Home> 東北の山: 2014年9月アーカイブ

東北の山: 2014年9月アーカイブ

<東北百名山・杢蔵山・翁山>

2014年9月20日(土) 天候 晴れ 植松単独

鳴子温泉を超え、山形は新庄盆地に入る。

山屋方面の杢蔵山登山口はすぐにわかり、物凄い悪路を行けるところまで行く。

大きなコーナの所に広い駐車スペース有りで駐車する。

1時間ほど歩けば、目指す杢蔵山が見えてきた。

杢蔵山と杢蔵山荘(無人).jpg

<杢蔵山と杢蔵山荘(無人)

山頂へのやせ尾根.jpg

<山頂へのやせ尾根>

杢蔵山山頂.jpg

<杢蔵山山頂>

山頂へ9時40分着。

この調子では、本日、2座獲得できそう。

急ぎ下山する。

山荘から新庄盆地.jpg

<山荘から新庄盆地>

11時、車着。

13時、翁山登山口着。ここもかなりの悪路だった。

急ぎ、ラーメンを食べる。

ブナ林を一気に上がれば翁山山頂だ。14時20分。

360度のパノラマだ。

神室山地主峰小又山.jpg

<神室山地主峰小又山>

目の前に神室山地、一番高いのは小又山。

左のピークは火打岳。

今朝、登った杢蔵山も見える。後ろは鳥海山だ。

杢蔵山と鳥海山.jpg

<杢蔵山と鳥海山>

そして、村山盆地の向こうに。

村山葉山と月山.jpg

<村山葉山と月山>

下山口に翁伝説の看板が、

翁山伝説.jpg

<翁伝説>

残念ながら出会う事は無かったです・・・あっ俺か・・・

翁山と棚田.jpg

<翁山と棚田>

実りの秋です。日本の美しい風景ですね。

帰りは、瀬見温泉や赤倉温泉等、未だ行っていない温泉が通り沿いあるのですが、

中山平温泉はしんとろの湯、ほんとうにトロトロです。2回目。

ここを楽しみにしていたので。

東北百名山57座となりました。

植松一好

<森吉山・桃洞沢遡行~赤水沢下降>

2014年9月14日(日) 天候 晴れ

メンバー;高根・三浦・橋本(朋友会)植松(白鳳会)

朋友会のみなさんより沢登りに誘われました。

登りも降りも一枚岩の滑滝の連続で楽しい沢でした。

13日(土)昼過ぎから出かけた。東北道は十和田IC降り、森吉山のキャンプ場には5時過ぎ到着。

高速降りても下道2時間は掛かるのです。東北は大きい。快適なキャンプ場に快適なテントで大宴会。

キャンプ場は、管理人もいて、設備も整っていますが、なぜかただなのです。感謝。

快適テント.jpg

<快適テント>

翌日、早朝より入渓。1時間ほどで有名な桃洞滝(トウド)に出会います。

この滝、やばくないですか???見れば見るほどやばい・・・

この滝、やばい!.jpg

<この滝、やばい!>

この滝は左岸を直登できます。

トウド沢を行きます。

トウド沢遡行.jpg

<トウド沢遡行>

ミッキーマウス淵.jpg

<ミッキーマウス淵>

探し物は何ですか?金の斧ですか?.jpg

<探し物は何ですか?金の斧ですか・・・>

こんな淵が沢山あって、楽しい沢です。

ロープは使いませんでした。

そして尾根(峠)を越えれば、今度は赤水沢を下降します。

この沢もずっと一枚岩、つまり川原など無く、すべて滑です。

懸垂は4回ほど.jpg

<懸垂は4回ほど>

赤水沢1.jpg

<赤水沢1>

赤水沢2.jpg

<赤水沢2>

赤水沢3.jpg

<赤水沢3>

かなり人気のある沢で、大滝には懸垂下降用の残置支点がすべてあります。

また、魚影も凄いです。

14時には駐車場に戻り、帰仙したのは20時過ぎでした。

高根さん、お誘い、ありがとうございました。

山梨から持っていったわらじ、ほぼ使い切りました。

来シーズンは渓流シューズを購入します。

植松一好

<六角牛山・東北百名山>

2014年8月30日(土) 天候 曇りのち雨 植松単独

 

