Home> 東北の山: 2017年4月アーカイブ

東北の山: 2017年4月アーカイブ

南蔵王連峰・不忘山

今度こそ水引入道を滑ると現場に着けば既に雪は無し。

登山道では無いから藪のため板担ぎは無理。隣の不忘山に転向した。

 

2017422日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

この一週間で雪はずいぶんと融けた。白石スキー場からは、ザン靴で。

 

1ヶ月前は、この標識の上を歩いていた>

 1ヶ月前はこの標識の上を歩いていた.JPG

 

 

 

標高、1000mよりシール登行となり、楽になる。

 

<水引入道>

 水引入道.JPG

 

 

 

あの斜面を滑りたかった。

 

<不忘山>

 不忘山.JPG

 

 

 

 

<稜線>

 稜線.JPG

 

 

 

 

<ここからドロップ>

 ここからドロップ.JPG

 

 

 

 

<左安達太良山・右吾妻連峰>

 左安達太良山・右吾妻連峰.JPG

 

 

 

 

<春の不忘の湯>

 春の不忘の湯.JPG

 

 

 

いよいよ今週から山形通いが始まる。

 

植松一好

釜房山・宮城県の山

土曜、3週連続で雨。今度こそ水引入道を滑ると現場に着けば雨。

 

2017415日(土) 天候 雨後晴れ後曇り後雨 植松単独

 

まるまつで焼魚定食食べて水引入道を滑る為、白石スキー場に向かう。

途中で、南蔵王連峰がよく見える。

 

<南蔵王連峰>

 南蔵王連峰.JPG

 

 

 

スキー場に着けば、今シーズン既にクローズ。いつもなら林道からハイクアップだが、

工事車両により除雪してある。そのまま林道を車で入る。と雨だ。

ハイクアップ個所で駐車。雨でも今日は行く。

しばらくシール歩行していけば、大雨となる。駄目か。シールはずして滑り降りる。

 

<雨の水引入道>

 雨の水引入道.JPG

 

 

 

釜房山でも登ろうか。途中、水芭蕉の群生地による。咲き始めていた。

 

<春ですね>

 春ですね.JPG

 

 

 

13時、釜房山に転進する。14時半、山頂着。

 

<釜房山山頂>

 釜房山山頂.JPG

 

 

 

 

<釜房山と釜房湖(人工湖)>

 釜房山と釜房湖(人工湖).JPG

 

 

 

 

久々に台ヶ森温泉に寄って帰泉した。

 

植松一好

千歳山・山形県の山

土曜、2週連続で雨。しかも、スキーの準備して南に走ると雨。

 

201748日(土) 天候 晴れ曇り 植松単独

 

まるまつで焼魚定食食べて水引入道を滑る為、白石スキー場に向かう。

太白区越えたところで雨。今週も引返す。家に戻りPC開いて天気図確認。

山形が晴れとの事。スキー道具片して、地下鉄に乗り、北仙台駅で仙山線に乗る。

12時半。山形着。山形、暑い。駅前から県庁行きのバスに乗る。県庁前が登山口である。

 

<照心>

 照心.JPG

 

 

 

急な登りが続く。ズボン下とか履いているので汗びっしょ。14時半、山頂着。

標高471m。裏から登ったので人に会わなかったが、やはり人気の山のようで人が多い。

遅い昼食をとる。表登山道を降りる。景色がいいのだ。

 

<山形市内>

 山形市内.JPG

 

 

 

昨年登った白鷹山が望めた。

<白鷹山>

 白鷹山.JPG

 

 

 

登山口は、千歳稲荷神社だった。

<千歳稲荷>

 千歳稲荷.JPG

 

 

 

時間があるから、山形駅まで歩く。

<山形市内から千歳山>

 山形市内から千歳山.JPG

 

 

 

駅に着くと、仙台行きの電車まで1時間ある。山形城跡に向かう。

<山形城跡>

 山形城跡.JPG

 

 

 

<最上義光像>

 

 最上義光像.JPG

 

 

伊達の銅像より立派か。地元の高校生が大きな声で、さいじょうさいじょう!

真剣にと叫んでいた。川の名前も知らないのかなぁ・・・

 

18時の仙山線で帰泉した。

 

植松一好

Home> 東北の山: 2017年4月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top