Home> 東北の山: 2014年3月アーカイブ

東北の山: 2014年3月アーカイブ

アララギ(蘭)山・完結

天気がよさそうなので、再びアララギを訪れた。

2014年3月15日(土) 天候 晴れ後吹雪後曇り 植松単独+

8時、除雪スペースに到着。既に1台駐車あり。
山支度をしていると、車から御仁様が降りてきた。
聞けば、アララギ山に行くかどうか迷っていたとの事。
この方とは、本日、終始行動となった。

早速、スノーシューを履く。御仁様はなんとMSRなのだ。

林道終点からコルに出た。
しばらく急坂になり、植松のスノーシューでは完全にアウト。
つぼ足となる。御仁様は快適に先を行く。さすがMSR。
標高760m手前から泉ヶ岳がよく見えた。
スキー場の音も聞こえる。
このスキー場がスプリングバレー(うら)、土曜日なんかはオールナイトもやっている。

手前泉ヶ岳・奥が北泉ヶ岳
20140315-Araragi-01.JPG

アララギ最高点到着。視界は無し。
ジャンクションピークを踏んで、アララギ本峰へ。

ご一緒だった御仁
20140315-Araragi-02.JPG

標高700mでの雪庇
20140315-Araragi-03.JPG

標高700mしかないのに立派な雪庇だ。

正真正銘・アララギ山頂
20140315-Araragi-04.JPG

アララギ山頂着。昼食とする。
本格的に吹雪となった。

仙台市内と大観音
20140315-Araragi-05.JPG

途中、晴れて仙台市内が見えた。
地図をお互い確認しながら14時には車に戻った。
御仁様は仙台市役所勤務だそうです。

植松はこの後、アララギスキー場跡に行き、板を5回担いで滑りました。
ところで先週はどこを歩いたのだろうか・・・(笑)

20140315-Araragi-06.jpg


植松一好

蘭(アララギ)山

先週の日曜に高根さんがアララギスキー場跡に行こうと誘われた。
Tバーリフトの残骸がある小さなスキー場跡だ。

ほんで、この道まっすぐ行けばアララギ山に行けると言う。
アララギ=蝦夷(えみし)?興味ありで早速地図確認すると登山道は無く、冬の時期
しか行けないと思い出かけた。

2014年3月8日(土) 天候 吹雪 植松単独

9時、アララギスキー場入口に駐車。
本日はスノーシューで行く。林道からこの辺りだろうてきに山に入り。
やがて急斜面となり、スノーシューが効なくなる。つぼ足で行く。
11時半、標高760mアララギ山頂=だろう てきな・・・

アララギ山頂
20140308-Araragi-01.JPG

晴れていれば、真正面に泉ヶ岳があるはずだ。
とりあえず飯に。

冬の定番
20140308-Araragi-02.JPG

地図眺めていると、アララギのその先に790mピークありで、
吹雪の間からそれらしきピークが見え隠れする。
時間もあるので行く事とした。

山頂より先へ
20140308-Araragi-03.JPG

しばらく行くとブッシュと岩稜帯に阻まれ、この先、進むのは困難と判断。
これでは思いっきりバリエーションルートである。
楽しいーですね。わくわくしますねー

ここに行きたかった
20140308-Araragi-04.JPG

来た足跡で引返します。
途中から藪に入り、アララギスキー場跡を目指します。
急に視界が開け、アララギスキー場跡に出ました。

アララギ地図
20140308-Araragi-05.jpg

この周辺は、登山道の無い山が低いですが、沢山あります。
雪のある時期が最適と思われます。
次は、違う側面からまずはアララギを訪れましょう。
と言うのも、帰ってからよくよく地図を確認すると、地図上、678ピークに立ってい
たようだ。
まぁ、吹雪でもあったので。

帰りは、お気に入りの滝の原温泉寄って帰りました。


植松一好

北泉ヶ岳

久しぶりの頂上登山となった。

2014年3月1日(土) 天候 晴れ後曇り 植松単独

仙台では、四季を通して超メジャーな泉ヶ岳。
この泉ヶ岳にはふたつのスキー場がある。
仙台に近い方が泉ヶ岳スキー場、奥がスプリングバレースキー場。
地元では、おもてとうらで使い分けている。
本日はおもてのスキー場に車を置いて北泉ヶ岳を目指す。
ここも駐車場料金500円取られた。

