Home> 東北の山: 2017年12月アーカイブ

東北の山: 2017年12月アーカイブ

2017暮山行・泉ヶ岳

2017年、仙台での絞め山行は、身近な泉ヶ岳で。

 

2017年12月23日(土) 天候 吹雪後晴れ 植松単独

 

いつものすき家で牛丼食って。まずは、スプリングバレースキー場へ。

ここのスキー場の気が重いのは、駐車料500円を取られる。

リフト券、1回400円、5回分を購入。今年の滑り納め。

10時半、舞台は、泉ヶ岳へ。登山口で丁度、下山者がいたので雪の状態を聞いてみた。

スノーシューを持っているなら持って行った方がいいという。

標高800m超えたあたりから、雪深くなる。スノーシュー正解であった。

 

<今シーズン初>

 今シーズン初.JPG

 

14時、山頂着。

 

<山頂>

 山頂.JPG

 

16時、駐車場着。台ヶ森温泉に行って、帰泉した。

 

植松一好

2017年末

15日金は、会社の忘年会。今年は雪が早く、とは言ってもシール登行するほど

積もっているわけではない。しかし近所(車で30分)15日からオープンと言う。

リフト1回券400円なので、今シーズン初滑りに行く。5回券購入と言ったら、

全面滑走出来ないので、6時間で2,000円と言う。もっと早く来ればよかった。

 

2017年12月16日(土) 天候 吹雪後曇り 植松

 

<泉ヶ岳スプリングバレー1>

 泉ヶ岳スプリングバレー1.JPG

 

<スプリングバレー2>

 スプリングバレー2.JPG

 

翌日17日は、面白山BCのメンバーで忘年会。

 

羽生さん、高根さん、石田さん、遊佐さん 計5名

 

羽生さんが、松島駅前の焼き牡蠣小屋を予約してくれました。

皆さん、電車で集合です。仙石線、あおば通駅10:17⇒10:57松島海岸駅。

料金は、40分食べ放題で999円。5名様以上で予約の方は、10分延長有り。

50分の戦いが始まった。11:30~12:20まで。の間、ビール3杯。これは別料金です

 

<焼き牡蠣1>

 焼き牡蠣1.JPG

 

<焼き牡蠣2>

 焼き牡蠣2.JPG

 

<焼き牡蠣3>

 焼き牡蠣3.JPG

 

殻は、下にバケツがあるので、多分、植松は、40個は行ったと思う。

最高にうまかったです。羽生さん、予約感謝。

で、まだ昼の1時前、松島は観光地で高いので、2次会は仙台へ戻るという。

しかも、サイゼリアだという。ボックス貸切って、ひたすら安いワインを飲むのであった。

暗くなるまで飲んで2,500円。そしてまだまだ時間あるので、地下鉄は泉中央に戻って、

高根、石田、植松は居酒屋に突入するのであった。楽しい一日であった。

 

<おまけ1>

 おまけ1.JPG

 

<おまけ2>

 おまけ2.JPG

 

会社の忘年会で仙台名物セリ鍋がでました。根っこをしゃぶしゃぶで食べます。

これ、初めて ですが、最高においしかったです。

 

植松一好

室根山・矢越山・岩手県の山

本日は、岩手の後輩のお店で忘年会。ついでに岩手の山、海の見える山に登ってきた。

 

2017年12月9日(土) 天候 吹雪後晴れ 植松単独

 

すき家で牛丼食って、東北道は一関で降りる。大船渡線沿いを行く。

左側に独立峰の室根山が見えてきた。吹雪いているようだ。山頂近くまで車で上がれる。

 

<室根山頂>

 室根山頂.JPG

 

神社にも寄る。この山は近くの徳仙丈山と同じでつつじが有名らしい。

 

<室根神社>

 室根神社.JPG

 

山を降りて、次のステージ矢越山に向かう。

偶然にも大船渡線の列車に出会う。珍しいので一枚。

 

<大船渡線>

 大船渡線.JPG

 

12時半、山頂着。午前中登った室根山が真正面である。

 

<矢越山頂から室根山>

 矢越山頂から室根山.JPG

 

<矢越山頂から気仙沼>

 矢越山頂から気仙沼.JPG

 

下山した所に大きな石がある。

 

<八人ばらし>

 八人ばらし.JPG

 

<八人ばらし2>

 八人ばらし2.JPG

下界より矢越山。

 

<矢越山>

 矢越山.JPG

 

夕方、水沢江刺(奥州市)に着く。時間があるので金ケ崎の温泉に行く。

永岡温泉夢の湯450円。多量な源泉かけ流しでした。

18時半、後輩のお店着。すでにメンバーはそろっていました。

江刺にあるお好み焼き屋 ひげまる。

 

植松一好

高倉山

2017年12月2日(土) 天候 晴れ後曇り 千葉さん・鈴木さん・我妻さん・植松

 

林道終点に車を置き、しばらくは廃道を行く。顕著な尾根、ここが登山口と言う。

両杉の木にオレンジ色のテープ。久々に千葉さん達からお誘い登山を受けました。

登山道の無い、泉ヶ岳の近くの高倉山。3年ほど前に植松も単独で上がっています。

時期は3月。残雪期でスノーシューで上がったっけ。

 

<登山口>

 登山口.JPG

 

急な尾根を上がって行くと岩場に出た。体内くぐりが出来るという。

中は、4人くらいの宴会ができる洞穴だ。

 

<体内くぐり>

 体内くぐり.JPG

 

<手前ピークより高倉山>

 手前ピークより高倉山.JPG

 

11時、山頂着。標高854m。

 

<山頂より泉ヶ岳・北泉ヶ岳>

 山頂より泉ヶ岳・北泉ヶ岳.JPG

 

<山頂の祠>

 山頂の祠.JPG

 

我妻さんが持ってきたワインで乾杯。下山。

降りたら、天然のクレソンが自生している所に案内するという。

上流の無い、いきなり多量な湧き水がそのまま川になっている。

 

<湧き水>

 湧き水.JPG

 

湧き水の下に一面の緑色の植物=クレソンであった。生で食べる。

最高な香りとうれしい苦み。

 

<天然クレソン>

 天然クレソン.JPG

 

<クレソンうどん>

 クレソンうどん.JPG

 

いやぁ、おいしかった!千葉さん、鈴木さん、我妻さん、ありがとうございました。

家に帰って、さっそく夜のおつまみとなるのであった。

夜のおつまみクレソン.JPG

 

また、秘密の場所に連れて行ってください。

 

植松一好

Home> 東北の山: 2017年12月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top