東北自動車道を北上江釣子ICで降りて、遠野市まで下道で行く。

六角牛神社からダート道10分ほどで登山口である。

<登山口から六角牛山>

登山口から六角牛山.jpg

<山頂>

六角牛山山頂.jpg

山頂に着いた時には、眼下に遠野の街が見えていたが、ラーメン食っていたらガスが湧き、視界は無くなり雨も降って来た。着いた時に写真を撮っておけばよかった。

下山中、汽笛が聞こえた、空耳かと疑ったが、蒸気機関車の音だ。帰りに東和温泉に寄ってわかった。日に一本、4月から走っているそうだ。機会があれば乗ってみたいね。

東北百名山55座目となりました。

植松一好

<東北百名山・真昼岳・女神山>

2014年8月2日(土) 天候 曇り後晴れ 植松単独

毎週、岩手通いが続いている。

今回は秋田自動車道に入り、湯田ICで降りた。

湯田から真昼温泉、ダートな林道を奥へ進むと真昼岳登山口があった。

標高は400mほど。ここから800m上の稜線までブナ林を登る。

真昼岳と女神山の分岐、兎平に出た。

<夏の定番>

夏の定番.jpg

<本日、両山制覇予定>

本日両山制覇予定.jpg

天候は悪いが、よくなるだろう的にまずは真昼岳目指す。

途中、強い日差しが現れる。蛇がやたらといる。

たぶん、連日の雨で太陽が恋しいのだろう。

天日干し最中にすまん。

真昼岳山頂着標高1059m、豪雪地帯なので低山潅木帯、天気よければ景色がいいのだ
ろう。

山頂には非難小屋と思ったら真昼神社でした。

<真昼岳山頂>

真昼岳山頂.jpg

<真昼岳を振返る>

真昼岳を振り返る.jpg

<真昼岳から女神山>

真昼岳から女神岳.jpg

兎平に戻った。11時半。物凄く暑く、このまま下山したい気分にかられる。

後1座、女神山目指す。この間も蛇にやたらと遭遇する。

<兎平から真昼岳>

兎平から真昼岳.jpg

<兎平から女神山>

兎平から女神山.jpg

13時、女神山着。

<女神山>

女神山.jpg

15時半、車に戻った。

稜線上の花々。

<タカネナデシコ>

タカネナデシコ.jpg

<ハクサンフウロ>

ハクサンフウロ.jpg

<オニユリ>

ヤマユリ.jpg

帰りは、真昼温泉300円寄って帰仙しました。

<真昼温泉1>

真昼温泉1.jpg

<真昼温泉2>

真昼温泉2.jpg

東北百名山、53座となりました。

次は、焼石岳に行きたい。

植松一好

<東北百名山・安家森・七時雨山>

2014年7月26日(土) 天候 晴れ後曇り 植松単独

毎週、岩手通いが続いている。

岩手は四国4県と同等面積、隣の県でも遠いのである。

滝沢ICを下り、国道4号線から国道281号線を行く。袖山高原、安家森登山口に8時前に着いた。

<安家森>

安家森.jpg

山紫陽花咲き誇る、森林帯を抜ければ、いきなり安家森が現れる。

<放牧場から安家森>

放牧場から安家森.jpg

<安家森山頂から放牧場>

安家森山頂から放牧場.jpg

<左端は赤ベコ・食牛>

左端は赤ベコ・食牛.jpg

柵の横に年のいった、ペーターがいた。秋には食牛となるそうです。10時には駐車場に戻った。

舞台は、七時雨山へ。

国道4号線に戻って北へ向かう、奥中山高原駅から田代平高原目指す。

11時半、七時雨登山口到着。

盛岡より北に来ると酪農地帯が多いですね。

<田代平高原から七時雨山>

田代平高原から七時雨山.jpg

ここも放牧地帯、牛の糞に要注意。一時間半ほどで七時雨山北峰山頂である。この山は双児峰で、南峰の方が3m高いのである。

もう一汗!

