Home> 東北の山: 2014年10月アーカイブ

東北の山: 2014年10月アーカイブ

<飯豊本山・日本百名山>

2014年10月11,12日(土日) 天候 快晴 植松単独

憧れの飯豊本山に行ってきました。

当初は、二泊計画で飯豊連邦最高峰の大日岳と、

昨年登った北俣岳は梅花皮(かいらぎ)岳、ここをつなぐ予定だった。

三日目の天候悪化予想の為、飯豊本山のみとした。

3時半、泉ICより山形道に入り、山形蔵王ICで降りる。

下道を南陽市を経由して昨年開通した飯豊トンネル入口に駐車する。

標高は800m。飯豊登山口では一番標高が高いそうです。

6時半出発。200m上がれば稜線に出て急坂300m登れば五段山1,312m。

尾根上行けば、新潟、福島、山形の県境、三国岳が見えた。

<三国岳と非難小屋>

三国岳と非難小屋.jpg

急な岩稜帯をいくつかの鎖場行けば三国岳山頂である。

目の前には大日岳だ。素晴らしい!

<三国岳より大日岳>

三国岳より大日岳.jpg

やせ尾根のアップダウンが続き、切合せ小屋が見えた所で飯豊本山がドーン!素晴らしい!

<飯豊本山>

飯豊本山.jpg

<岳樺の黄葉>

岳樺の黄葉.jpg

切合せ小屋は小屋番入っていて冷たいおいしい水が引いて有った。

実は知らない土地での秋山、地図上は水マークあるのだが心配で6ℓも背負って来たのだ。

まぁ、いいけど。草履塚を超えればいよいよ本山だ。コルには守護神のバーヤがいる。

<姥権現>

姥の前.jpg

<午後の大日岳>

午後の大日岳.jpg

15時半、本山小屋に着いた。山頂まで20分だ。

テント料金500円。本日は小屋は満員だそうで、小屋番は久しぶりの盛況だとニコニコしていた。

<本山小屋のテン場>

本山小屋のテン場.jpg

日が変わって・・・

<テン場からのご来光>

テン場からのご来光.jpg

<朝日連峰方面>

朝日連峰方面.jpg

<山頂より大日岳>

山頂より大日岳.jpg

<飯豊山頂と北股岳>

飯豊山頂と北俣岳.jpg

<吾妻山・安達太良山・磐梯山方面>

吾妻山・安達太良山・磐梯山方面.jpg

遠く、岩手山・岩木山・早池峰・北アルプス・佐渡島・なんと!富士山も山頂にいるみんなと確認できました。

飯豊山はとても素晴らしい山です。これで地元韮崎の千頭星山と同じ標高ですからね。

いかに豪雪地帯の頂点と言う事がわかります。

まるで、北アルプスを歩いているようです。

<登って来た尾根、下山する尾根>

登って来た尾根、下山する尾根.jpg

飯豊山塊、飯豊連峰、大日岳を残しています。

また、北股岳につなぐ梅花皮岳、ここまでは是非訪れます。

やはり、花の時期でしょうか。

≪コースデータ≫

1日目

飯豊トンネル山形側入口6:30~8:00五段山~10:50三国岳11:40~13:30切合せ小屋13:40~15:30本山小屋

2日目

飯豊トンネル入口16:00着

日本百名山65座・東北百名山60座となりました。

飯豊山はとても素晴らしい山でした。

植松一好

<甑こしき山・東北百名山>

またまた変わった山を歩いてきた。

2014年10月4日(土) 天候 晴れ後雨後晴れ 植松単独

山形は新庄を北に行くと特異な山、甑山の双児峰が見える。

左の峰が男甑(おこしき)山、右の峰が女甑(めこしき)山、残念ながら、本日、朝
方は雲が掛かりお見えする事は無かったが、

2週間前の杢蔵山では、この特異な双児峰を確認している。

8kのダートな林道を行き、登山口に着いた。

しばらく歩くと、森の巨人100選、大カツラの木に遭遇した。

<大カツラ>

大カツラ.jpg

急坂30分登れば、男甑女甑のコルに出た。

ここからまずは女甑山に登る。

<女甑山から男甑山>

女甑山から男甑山.jpg

コルに戻り、名勝沼、秋田側に下る。

<名勝沼>

名勝沼.jpg

沼からしばらく平坦な登山道を行き、男甑山を目指す。

男甑の稜線に出、稜線上を西に行けば山頂だ。

山頂には、ご立派な岩峰が望める。

思わず手を合わせたくなる?

<男甑山のチンボル>

男甑山のチンボル.jpg

<女甑山と名勝沼>

女甑山と名勝沼.jpg

<女甑岳>

女甑岳.jpg

14時には駐車場に着いた。

帰りは鳴子温泉、滝の湯150円3回目寄って帰仙した。

ちなみに甑の標高は、男甑山のが若干高く981mです。

東北百名山、59座となりました。

植松一好

<焼石岳・日本二百名山・東北百名山>

2014年9月27日(土) 天候 晴れ 植松単独

東北道は水沢ICで降りる。国道397号を山形方面に行く。

山間に入るころ、目の前にロックフィールドダムが現れる。

トンネル2つばかり抜ければ、中沼登山口の大きな看板が現れる。

尿前(しとまえ)ダート林道6km走れば焼石岳へのメジャーな登山口に着いた。

時刻は7時半。40台ほどの駐車スペースは半分以上埋まっていた。

8時前出発。40分ほどで有名な中沼到着。

<朝の中沼>

朝の中沼.jpg

中沼を過ぎ、だいぶ高度を稼いで行くと、すでに紅葉黄葉が始まっているのだ。

<紅葉が始まりました>

紅葉が始まりました.jpg

<焼石岳の紅葉>

焼石岳の紅葉.jpg

<遠くは鳥海山>

遠くは鳥海山.jpg

11時、山頂着。

標高1,548m。

<鳥海山2>

鳥海山2.jpg

<東焼石岳付近>

東焼石岳付近.jpg

非難小屋に近くにある銀明水、とても冷たくおいしいのである。

<銀名水>

銀明水.jpg

中沼まで降りてきた。

ブナの木に、わっムキ茸だ!と割ってみたら月夜茸(毒)だった。

夜、輝くのだろうか。

<月夜茸>

月夜茸.jpg

<午後の中沼>

午後の中沼.jpg

3時半には駐車場に着きました。

本日は、朝駐車場で挨拶交わした単独のおばちゃんと終始一緒でした。

水沢在住で、天気がよければこのコースのリピータで年に5,6回は通っているとの事。

6月の花の季節に是非是非に訪れて来て下さい。との事です。

焼石岳は素晴らしい山でした。

初夏にも必ず訪れます。

帰りは、焼石温泉ひめかゆ420円に寄って帰仙しました。

植松一好

Home> 東北の山: 2014年10月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top