Home> 東北の山: 2016年9月アーカイブ

東北の山: 2016年9月アーカイブ

面白山・権現沢

船形山で出会ったメンバーに、またまた沢に誘われた。

大好きな面白山の沢と言う。喜んで参加。

 

2016917日(土) 天候 曇り後雨

L鈴木さん・千葉さん・我妻さん・鈴木さんの奥様・植松

 

6時半、アパートを出る。644分の地下鉄に乗車。北仙台駅からJR仙山線に乗車。

714分発。熊ヶ根駅でメンバー4人も乗車。86分、面白山高原駅着。

この駅には、集落が無い。降りる人は登山者だけ。

 

<面白山>

 面白山.JPG

 

 

 

しばらくは、紅葉川に沿って登山道を行く。

沢を渡渉する地点で沢支度をする。入渓したが、大きな滝に阻まれた。

雷神の滝だそうな。登山道の明記が間違えていて、再度入渓時点に戻り、登山道を行く。

雷神の滝は登山道から見下ろせ、その先で入渓した。本日のリードは鈴木さん。

 

<権現沢1

 権現沢1.JPG

 

 

 

<権現沢2

 権現沢2.JPG

 

 

 

<権現沢3

 権現沢3.JPG

 

 

 

<権現沢4

 権現沢4.JPG

 

 

ナメが多く、ブナ林もきれいで遡行は楽しい。ほしいのは太陽だ。

 

<今回のメンバー>

 今回のメンバー.JPG

 

 

 

遡行していくと、右手の枝沢に樋状の美しい滝に出会った。

後ほど、鈴木さんより送られてきたメールでは、この滝が面白山大権現様?

 

<これが権現様か>

 これが権現様か.JPG

 

 

 

13時、登山道着。沢装備から解放。14時半、南面白山山頂にて遅い昼食。

雨がやってきた。しかし、豪華な食事で気にしない。

 

<山頂にて豪華な食事>

 山頂にて豪華な食事.JPG

 

 

 

<獅子鍋>

 獅子鍋.JPG

 

 

 

担いできた皆様に感謝。鈴木さんご夫婦の七ヶ浜あさりご飯、おいしかったです。

獅子鍋も、ゴボウ、サトイモ、豆腐、きのこ、千葉さんの味付けは最高でした。

15時半、雨の山頂を後にします。列車は1735分と千葉さん。

余裕で山を降ります。コスモス畑に来れば、もうすぐ駅。

 

<もうすぐ駅>

 もうすぐ駅.JPG

 

 

 

1715分過ぎ、もうすぐ駅と、しかし山形方面から列車の音。えっ!単線なので、

信号待ちをするのだろうと、しかし、車掌の笛、列車は動き出したのでした。えっ!

面白山トンネルに消えていく列車、時刻表を見れば、1720分発であった。

千葉さん・・・次は1915分。民家も何もない山の中の無人駅で難民となるのであった。

 

<快速は停まらない無人駅>

 快速は停まらない無人駅.JPG

 

 

 

<難民待合小屋>

 難民待合小屋.JPG

 

 

 

ひとりではめげるのですが、駄弁っていれば2時間はアッというま。

20時には、大都会の北仙田駅に着くのであった。

皆様方、お疲れ様でした。沢のシーズンはもうあとわずかですね。

 

植松一好

硯上山・翁倉山・宮城県の山

海の見える山に行きたくなった。

山と渓谷社刊・宮城県の山、硯上山・翁倉山に行ってきた。

 

2016910日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

6時、アパートを出る。まるまつで朝定食を食べ、富谷ICから仙台北部道路⇒

三陸自動車道石巻ICで降りる。まずは硯上山。9時、登山口出発、10時山頂着。

 

<硯上山登山口>

 硯上山登山口.JPG

 

 

 

<硯上山山頂より石巻市街>

 硯上山山頂より石巻市街.JPG

 

 

 

<遠くは金華山>

 遠くは金華山.JPG

 

 

 

いつかは行きたい金華山。右は、今年の1月に女川駅から登った大六天山。

 

<眼下は雄勝湾>

 眼下は雄勝湾.JPG

 

 

 

1040分、駐車場着。舞台は、翁倉山へ。この山はイヌワシの生息で有名だそうな。

北上川を渡り、登山口、12時半着。

 

<翁倉山山頂>

 翁倉山山頂.JPG

 

 

 

