Home> 東北の山: 2015年6月アーカイブ

東北の山: 2015年6月アーカイブ

栂峰・東北百名山

2015年6月20日(土) 天候 晴れ後雨後晴れ 植松単独

 

8時、登山口着。登山口は、この先だが、倒木で林道がさえぎられている。

よって、駐車場所でコースタイムが大きく変わる。手前のスペースに止められたので、

結果的に往復40分のプラスとなった。

 

<林道をさえぎる倒木>

 林道をさえぎる倒木.JPG

 

 

登山道入口には杉に囲まれた祠がある。

 

<登山口にある祠>

 登山口にある祠.JPG

 

 

初めは晴れていたのだが、蔵王と言う小ピークで雨となる。

 

<登山道に咲く水芭蕉>

 登山道に咲く水芭蕉.JPG

 

 

11時半、雨の山頂着。

 

<栂峰山頂 1,541m>

 栂峰山頂 1,541m.JPG

 

 

晴れていれば、飯豊山が目の前のはずだ。すぐ下山。

 

<レイソウ様>

 レイソウ様.JPG

 

 

 

下山中にまた晴れだし14時には車に戻った。

南陽市赤湯温泉は共同浴場、あずま湯100円に寄って帰仙した。

<赤湯温泉・あずま湯>

赤湯温泉・あずま湯.JPG


<なんと!100円>

なんと!100円.JPG

東北百名山69座目となりました。

 

植松一好

白鷹山・東北百名山

山形市の西方に独立した丘陵帯がある。

ここの最高峰が白鷹山、別名、虚空蔵山>こくぞう 994m

東北百名山に選ばれている。

 

2015年6月13日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

10時、登山口着。

 

<登山口>

 登山口.JPG

 

 

1時間も歩かぬうちに山頂だ。

 

<頂上直下の石段>

 頂上直下の石段.JPG

 

 

山頂には大きな神社がある。ただいま修復中のようで、表札だけ写真に収めた。

 

<白鷹山山頂>

 白鷹山山頂.JPG

 

 

片道20分で見晴らしがいいと言う巨大なレーダーがある場所まで行く。

 

<雨雪量計レーダー>

 雨雪量計レーダー.JPG

 

 

晴れてはいるのだが、あいにく景色は見えない。

山頂に戻り、神社の境内で飯にして下山した。

 

<ブナ林>

 ブナ林.JPG

 

 

14時には車に戻った。東北百名山68座目となりました。

本日、さくらんぼ渋滞予測が出ていて、温泉も寄らずに関山トンネルを越え帰仙した。

 

植松一好

須金岳・東北百名山

この山は山頂への登山道が無い。なぜ無いのだろうか。

登山道から水平距離でわずか150mほどだ。

東北百名山なので行ってみる事にした。どうせ誰かが踏んでいるのだろうと・・・

 

2015年6月6日(土) 天候 雨のち晴れ 植松単独

 

鬼首を過ぎ、8時半、登山口着。

 

<この季節になりました>

 この季節になりました.JPG

 

 

荒廃した林道と2回の渡渉、急なやせ尾根の登高、くろべや赤松、杉の大木が多い。

 

<大くろべの木>

 大くろべの木.JPG

 

 

やがて、東北特有な見事なブナ林となる。

 

<ブナ林>

 ブナ林.JPG

 

 

9合目の看板で稜線(尾根上)に出た。仮の山頂と書いてある。

地図上、この奥が山頂であるが、期待していた踏み後など無く、

見た目、猛烈なブッシュである。

なぜ道を開かないのだろうか。もうひとつの仮の山頂まで行く。

 

<稜線上1,241mピーク>

 稜線上1,241mピーク.JPG

 

 

湿原上に仮の山頂が有った。でもここは、地図上1,191m、須金岳の山頂は1,253m、

9合目の仮の山頂は、1,200m丁度。なんなんだろうか。

 <仮の山頂>

仮の山頂?.JPG

 

<オモト様>

 オモト様.JPG

 

 

来た道引返し、9合目で飯にする。車には15時に着いた。

 

<鬼首より須金岳>

 鬼首より須金岳.JPG

 

 

右のピークに9合目、仮の山頂、左のピークにも仮の山頂。

で、本当の山頂へは行けない。なんだこれ?この須金岳の北の稜線上には、

竹の子森、山猫森と顕著なピークもあるのだ。なぜ開拓しなかった?しない?

