯の緩やかな稜線を磐梯山見ながら行くと、やがて登山道は谷間に下りていく。
胎内岩の下りでは胎内くぐり=登山道が楽しめる。


胎内くぐり・登山道である
121020-adatara-08.jpg


紅葉1
121020-adatara-09.jpg


ナナカマド
121020-adatara-10.jpg


沼尻温泉源泉・湯の花採取場跡
 

無題3333.png
紅葉黄葉2
121020-adatara-12.jpg


白糸の滝
121020-adatara-13.jpg

 
今回のこの素晴しいコースのプロデュースは遊佐さん。
帰りはあの田部井さんが経営する沼尻温泉のロッジで入浴。500円
あの湯の花採取場から源泉を引いているのだ。源泉はチョー熱く危険。
味はチョー酢っぽいです。



沼尻温泉
 
無題33333333333333333333.png

田部井さん経営ロッジ
121020-adatara-15.jpg


東北さいこー!
みちのくさいこー!
 
植松一好

大朝日岳

ついに憧れの大朝日岳登ってきました。
 
2012年10月6,7日(土日) 天候 雲り後晴れ
メンバー;高根さん・柳谷・植松(白鳳会)
 
朝4時迎えに来る。
山形自動車道・月山ICで降りる。日暮れ小屋に車を置く。
人気が高い山ゆえ駐車している数も凄く、次々と車が上ってくるのだ。
本日は清太岩山の見晴らしのいい尾根を行き、宿泊先は竜門山非難小屋だそうだ。


竜門山
121006-daiasahi-01.jpg


竜門山手前の稜線を行く
121006-daiasahi-02.jpg


竜門山非難小屋
121006-daiasahi-03.jpg

 
この小屋、普段は無人だが、この連休は大勢の登山客が押し寄せる為、管理人が入る。
一泊1500円取られる。早く小屋に着いたので2階のよい場所をキープできた。
天候もあまりよくないので、午後からは小屋の前で紅葉見ながら宴会となる。


小屋の前で宴会
121006-daiasahi-04.jpg


夜7時には就寝。
 
ゆうべは雨が降ったようだ。夜が明けると晴れてきた。
予定通り、朝日岳を目指す。


朝日連峰の主稜線を行く
121006-daiasahi-05.jpg


手前西朝日岳・奥が大朝日岳
121006-daiasahi-06.jpg


7月に登った祝瓶山
121006-daiasahi-07.jpg


7月に登った祝瓶山の鋭利な姿見える。
この山も朝日連峰の一角でもある。
 

大朝日岳
121006-daiasahi-08.jpg


ついに山頂
121006-daiasahi-09.jpg


午前10時ついに山頂、高根さん、柳谷と握手。
標高は茅ヶ岳とあまり変わらないが、まるで南アルプスを歩いているようだ。
 
 

昨日歩いてきた清太岩尾根
121006-daiasahi-10.jpg

 
15:30日暮れ小屋着
帰りは大井沢温泉300円に入って来た。
風呂の後は2度目になるが<といや食堂>山形名物の冷たい肉そば食べて仙台には19:00戻った。
 
東北さいこー
みちのくさいこー
 
植松一好

甑岳(こしき)=東北百名山

今週も始発の地下鉄に乗り北仙台駅で仙山線に乗換、羽前千歳駅で奥羽本線に乗換えて山形は村山駅に降り立った。
 
2012年9月29日(土) 天候 晴れ 植松単独(白鳳会)

 
村山駅を東へ街中を抜けて甑岳登山となる。
登山口の駐車場には車はなく本日は俺のみか。
500m上がったところで稜線に出た。かぜが心地よい。
12時、山頂広場に着いた。山頂はここから5分のところにあるが、眺望はない。


稜線から甑岳
120929-koshiki-01.jpg


稜線から村山盆地
120929-koshiki-02.jpg


甑岳山頂広場
120929-koshiki-03.jpg

 
下山は違うルートを下った。
しかし、このルート、チョー藪で、さすがの俺でも熊と遭遇したら・・・
なんといってもここは東北、里山にしょっちゅう熊が出るという。
鈴でも買いますか。
明るい下山口に着いた。


下山口から甑岳
120929-koshiki-04.jpg

 
稲刈りが終わっているところが多いが、山梨で言う牛掛け(稲干し)が違うのだ。
まるで人間が蓑をかぶっているようで面白い。


ところ変わればやり方も変わる
120929-koshiki-05.jpg

 
1016mと低い山ですが独立峰として市民には人気があるようだ。
知らない街、知らない農村を歩く、また新たな楽しみが増えた。
JR 15:54分村山発で、仙台には18時過ぎには戻った。


 
植松一好

Home> 東北の山: 2012年10月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top