Home> 東北の山: 2016年8月アーカイブ

東北の山: 2016年8月アーカイブ

以東岳・東北百名山

東北百名山の中でも、朝日連峰の北の峰、以東岳、この山、日帰りでもできない事は

ないのだけれど。人に聞けば、案内書など見れば、物凄くいい山と言う。

土日を使い行ってきた。

 

201686日(土) 天候 曇り後晴れ 植松単独

 

3時半、泉IC東北自動車道⇒山形自動車道月山ICで降り国道を鶴岡まで行く。

もう、日本海である。国道112号から赤川沿いの県道に入る。高岡の部落から大鳥ダム

方面の林道を泡滝ダム、ここが終点で20台ほどの駐車スペースがある。

710分出発。沢沿いの登山道を2本のつり橋を渡り。9時半、大鳥池に着いた。

透明感が凄い池である。この池から本日は、以東岳、直登コースをたどる。

標高1,300mも上がれば森林限界である。

振返れば、熊がひっくり返った形の先ほどの池が見えた。

 

<大鳥池>

 大鳥池.JPG

 

 

 

以東岳、標高1,772m 13時着。

 

 

 

 

<以東岳のお花畑>

 以東岳のお花畑.JPG

 

 

 

15時半、本日の宿泊地、狐穴小屋に着いた。きつねあな と読みます。

 

<狐穴小屋>

 狐穴小屋.JPG

 

 

 

<小屋の前の水場>

 小屋の前の水場.JPG

 

 

 

宿泊費1,500円、ビール800円 計2,300円 本日の宿泊者は30名ほどとの事。

 

201687日(日) 天候 快晴

 

<月山>

 月山.JPG

 

 

 

<狐穴小屋から以東岳>

 狐穴小屋から以東岳.JPG

 

 

 

以東岳、素晴らしい山である。雰囲気は3千m級の貫録がある。

今日も山頂を踏めると思うとわくわくするのである。

 

遅いチングルマがここだけ咲いていた。

 

<稚児車>

 稚児車.JPG

 

 

 

<縦走路と以東岳>

 縦走路と以東岳.JPG

 

 

 

<もうすぐ山頂>

 もうすぐ山頂.JPG

 

 

 

<以東岳山頂>

 以東岳山頂.JPG

 

 

 

<山頂より大朝日岳>

 山頂より大朝日岳.JPG

 

 

 

今一度、大鳥池。

 

<熊皮敷き池>

 熊皮敷き池.JPG

 

 

 

<以東岳のお花畑2

 以東岳のお花畑2.JPG

 

 

 

<以東岳を振返る>

 以東岳を振返る.JPG

 

 

 

12時半、駐車場着。山形は西川町、水沢温泉により、下道、関山峠を越え、

17時に帰泉した。

以東岳は、素晴らしい山でした。おそらく東北百名山10本以内に入るでしょう。

東北百名山、87座となりました。

 

植松一好

早池峰・奥鳥沢

先週のメンバーと早池峰は、奥鳥沢に入る事とした。大理石の沢底で有名だそうで、

登山体系にも載っていて、ロープも要らない、藪もない快適な沢との事。

 

2016730日(土) 天候 曇り後晴れ L千葉さん・鈴木さん・我妻さん・植松

 

4時、大和町まほろばに集合。3本木SAより東北道に乗り、釜石道は東和ICで降りる。

下道1時間も走れば、早池峰登山口である岳に着いた。7時半のシャトルバスに乗車。

往復1,400円。河原坊で下車。

 

<奥鳥沢1

 奥鳥沢1.JPG

 

 

 

<奥鳥沢2

 奥鳥沢2.JPG

 

 

 

<奥鳥沢3 千葉さんカメラ>

 奥鳥沢3.JPG

 

 

 

<大理石の沢底1 鈴木さんカメラ>

 大理石の川底1.JPG

 

 

 

<大理石の沢底2

 大理石の川底2.JPG

 

 

 

<大理石の沢底3 我妻さんカメラ>

 大理石の川底3.JPG

 

 

 

<源流 我妻さんカメラ>

 源流.JPG

 

 

 

源流終えれば、大きなスラブ帯に出る。上部を行っている、先行パーティがよく見える。

ここで、渓流シューズを脱ぎ、足を乾かす。このスラブ、どこでも上がれそうだ。

 

<岩稜帯を行く 千葉さんカメラ>

 岩稜帯を行く.JPG

 

 

 

<ナンブトラノオ>

 ナンブトラノオ.JPG

 

 

 

<ハヤチネウスユキソウ>

 ハヤチネウスユキソウ.JPG

 

 

 

<もうすぐ稜線>

 もうすぐ稜線.JPG

 

 

 

稜線に出ると、先行パーティと出会った。なんと、網張ツアーでお世話になった朋友会の

メンバーでした。

 

<朋友会のメンバー>

 朋友会のメンバー.JPG

 

 

 

<昼食>

 昼食.JPG

 

 

 

皆様とご一緒いたすと、ラーメンの具が増えて楽しい。また、キュウリやミョウガ、

プラム等、副食も豪勢である。そしてキンキンに冷えたビール、たまらん!

 

<早池峰山頂 千葉さんカメラ>

 早池峰山頂.JPG

 

 

 

1622分小田越え発、最終のバスに間に合いました。

 

バリエーションから名峰、早池峰に上がれるとはね。

この沢は、危険個所もなく、花も豊富で最後はハイ松と岩稜で、標高は2千メートル

無いのですが、北アルプスにいる錯覚を感じますね。

早池峰3度目の山頂です。素晴らしい山です。

 

千葉さん、鈴木さん、我妻さん、このルートを提示していただき、

ほんとうにありがとうございました。感謝!

 

帰りに東和温泉に寄り、20時過ぎ、大和町の集合場所に戻った。

 

植松一好

Home> 東北の山: 2016年8月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top