Home> 東北の山: 2015年10月アーカイブ

東北の山: 2015年10月アーカイブ

柴倉山・黒伏山塊

黒伏山塊に異様な形をした山を冬に見つけた。

いつかは無積雪期に歩きたいと思っていた。

 

2015年10月24日(土) 天候 曇り後晴れ ひでなおさん・植松

 

7時半、駐車場発。10時半、柴倉山頂着。標高1,275m。

山頂へは、登山道より離れていて、少々な、藪漕ぎを強いられる。

しかし、危険箇所には鎖も設置されている。登山道から往復1時間見ておけばよいです。

 

<山頂から船形山・仙台カゴ>

 山頂から舟形山・仙台カゴ.JPG

 

 

<奥が沢渡黒伏・右が白森>

 奥が沢渡黒伏・右が白森.JPG

 

 

白森は、この黒伏山塊で一番高い峰、その奥の沢渡黒伏へもいつかは行きたい。

 

<柴倉山の藪>

 柴倉山の藪.JPG

 

 

登山道に戻り、しばらく行き。

 

<柴倉山を振返る>

 柴倉山を振返る.JPG

 

 

<快適な縦走路>

 快適な縦走路.JPG

 

 

<ウバ様>

 ウバ様.JPG

 

 

ウバ様のところで飯にする。

 

 

 

<仙台カゴ>

 仙台カゴ.JPG

 

 

<林道より怪峰柴倉山>

 林道より怪峰柴倉山.JPG

 

 

<林道より柴倉山2>

 林道より柴倉山2.JPG

 

 

おまけ。

<2月の柴倉山>

 2月の柴倉山.JPG

 

 

 

14時50分、駐車場着。

帰りに作並温泉、神の湯に寄って帰仙した。

ご同行してくださった、ひでなおさん、お疲れ様でした。

また行きましょう。

 

植松一好

十和利山・戸来岳・白地山 東北百名山

十和田湖三山と勝手に名前付けていた。この連休で三山登ってしまおうと、

青森に出かけた。

 

2015年10月10日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

午前3時、東北道泉IC乗る。十和田ICを降り、十和田湖には7時に着いた。

最初の山は十和利山。駐車場8時出発。9時前に山頂着。

 

<十和利山から十和田湖>

 十和利山から十和田湖.JPG

 

 

<十和利山頂>

 十和利山頂.JPG

 

 

地図上、十和利山より戸来岳は破線となっている。古い看板があるが、同見ても、

物凄いブッシュである。とりあえず突っ込んでみる。が、背丈をはるかに越える、

猛烈な笹薮、かがみこんで、踏み後確認するが、無い。これでは無理。

一旦、登山道に戻る。一粒で2度おいしいかと思ったが、この山を降りて、別々に

登るしかない。10時、駐車場着。舞台は戸来岳へ。11時半、戸来岳登山口を出発。

13時、戸来岳のひとつめのピーク、大駒ケ岳着。

 

<戸来岳より十和利山>

 戸来岳より十和利山.JPG

 

 

<大駒ケ岳より三ツ岳>

 大駒ケ岳より三ツ岳.JPG

 

 

<三ツ岳より八甲田連峰>

 八甲田連峰.JPG

 

 

大駒ケ岳に戻り下山する。

<ここもブナが美しい>

 ここもブナが美しい.JPG

 

 

16時、駐車場着。明日、登山予定の白地山登山口に移動する。

テント泊予定だが、降りそうなので、リアシートをフラットにして車中泊とする。

 

10月11日(日) 天候 曇り

 

朝起きると、雨は無く、急ぎ朝食とする。5時半出発。

9時、白地山山頂着。

 

<白地山山頂>

 白地山山頂.JPG

 

 

十和田湖の向こうに昨日登った。十和利山と戸来岳が遠望できた。

 

<右奥が十和利山・真ん中が戸来岳>

 右奥が十和利山・真ん中が戸来岳.JPG

 

 

