Home> 東北の山: 2013年11月アーカイブ

東北の山: 2013年11月アーカイブ

黒伏山・東北百名山

東北唯一と言ってもいいマルチピッチ大岩壁。黒伏南壁。
高さ300m、幅800mあるという。
どの山からもストンと切れ落ちた山容は目立つのだ。
ようやくお見えする機会が訪れた。

2013年11月9日(土) 天候 無風快晴 植松単独
 

黒伏山南壁
20131109-Kuro-01.JPG


黒伏スキー場に駐車、福島ナンバー団体登山者が準備している。
こちらも準備して出かける。一旦、沢に降りるが、先ほどの福島の団体が引返してくるのだ。
聞けば、沢に橋が掛かっていないとのこと。渡渉は?と聞けば、無理だね、か、やだね 見たいな事言ってすれ違った。
確かに橋は無い。痕跡形跡はあるのだけれど。沢身に降りる。早朝より渡渉である。
気持ちがいいほどしびれる冷たさだ。


いきなり渡渉
20131109-Kuro-02.JPG


という事は、黒伏周遊登山なので、帰りもここを渡渉だ。
帰りはほてった足には気持ちがいいのだろう。

しばらくは黒伏南壁の下を歩くが、雑木林にて壁は見えない。
クライマーのコールが聞こえる。聞くところによると、フリークライミングゲレンデは多くの混み合いを見せているが、
ここマルチピッチのアルパイン壁は全国と同じよう寂れるばかりだそうだ。

登山道は南壁の裏からいきなり急登となり、いきなり南壁上部、稜線に出る。


舟形山遠望
20131109-Kuro-03.JPG


舟形山も雪を被った。もうすぐ長い冬がやってくる。


黒伏山山頂
20131109-Kuro-04.JPG


黒伏山頂は眺望は無い。
次は白森へ。
黒伏より40mほど高い。


白森山
20131109-Kuro-05.JPG


白森山山頂
20131109-Kuro-06.JPG


白森山頂で登山中始めて人にあった。食事中であった。山頂の眺めは凄い!
ここで食事にする。白石から来たと言う御仁たちは既に日本百名山・東北百名山完登との事。
いろんな山の話をしてくれた。


根雪となる月山
20131109-Kuro-07.JPG


楽しかった白森山頂を後にする。


遠くは蔵王連峰・左下はジャングルジャングルスキー場
20131109-Kuro-08.JPG


歩いてきた山々・奥は朝日連峰
20131109-Kuro-09.JPG


左から黒伏山1,227m 白森山 1,263m 銭山 1,237m 今立っているのが福禄山 1,211m
黒伏山周遊登山となる。スタートとした渡渉地点に戻った。
やはり、ほてった足には沢水が気持ちいい。


ゴール
20131109-Kuro-10.JPG


秋ももう終わりである。

黒伏南壁か・・・


植松一好

北泉ヶ岳・桑沼

2013年11月3日(日) 天候 曇り後晴れ
メンバー;植松単独

8月の24日に桑沼より舟形山に登った。
泉ヶ岳より船形山に至る登山道をつなげたい。
また、北泉ヶ岳も未踏である。長大な長倉尾根をつなぐべく。

8時、泉表登山道から上がる、泉ヶ岳を越え北泉ヶ岳へ


左から後白髪山・三峰山・奥が舟形山・手前は北泉ヶ岳
20131102-NIzumi-01.JPG


登山者多く、みんな昨日の試合を残念がっている。
眠れるジャイアンツ打線を起こしてしまったと嘆いている人もいる。
みんな早くも負けモードなのだ。
俺ももうどうでもいいかな?

そんな中、1人の若者が、
「いいえ!美馬!則本!9回で田中が投げて、圧勝しますよ!」
帰って見れば、その通りなのだ!今一度、発言した彼に会いたいね。感謝!


桑沼1
20131102-NIzumi-02.JPG


桑沼2
20131102-NIzumi-03.JPG


桑沼3
20131102-NIzumi-04.JPG


桑沼4
20131102-NIzumi-05.JPG


本晩は美酒に酔いしれたのは言うまでもない。
こんな事あるんだね。もう二度と見れないと思うが。

東北万歳!楽天ありがとう!


植松一好

泥湯三山・高松岳・東北百名山

この土日は、天候も安定していて、泊まりで出かけるつもりだった。
しかし、楽天が巨人に対して王手を賭けてしまった!こんな愉快な事は無い。
しかも本日は田中が投げる。
日帰り二日とした。

2013年11月2日(土) 天候 快晴
メンバー;柳谷・植松

霜がバリバリである。また長い冬がやってくる。
柳谷家5時半着。下道を秋田県は泥湯温泉目指す。
早朝、湯浜峠より栗駒山。


栗駒山
20131102-Doro-01.JPG


早朝の泥湯温泉
20131102-Doro-02.JPG


8時出発、1時間半も上がれば潅木帯、今週も鳥海山が素晴しい!


鳥海山
20131102-Doro-03.JPG


反対に目を移せば、泥湯三山最高峰の高松岳。
頂上の建物は無人非難小屋。


高松岳
20131102-Doro-04.JPG


気持ちのいい稜線歩きが続く。
神室山地の向こうに月山が見えた。


神室山地・奥は月山
20131102-Doro-05.JPG


ナナカマドと高松岳
20131102-Doro-06.JPG


縦走路の向こうに栗駒山
20131102-Doro-07.JPG


泥湯三山は泥湯温泉を基点に時計回りで回った。
小安岳 1,301m⇒主峰高松岳 1,348m⇒山伏岳 1,315m
下山は川原毛地獄>日本三大霊場のひとつに出た。
この川原毛地獄の他は、恐山と立山だそうです。様は観光地。


川原毛地獄
20131102-Doro-08.JPG


泥湯温泉郷に戻ってきました。
泥湯温泉=色が泥色でした。匂いはきつくないです。500円


泥湯温泉郷
20131102-Doro-09.JPG


さて、日本シリーズ、田中を持ってしても負けてしまいました。クー残念!



植松一好

鬼面山・野地温泉

今回の山行目的は、安達太良山塊で一番標高が高い箕輪山1,728mの予定。

2013年10月27日(日) 天候 雨後晴れ
メンバー;高根さん・稲葉さん・柳谷・植松

昨日は、面白山BCクラブの柳谷が大和町に一軒家を購入したので、
七つの森眺めながらBBQをして、夜は日本シリーズ、打倒巨人でもりあがった。
しかし、試合は負けてしまったが・・・

東北道南下、吾妻スカイラインを行き野地温泉着。
西高東低で雨だが、登山距離もあまり無いので登る事にする。
しかし、鬼面山の森林限界まで来ると風も加わり、あっさりと、温泉・温泉モードとなる。


雨の鬼面山
20131027-Kimen-01.JPG


鬼面山を振返る
20131027-Kimen-02.JPG


鬼面山より吾妻山
20131027-Kimen-03.JPG


野地温泉
20131027-Kimen-04.JPG


野地温泉露天風呂・入浴は稲葉さん
20131027-Kimen-05.JPG


吾妻山紅葉1
20131027-Kimen-06.JPG


吾妻山紅葉2
20131027-Kimen-07.JPG


午後は吾妻スカイラインで紅葉を楽しんで帰仙した。
仙台では高根さんと柳谷が山スキーお店に連れて行ってくれました。
購入を決めました。



植松一好

Home> 東北の山: 2013年11月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top