Home> 東北の山: 2014年5月アーカイブ

東北の山: 2014年5月アーカイブ

栗駒山3度目

10日土曜日、高根さん、柳谷と栗駒に出かけた。
低気圧が抜けきれず、イワカガミ平駐車場は風雨である。
明日出直す事にして、本日の夕方、寝袋持参で高根さん家集合となった。
ハニーさんこと、羽生さんも来た。ベランダでの水耕栽培レタスはおいしかった!
興味津々・・・俺も始めようかなぁ・・・

2014年5月11日(日) 天候 無風快晴
メンバー;柳谷・植松(白鳳会)

田植えの季節である。
栗駒山がまぶしい。。。

20140511-KuriKoma-01.JPG

この栗駒山、何度も言うが、なんで百名山から漏れたのだろう・・・

イワカガミ平駐車場からシール着けてハイクアップ。

20140511-KuriKoma-02.JPG

20140511-KuriKoma-03.JPG

山頂より遠くは月山
20140511-KuriKoma-04.JPG

春の定番
20140511-KuriKoma-05.JPG

20140511-KuriKoma-06.JPG

板を脱ぐのは一箇所だけ
20140511-KuriKoma-07.JPG

2時には駐車場に着きました。

新湯温泉・くりこま荘
20140511-KuriKoma-08.jpg

帰りは新湯温泉くりこま荘、500円に寄ってきました。
露天風呂からの新緑がもの凄く綺麗でした。

また行きましょう。


植松一好

下北半島・吹越烏帽子岳・縫道石山・大尽山=東北百名山

GWだ。
昨年は4日間で下北半島にある東北百名山三山を登る予定で出かけた。
しかし、毎日毎日雨、宿泊はどこかの軒下にテントで対応した。
折角の下北、とりあえずは観光めぐり、以前から行きたかった大間崎・尻屋崎、とにかく下北は大きいのだ。
また、温泉も無数にあり、何と言っても海の幸が安くおいしいのだ。

今年こそ目的を達成したい。       

『下北半島・吹越烏帽子岳・縫道石山・大尽山=東北百名山』

2014年5月2日(金) 天候 風強く曇り 植松単独

東北自動車道は八戸を目指す。下北に入り、まずは吹越烏帽子岳だ。
昨年、登山口を確認出来ているのでスムーズに着いた。
下界は晴れているが、山頂はガスのようだ。
1時間ほどで山頂に着いた。

吹越烏帽子山頂
20140502-Shimokita-01.JPG

登山道から太平洋
20140502-Shimokita-02.JPG

シロバナエンレイソウ
20140502-Shimokita-03.JPG

明神平部落から吹越烏帽子岳
20140502-Shimokita-04.JPG
 
早くも一座を攻略。まだ十分明るいのでよこはま温泉に行く。
料金は350円、熱く気持ちのいい湯でした。
 
むつの町に入り、昨年も結構お世話になった、マエダストアーで買出し。
海岸線の人の来そうも無い場所で幕営する。


2014年5月3日(土) 天候 晴れ
 
早く寝てしまうので朝も早い。
毎晩、こんなところ探して幕営です。
 
幕営の様子
20140502-Shimokita-05.JPG
 
今日は、天気がいいので残り二山を攻略予定。
そして、スキー板持ってきているので、残り二日は八甲田に入りたい。

まずは、縫道石山。
川内方面から入る。縫道石山入口の看板を見つけ県道から外れると、狭いダート道で登山口まで7Kmとある。
このダートで7Kmはきついと思っていたらいきなり立派な2車線道に出、登山口まではあっと言う間だった。
今日もだれもいない。登山口には熊よけ鈴の無料貸出しがある。

無料、熊よけ鈴
20140502-Shimokita-06.JPG

中を開けたら、みんな持って帰っちゃうようで何にも無かった・・・???

見晴らしに出た。
素晴しい岩峰である。登攀ルートはあるのだろうか。

見晴らしから見る縫道石山
20140502-Shimokita-07.JPG

山頂から津軽海峡方面
20140502-Shimokita-08.JPG

あっさりと二座目も終了。10時には駐車場に戻った。
大尽山も本日中に何とかしたい。
しかし、しかし、そうは問屋が降ろしてくんない。

コンビ二で昼食を買って、角違部落から大川目林道から入る。
こちらは物凄いダートの上、とうとうハリアでもスタック。
脱出に少々手間がかかり、やはり正攻法の恐山から、翌日に延期とあきらめた。
で、時間が出来たので湯野原温泉に行く事にした。

湯野原温泉・濃々園
20140502-Shimokita-09.jpg

濃々園露天風呂からの渓流
20140502-Shimokita-10.jpg

濃々園=じゅうじゅうと読みます。
こちらも350円、露天風呂からの渓流の景色が気持ちよいです。
今日は川内町のマエダストアーで買出し、違う海岸で明るいうちから海みながら・・・こういう時間、大切ですよね。


2014年5月4日(日) 天候 風強く晴れ

さて、ラスト。大尽山である。
まずは恐山に向かう。
恐山は、ご存知の様、一大観光地である。

恐山入口
20140502-Shimokita-11.JPG

恐山入口より大尽山を望む
20140502-Shimokita-12.JPG

ここより湖の左側を歩き登山となる。
湖畔は水芭蕉だらけである。

水芭蕉だらけである
20140502-Shimokita-13.JPG

登山道に入れば、残雪多く、ルーファイに難儀する。
面倒なので直登する。久々の藪こぎだ。深い笹を漕いで行くと登山道にひょっこりと出た。
時計の標高は600m、後200mなのだ。
 
山頂の稜線に出た
20140502-Shimokita-14.JPG

今日もだれも居ない。
山頂から宇曽利湖がまぶしい。

山頂から宇曽利湖と恐山園地を望む
20140502-Shimokita-15.JPG

湖の左端の白い砂浜があるところが恐山園地です。
下山は登山道を下りて、14時に駐車場に戻った。
恐山は一大観光地で人が凄いです。
2年前に行っているのでまったく興味ないです。

今日も早い時間に風呂に行けます。
むつ矢立温泉、420円、ここもレトロ感たっぷりで終始演歌が流れ、
お湯が物凄い熱く、みんな浴場の床で寝ています。木の枕があるので>気持ちよく寝れましたー

今日もむつ市街のマエダで買出し、また違う海岸で海みながら・・・たまらんです。


2014年5月5日(月) 天候 曇り後雨
 
ラジオでは天候がよくないとの事、高速使わず4号線をのんびりと帰仙します。
16時ごろには平泉まで南下、平泉温泉、500円に寄って、19時に仙台泉に帰ってきました。
 
下北半島は、もう自分の意思では訪れないと思います。感謝!
 
来年は津軽半島と八甲田を目指そうか・・・


植松一好

Home> 東北の山: 2014年5月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top