Home> 東北の山: 2016年3月アーカイブ

東北の山: 2016年3月アーカイブ

宮城蔵王

今日は吹雪覚悟で蔵王主峰熊の岳に行くことにした。

 

2016326日(土) 天候 吹雪 植松単独

 

ジョイフルで朝定食食って、9時、澄川スキー場着。910分出発。

スキー場の横をハイクアップ。吹雪である。おまけに最近デジカメが寒さで弱い。

写真は携帯で撮ったこの一枚のみ。

高校山岳部である。

 

<高校山岳部>

 20160326113624.jpg

 

 

 

吹雪強く、視界も無くなる。標高1,400mで滑り出す。

が、どうも違う谷に降りているようだ。標高900m辺りで真横にエスケープ。

いくつかの谷を渡り、ツアーコースのピンクのリボン記に出た。

ラーメンすすっていると、次々にスキーヤーが俺のトレース使い現れる。

最初に滑った俺が原因だが、みなさん、おかげで助かりました。

とお礼を言われる。おかしいね。

遠刈田温泉よって、

 

18時半帰仙し、いつもの店に向かった。

 

植松一好

蔵王刈田岳

3月に入った。天気もよさそうなので、蔵王主峰熊の岳と両肩峰である刈田岳に

行くこととした。

 

2016312日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

ジョイフルで朝定食食って、9時、澄川スキー場着。910分出発。

スキー場の横をハイクアップ。スキー場を抜けると、目指す刈田岳が見えた。

 

<刈田岳>

 刈田岳.JPG

 

 

 

<南蔵王連峰>

 南蔵王連峰.JPG

 

 

 

12時、刈田岳山頂着。目の前は熊の岳。右下には有名なお釜。

当然、凍っています。

 

<刈田岳山頂>

 刈田岳山頂.JPG

 

 

 

<刈田岳山頂2

 刈田岳山頂2.JPG

 

 

 

<刈田岳山頂3

 刈田岳山頂3.JPG

 

 

 

下山していくと、どこかで見たおじさんが、面白山BCクラブの羽生さんでした。

「見つかったか・・・」羽生さん、と言うのも、山頂直下で俺のシールの具合悪く、板をデポして

いたのでした。つまり、山頂には俺がいるとね。別れ、快適に滑り、15時には駐車場着。

 

遠刈田温泉の熱い湯に浸かるのであった。

 

<遠刈田温泉神の湯>

 遠刈田温泉神の湯.JPG

 

 

 

18時半帰仙し、いつもの店に向かった。

 

植松一好

 

南蔵王連峰・水引入道

2月になれば、必ずハイクアップする南蔵王連峰は水引入道。

山頂からのロケーションは最高だ。今年もやってきた。

 

2016227日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

ジョイフルで朝定食食って、8時半白石スキー場着。9時出発。

本日、だれのトレース無し。

 

<先行者無し>

 先行者無し.JPG

 

 

 

結構な雪量で、ラッセルも多少重く。

 

<水引入道はまだ遠い>

 水引入道はまだ遠い.JPG

 

 

 

<山頂はもうすぐ>

 山頂はもうすぐ.JPG

 

 

 

1250分、山頂着。最高な景色が待っていた。

 

<水引入道山頂>

 水引入道山頂.JPG

 

 

 

<南屏風の斜面>

 南屏風の斜面.JPG

 

 

 

<圧巻!屏風の壁>

 屏風の壁.JPG

 

 

 

<不忘山>

 不忘山.JPG

 

 

 

<烏帽子岳>

 烏帽子岳.JPG

 

 

 

<馬の神岳>

 馬の神岳.JPG

 

 

 

1330分、シール外してドロップ。

 

<山頂よりドロップ>

 山頂よりドロップ.JPG

だれのシュプールも無い、気持ちいいのである。1420分林道着。

1530分駐車場着。

16時、かけ流し露天風呂のみのワイルドな不忘の湯に浸かり、18時半、帰仙した。

 

植松一好

Home> 東北の山: 2016年3月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top