Home> 東北の山: 2013年4月アーカイブ

東北の山: 2013年4月アーカイブ

蔵王連峰・不忘山

4月6日(土)に単独で不忘山に出かけたが風雨強く引き返した。

2013年4月20日(土) 天候 晴れ後曇り 植松単独

シーズン終った白石スキー場に駐車。
宮城・仙台ナンバーが数台止まっている。先行がいる模様。
今回もスノーシュー・アイゼン・ピッケル待っていく。
1時間歩いた所で先行に追いついた。
白石工業高校山岳部だそうで。先週は面白山で仙台三桜高校。
不忘山頂付近では白石高校山岳部にも遭遇。
山岳部がお盛んのようです。


白石工業高校山岳部
20130420-Wasurezu-01.JPG


森林限界を越える辺りからは霧氷が素晴しい。
3月に登った青麻山が下に見える。


3月に登った青麻山
20130420-Wasurezu-02.JPG


不忘山の霧氷
20130420-Wasurezu-03.jpg


安達太良・吾妻連峰方面
20130420-Wasurezu-04.JPG


不忘山山頂
20130420-Wasurezu-05.JPG


とても標高1,705mの山とは思えない高度感である。

不忘山頂上より少し下った所に<不忘の碑>がある。
1945年3月に視界不良?B29が3機墜落34名の犠牲者が出たそうです。
僕の余り少ない知識では確かB29は上空7,000m以上を飛行でゼロ戦や紫電改ではそこまで上がれない。
ましてや優秀なパイロットに当時のハイテク高性能、またなんで3機も1,700mの不忘山に落ちたのだろうか???
落ちた事は事実のようですが・・・


不忘の碑
20130420-Wasurezu-06.JPG


2時半に下山しました。


里から不忘山
20130420-Wasurezu-07.JPG


こちら宮城も田んぼに水が入るような季節となりました。


不忘温泉
20130420-Wasurezu-08.JPG


不忘温泉45℃
20130420-Wasurezu-09.JPG


帰りに不忘温泉300円、露天風呂のみでカランもありません。
熱く気持ちのよい風呂でした。
蔵王連峰はとても大きいです。
不忘はその南端に位置する山でした。

東北さいこー
みちのくさいこー


植松一好

七つの森・4、5座目

4月14日(日) 天候 晴れ 植松単独

朝から気持ちよく天気がいいので洗濯と布団干し。
一番近所の有名な七つの森に出かけた。
駐車場は満杯。とりあえず今日は14時頃アパートに戻りたい。やれるだけやる。
去年4月に最高峰笹倉山。6月に松倉山・撫倉山、後4座。
登山道は縦横無尽、何人とすれ違うか数えてみました。
同一方向は数えません。59名でした。


大倉山
20130414-7forest-01.JPG


蜂倉山
20130414-7forest-02.JPG


2座残して下山。
カタクリ・イワウチワ・イワカガミと満開でした。
また来ます。


七ツ森1
20130414-7forest-03.jpg


この写真は昨年の11月に大和町から撮影。
背後の泉ヶ岳の山々が雲の中で七つの森がハッキリと認識できる。


七ツ森2
20130414-7forest-04.jpg


これも田植えの時期で携帯から撮影。
気に入っている写真です。
童話に出てくるような山ですよね。


植松一好

積雪期の面白山

2013年4月13日(土) 天候 晴れ 植松単独

以前より積雪期の面白山に行きたいと感じていた。
始発の仙山線に乗り面白高原駅で下車、無人駅のプラットホームは凍結しているのだ。
あやうく転倒しそうになった。
当然ですが、だれもいません。

週末の寒波にて新雪である。高度を稼いでいくと新雪は15cmほど。
新雪の下は自然圧雪されていてアイゼン・ピッケル・スノーシューを持ってきたが必要は感じなかった。
10:40分山頂着。最高な景色が広がっていた。


面白山頂と船形連峰
20130414-Omo46-01.JPG


村山盆地と月山方面
20130414-Omo46-02.JPG


手前中面白山、奥は大東岳
20130414-Omo46-03.JPG


と、幻聴がする・・・女の子の声、空耳だ。気にしない・・・
風に流れて、今度はハッキリと・・・
人だ。登山者が上がって来るのだ。
なんと!高校のワンダーフォーゲル部、引率の先生が「トレースありがとうございました!」
引率先生2名、生徒男女合わせて10名ほど。仙台三桜高校だそうで。
山頂は一挙に賑やかになった。

下山は天童方面へ、ここも当然トレース無し。
三沢山より面白山を振返る。


三沢山から面白山
20130414-Omo46-04.JPG


14時の電車で帰仙しました。

東北は残雪期が長いのでこれから楽しみですね。


植松一好

栗駒山・東北百名山

面白山にアイゼン・ピッケルで行こうとしたら高根さんから栗駒山の誘いがあった。
栗駒山はとても有名な山、是非と言う事となった。

2013年3月30日(土) 天候 吹雪後晴れ
メンバー;高根さん(面白山BCクラブ)植松(白鳳会)

栗駒山、深田久弥百名山で、かなり選考に迷ったそうだ。
東北道からも見えるどっしりと大きく独立峰でもある。

朝6時、高根さんが迎えに来る。
若柳金成ICで降りる。イワカガミ平までは除雪の真っ最中である。
駐車場からシール登高となる。山頂は雲の中、風が強く軽い吹雪である。
もうシールがきかないくらいカリカリ雪面である。
つぼ足で行こうと思っていたらそこが山頂だった。
標高1,627m


栗駒山頂・まだ厳冬期です
20130330-Kurikoma-01.JPG


シールはずして滑降、カリカリ斜面は疲れます。
次々と登山者が登ってきます。やはり人気の高い山。


栗駒山頂を振返る
20130330-Kurikoma-02.JPG


中間部より下は快適な雪質でした。


高根隊長
20130330-Kurikoma-03.JPG
 


栗駒町から栗駒山
20130330-Kurikoma-04.JPG

 
栗駒山は温泉でも有名ですが、岩手内陸地震でほぼ壊滅状態です。
有名な須川温泉は健在ですが、この時期は雪の中です。
仙台に戻り、最近よく行く滝の原温泉に行って来ました。

高根隊長、ありがとうございました。

春になり、えみしの旅はこれからです。わくわくします。
東北さいこ―!
みちのくさいこ―!


植松一好

Home> 東北の山: 2013年4月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top