だれも不思議思わないのか・・・この山、歩いて気付いた事は、いい山です。

でも山頂を踏めない。これ、なんですかね・・・

 

<鳴子・滝の湯>

 鳴子・滝の湯.JPG

 

 

帰りに鳴子温泉滝の湯150円、珍しく空いていたので中の写真を一枚。

18時には帰仙した。ちなみに、東北百名山、宮城県は終了です。

これからはリピーターとなります。

 

植松一好

月山2015初夏

本日、今シーズン最後のスキーとして月山にやって来た。

知人が、ローカル線で日帰り温泉をはしごしたいと言う。彼を早朝にピックアップ。

JR天童駅で降ろし別れた。

 

2015年5月30日(土) 天候 快晴ちょっとガス 植松単独

 

月山スキー場に着いた。物凄い人であり、リフトも20分ほど待ちだ。

リフト1回券 580円購入。

 

<月山>

 月山.JPG

 

<月山スキー場・後は朝日連峰>

 月山スキー場・後は朝日連峰.JPG

 

<姥ヶ岳のロープ塔>

 姥ヶ岳のロープ塔.JPG

 

スキー場を離れ、月山を目指す。人はまばらとなり静粛の別世界となる。

シールハイクアップ、しばらく行くと、とうとうシールの糊面が利かず剥がれる。

2シーズン、お世話になりました。板をザックにくくり付ける。

 

<月山・滑降斜面>

 月山・滑降斜面.JPG

 

雪面が無くなった所で板をデポ、登山靴に履き替える。

12時、月山山頂着。月山登頂、2度目となった。

今日は55歳の誕生日。東北の秀峰、名峰、月山で迎えた。なにか感慨深く、

心中頭中、心身共に、とてもすがすがしく気持ちがいいのだ。

 

<月山山頂>

 月山山頂.JPG

 

高山植物もこれから盛りである。

 

<イチゲ様>

 イチゲ様.JPG

 

<キンバイ様>

 キンバイ様.JPG

 

<山頂から姥ヶ岳・奥が湯殿山>

 山頂から姥ヶ岳・奥が湯殿山.JPG

 

月山斜面、快適にすべり、スキー場着。相変わらず凄い人である。

 

<午後のスキー場>

 午後のスキー場.JPG

 

月山スキー場のゲレンデには初めて入った。急なこぶ斜面で、調子付いていると、

すぐにスピンアウト。うまい奴らがうようよいる。これで、日本はモーグルが強いのか。

14時半、駐車場着。

 

西川町水沢温泉 300円に寄って、18時半に帰仙した。

と、スキー道具を片していると電話だ。朝、天童駅に降ろした知人からだ。

泉中央駅を下車し、徒歩帰宅途中との事、お互いの報告会と俺の誕生日祝いをしてくれると言う。

最近開拓した、ご機嫌の居酒屋で。知人は、天童温泉・東根温泉・大石田温泉・中山平温泉

と回ってきたそうだ。

 

この日、白鳳会90周年記念事業、お地蔵様を地蔵ヶ岳は賽の河原に奉納、

無事終了のようで。会員の皆様、関係者の方々、ご苦労様でした。

鳳凰小屋の新しい小屋番、片倉小十郎は切り盛りしていましたか。

帰省した折にでもお聞かせください。

 

植松一好

Home> 東北の山: 2015年6月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top