登山口
20140301-N-Izumi-01.JPG

水の神様
20140301-N-Izumi-02.JPG

泉ヶ岳に水神有り。

北泉ヶ岳山頂
20140301-N-Izumi-03.JPG

登山口から3時間半かかった。
泉ヶ岳までは登山者多かったのですが、北泉ヶ岳はだれもいません。

北泉ヶ岳から泉ヶ岳
20140301-N-Izumi-04.JPG

冬の定番
20140301-N-Izumi-05.JPG

と、ラーメンすすっていたら、テレの御仁が上がって来た。
うら=つまりスプリングバレースキ―場からだそうで、リフト終点から1時間20分だそうです。

左、三峰山・右、舟形山
20140301-N-Izumi-06.JPG

桑沼
20140301-N-Izumi-07.JPG

先週、うらから歩いた桑沼がよく見えた。

今日は山頂を踏めて久々の満足感です。
ブナ林を滑って、雑木林のブッシュで格闘し3時には駐車場に戻りました。


植松一好

泉ヶ岳・桑沼

登山口は、どこも過日の大雪にて除雪などされていない。
営業スキー場に車を置いてハイクアップ。
泉ヶ岳の桑沼に行ってきた。

2014年2月22日(土) 天候 吹雪 植松単独

8時、スプリングバレースキー場着。
桑沼に向けシール歩行。途中まで林間を滑ると言うテレの御仁とご一緒する。
沢を渡ったところで彼は山の中へ。
先行は皆無であり、シール歩行でもひざラッセルである。

スキーの板見えず
20140222-Kuwa-01.JPG

北泉ヶ岳

晴れ間はこの時だけ。後は終日吹雪となる。
およそ3時間で桑沼着。
 
桑沼の看板
20140222-Kuwa-03.JPG
 
桑沼にはあずま屋があるが、そこまで行くのも億劫となり、吹雪の中、昼食とする。
 
吹雪の桑沼
20140222-Kuwa-04.JPG
 
冬の定番1
20140222-Kuwa-05.JPG

冬の定番2
20140222-Kuwa-06.JPG

14:40分にはスキー場に戻りました。
早い時間だったので、リフト券1回券購入し、スキー場を滑ろうと思っていたが、
リフトは長蛇の列だったのであきらめました。
おまけに駐車場出口で駐車料金500円とられました。痛恨!

帰りは以前から行きたかった、明日の湯温泉に寄ってきました。
人気のある温泉のようで、結構混んでいました。
名前がいいですね。明日の湯温泉500円。

明日の湯温泉
20140222-Kuwa-07.jpg

よかったら2013年11月3日の桑沼の報告をどうぞ。


植松一好

八幡平温泉郷・朋友会合宿

高根さんから、朋友会の山スキー合宿に空きが出たので行かないかと誘われた。
場所は八幡平。はいはい、喜んで参加となった。
朋友会の計画書では << 八幡平・テレマーク合宿 >>
八幡平下倉スキー場をベースに、岩手山の衛星峰、下倉山・中倉山・上倉山・源太岳など、
歩行と林間滑りの合宿だそうだ。
天候悪い場合はスキー場内滑降、だそうです。

2014年2月15,16日(土日) 天候 雪後曇り晴れ

メンバー;高根さん・鈴木さん・餘目さん・藤井さん・稲葉さん・高橋さん(朋友会)植松(白鳳会)

5時45分、ファミマに迎えが来る。高根さん達とは東北道は長者ヶ原SAで待ち合わせ。
東北道は順調で8時過ぎには宿泊ホテルに着いた。
宿泊先は八幡平温泉郷のライジングサンホテル
なんと!1泊2食付き+土曜日1日リフト券付きで¥11,300円
ありがたいことです。
と、言うことで、その日は天候悪く、終始、下倉スキー場にてでした。
4時過ぎには宴会モ―ド突入!夜は八幡平リゾートスキー場大花火大会。得した気分です。
山梨は大変な事になっていますが・・・

フェステバル1
20140215-8MAN-01.JPG

フェステバル2
20140215-8MAN-02.JPG

朝ぶろ・稲葉さん
20140215-8MAN-03.jpg

翌日も天気悪く、スキー場滑降組と下倉山ハイクアップ組に分かれた。
もちろん、植松はハイクアップ組である。
高根さん、鈴木さん、植松です。
2時間汗かいて、下倉山です。

ハイクアップ
20140215-8MAN-04.JPG

鈴木さん
20140215-8MAN-05.JPG

鈴木さんは、おととしの12月に八甲田にご一緒された方です。

60代3名、50代4名の構成。
60代の3名の元気さには驚きでした。
午後3時過ぎには帰仙しました。
仙台も大雪で、東北道も仙台南ICから南は通行止めです。

お疲れ様でした。
朋友会の皆様、ありがとうございましたーーー


植松一好

Home> 東北の山: 2014年3月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top