下山中、本日、初めて人にあった。あいさつしすれ違うと、すいませんと声かけられた。

聞けば、自費出版の本を購入していただけないかと言う。

山梨ナンバーで、たぶん自分と同じく東北百名山を目指していると思い、

ザックに入れてきたようだ。この御仁、日山協・長野県山岳連盟所属指導委員で

しばらく東北に滞在との事、これも何かの縁なので購入してしまいました。

 

<山で購入した本>

 山で購入した本.JPG

 

 

<本人のサイン>

 本人のサイン.JPG

 

 

11時、駐車着。ハリアーの横に松本ナンバーが止まっていたのだ。

 

15時、帰仙した。

後日13日、本の代金を入金いたしました。

 

東北百名山79座となりました。年内には80座を目指したい。

 

植松一好

御所山(舟形山)

山の呼び名、昔から見る方角、または国境での呼び名が違い、

現在に至っているケースがある。たとえば、甲斐駒ヶ岳、信州人は絶対譲らない。

東駒ヶ岳、木曽駒ヶ岳に対して東側だからだそうな、この呼び名はまだ良いほうで、

白崩山との呼び名がある。中央線に乗って、山梨側からよく見てほしい。

今回の舟形山もそうだ。宮城では舟形山、山形では御所山なのだ。

その昔、藩同士が仲が悪かった証拠でもある。

宮城側から見ると、なるほど、船の形をしている。

今回は山形側から入ってみる事にした。

 

2015年10月3日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

国道48号、関山峠を越え、黒伏南壁の前、ジャングルジャングルスキー場の前を通り、

林道終点まで行く。既に10台ほど止まっていた。8時、出発。

 

<御所山>

 御所山.JPG

 

 

10時40分、御所山山頂着。2回目。

 

<山頂>

 山頂.JPG

 

 

<山頂より泉ヶ岳方面>

 山頂より泉ヶ岳方面.JPG

 

 

11時、山頂を後にし、来た道を戻る。

 

<仙台カゴ>

 仙台カゴ.JPG

 

 

時間も充分有るので、白髭山を往復する。

 

<白髭山>

 白髭山.JPG

 

 

白髭山より振返ると、仙台カゴとその後ろに大きく御所山が望まれた。

このルート、白髭山をプラスすると、自分の歩いたルートが望まれ、

最高に気持ちのいいルートである。

 

<白髭山より仙台カゴと船形山>

 白髭山より仙台カゴと舟形山.JPG

 

 

<黒伏山塊・右が怪峰柴倉山>

 黒伏山塊・右が怪峰柴倉山.JPG

 

 

次は柴倉山からこのルートにつなげようか。

 

<見事なブナ林>

 見事なブナ林.JPG

 

 

東北の山はどこに行ってもブナ林が素晴らしい。

15時10分、駐車場に戻った。

久々に作並温泉、神の湯500円に寄って帰仙した。

 

植松一好

深山・宮城県の山

本日、午前中は天気よくない。午後は微妙な天気。電車で行ける山を探す。

常磐線にはまだ乗った事が無い。常磐線沿線の山に決めた。

震災の影響で、浜吉田駅と福島の相馬駅が未だ不通である。

目的の深山は、浜吉田駅の次の駅、山下駅が最短だが、不通の為、一つ手前の浜吉田駅から

歩くことにした。

 

2015年9月26日(土) 天候 曇り 植松単独

 

常磐線、空いていると思いきや、結構混んでいて、座れることには座れたが、

考えてみれば、仙台の南には名取市や岩沼市、亘理町もあるのだから甲府盆地の

中央線をイメージしては駄目ですよね。

 

13時半、終点、浜吉田駅で降りる。相馬行きのバスは、一つ手前の亘理駅から出ている。

田んぼ中をひたすら歩く。15時半。深山山頂着。

 

<深山山頂>

 深山.JPG

 

 

<山頂から太平洋>

 深山山頂から太平洋.JPG

 

 

16時、山頂出、真っ暗になる18時、浜吉田駅に着いた。

 

<ふもとより深山を望む>

 ふもとより深山を望む.JPG

 

 

 

18時09分の列車に乗れた。登山経験と言う中では、一番標高が低い山だったかもしれない。

 

植松一好

Home> 東北の山: 2015年10月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top