<北峰より南峰を見る>

北峰より南峰を見る.jpg

<南峰より岩手山方面>

南峰より岩手山方面.jpg

<南峰より北峰を見る>

南峰より北峰を見る.jpg

この季節は、山紫陽花が綺麗である。

<山紫陽花>

山紫陽花.jpg

帰りは、七時雨温泉440円に寄って帰仙しました。

 

東北百名山51座となりました。

植松一好

東北百名山・氷上山

東北自動車道は、若柳金成ICで降り、北上山地越えで陸前高田に入る。
玉の湯温泉が登山口である。しかし、登山口は雑草が刈り込みされて折らず、
ひとつ上の林道より入る。沢沿いから尾根上に出、しばらくで三陸海岸が見渡せた。
震災で有名な一本松の高田松原も確認できる。


氷上山から広田湾
氷上山から広田湾.JPG

有名な高田の松原・悲惨・・・
有名な高田の松原・悲惨・・・.JPG

広田半島
広田半島.JPG

広田半島の先端に、本日行く予定の黒崎仙峡温泉がある。
山頂へ急ぐ。山頂からは目の前に五葉山。1年半前に登っているのだ。

山頂から五葉山
山頂から五葉山.JPG

来た道を引返し、高田松原に向かう。

2年前に通過した時と変わらず・・・
2年前に通過した時と変わらず・・・.JPG

震災モニュメントにでもするのだろうか・・・

高田松原から氷上山
高田松原から氷上山.JPG

時間もあるので、黒崎仙峡温泉に向かう。
温泉から太平洋が一望出来、気持ちがいい。
しかし、海は残酷でもある・・・

温泉から太平洋
温泉から太平洋.JPG

ここにも沢山の人々の営みがあったはずだ・・・

震災
震災.jpg

帰り道は国道45号を南下、小泉海岸、大谷海岸、むかしむかしサーフィンに来たっけ。
どこも小さいながら夏祭りをしている。
復興万歳、まだまだだけれど と ただただ頭が下がる。

東北百名山、54座目、年齢と同時となった。


植松一好

秋田焼山=東北百名山・八幡平=日本百名山

台風一過を狙い、先週の岩手山に続き八幡平を訪れた。

言わずと知れた八幡平は、駐車場から30分で山頂に立てる。

ついでとは失礼ですが、その西方にある焼山>秋田焼山を登って八幡平に行ってき
た。

2014年7月12日(土) 天候 雨後曇り時々晴れ 植松単独


早朝、4時20分、GSにて給油していると、凄い揺れを感じた。

最近、このみちのくの地は地震が多発しているのだ。

焼山>言わずと知れているのは越後焼山。

に対して、秋田焼山と呼んでいるそうな・・・

秋田焼山山頂.jpg

<秋田焼山山頂>

いきなりの三角点山頂の写真でごめんなさい。

ここまでの2時間半はずっと雨でした。

と、地図上は山頂までの登山道は無いのですが、刈り払いされていて、思いもよらな
かった山頂踏めて感謝です。

標高、1,366m

そして、いきなり雲が取り払われて景色が一巡しました。

焼山火山湖.jpg

<焼山火山湖>

秋田焼山非難小屋付近.jpg

<秋田焼山避難小屋付近>

焼山を振返る.jpg

<焼山山頂を振り返る>

ずっと雨、霧の中を歩いていたのでこの景色に感謝!

後生掛温泉.jpg

<後生掛温泉>

登山口である後生掛温泉に戻りました。

で、舞台は八幡平に移ります。

八幡平山頂.jpg

<八幡平山頂>

またまた深い霧の中、八幡平登山口駐車場からわずか30分、石畳を歩けば山頂です。

しかししかし、この八幡平、源太森に是非足を運んでください。

八幡平の素晴らしさが一望出来ます。

八幡平、素晴らしい世界です。

八幡沼.jpg

<八幡沼>

左奥の高台が源太森。

池塘帯.jpg

<池塘帯>

源太森より八幡平.jpg

<源太森より八幡平>

八幡平が山では無く、八幡平と言われる光景です。

キヌガサソウ.jpg

<キヌガサソウ>

チングルマ.jpg

<チングルマ>

ワタスゲロード.jpg

<ワタスゲロード>

露天風呂から岩手山.jpg

<露天風呂より岩手山>

帰りは、八幡平温泉郷、ライジングサンホテルの露天風呂>400円により帰仙しまし
た。

八幡平は秋にも訪れたいですね。

植松一好

Home> 東北の山: 2014年9月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top