この山、相当荒れています。あやうく、まむしを踏みそうになりました。

それでも、山頂から志津川湾見たく、ブッシュと格闘。

しかし、山頂に着いても、眺望はありません。

写真撮って、頂上を後にしました。15時半、駐車着。時間があるので下道で帰泉した。

 

硯上山は、とても見晴がよく、翁倉山は最低でした。

硯上山=標高 519m 翁倉山=標高 531m

 

植松一好

黒伏山塊・沢渡黒伏・山形の山

山と渓谷社 山形の山の本にとても初心者が入れない山が掲載されているという。

もちろん、この本は早くも購入していて、また、危険な噂は聞いていた。

国土地理院の地図にも載っていないが。修験道場の山だそうな。

 

201693日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

6時、アパートを出る。ジョイフルで朝定食を食べ、関山トンネルを越える。

山形は晴れ。東根原宿より白水ダム方面に入り、ダム手前の沢、遅沢林道に入る。

すぐにダートとなり、途中で通行止めとなる。

920分、出発。しばらく林道を行くと、この間の台風10号により林道はズタズタ

となっていた。車より20分ほどで、最初の目印、大鳥居に着いた。

 

<鳥居>

 鳥居.JPG

 

 

 

鳥居をくぐり、しばらく行くと、有名な警告看板があった。

 

<警告看板>

 警告看板.JPG

 

 

 

そして社殿。

 

<立派な社殿>

 立派な社殿.JPG

 

 

 

オレンジのテープ目印で登山道?を行く。

 

<秋ですね・・・>

 秋ですね.JPG

 

 

 

やがて急峻となり、長い鎖場となる。この鎖が終わったところに、洞窟がある。

竜王洞と言う。入口は、人ひとりサイズです。

 

<竜王洞>

 竜王洞.JPG

 

 

 

ヘッラン着けて内部に入ると、蝙蝠が飛びます。

奥が深く広いです。トンドン下る感じで30mほどの所に奥ノ院。

 

<奥ノ院>

 奥ノ院.JPG

 

 

 

どのみち、きもいです。外の光が恋しいですね。

 

<入口=出口>

 入口=出口.JPG

 

 

 

外に出ました。さて、ここからは鎖やロープなどなく、微妙なトラバース、

木の根に掴まりで大変、また、ルーファイも結構大変でオレンジテープ見失えば、

また元に戻るを繰り返します。1220分、山頂着。

 

<沢渡黒伏山頂と山形盆地>

 沢渡黒伏山頂と山形盆地.JPG

 

 

 

<白森方面>

 白森方面.JPG

 

 

 

<黒伏山方面>

 黒伏山方面.JPG

軽く昼食をとり、舞台は第2ステージへ。ここから白森へ抜けます。

ここからは、本当に登山道はありません。背丈のブッシュとの格闘です。

無理です。根性無しです。一人ではめげます。あきらめました。

来た道を下るのも・・・ですが。

15時、社殿に着きました。ほっとしてラーメンすすりました。

 

<右、黒伏山・左、沢渡黒伏>

 右、黒伏山・左、沢渡黒伏.JPG

 

 

 

<マロさん(鈴木さん)ぱくった地図>

 a0127015_7132910.jpg

 

 

 1235mが沢渡黒伏。

終わってみれば、非常に楽しい山行でした。まさに修験者道場でした。

 

植松一好

神室山塊・火打岳

朝起きれば仙台は雨。PC開き天気図を見る。秋田方面が晴れそうだ。

神室山塊は、火打岳。とても形の良い山で、いつかは行きたいと思っていた。

 

2016827日(土) 天候 曇り後晴れ 植松単独

 

6時、アパートを出る。下道で鳴子温泉を越え、新庄盆地手前で神室山塊、火打岳

登山口に着いた。10時出発。槍ヶ先1140分着。

 

<神室山塊・火打岳>

 神室山塊・火打岳.JPG

 

 

 

<もうすぐ山頂>

 もうすぐ山頂.JPG

 

 

 

13:20 火打山頂着。

 

<火打山頂>

 火打山頂.JPG

 

 

 

<夏が終わる・・・>

 夏が終わる・・・.JPG

 

 

 

<槍ヶ先から火打岳を振返る>

 槍ヶ先から火打岳を振返る.JPG

 

 

 

<新庄盆地>

 新庄盆地.JPG

 

 

 

16時、駐車場着。鳴子温泉は滝の湯により、19時半、帰泉した。

 

火打岳は素晴らしい山です。いつか神室山塊全山縦走してみたいでね。

 

植松一好

Home> 東北の山: 2016年9月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top