Home> 東北の山: 2018年10月アーカイブ

東北の山: 2018年10月アーカイブ

神室山塊・八森山

ガソリンが高騰している。どこか電車で山に行きたい。ついでに温泉も。

有った。神室山塊の南に位置している八森山。瀬見温泉にも入れそう。

 

2018年10月13日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

東北本線8:01仙台発、小牛田で陸羽東線に乗換え新庄行き、ディーゼルなのだ。

鳴子・中山平温泉と有名どころを通過。列車は山形に入り10:44目的である鵜杉駅

で下車。稲刈りのほぼ終わった田園風景をひたすら歩く。1時間で登山口着。

郡山ナンバーが1台駐車。暗い杉林を少し上がれば、東北の山、独特のぶな林となり

明るくなる。

 

<八森山>

 八森山.JPG

 

13時過ぎ、山頂着。と山頂でご夫婦と思われる方が昼食中。郡山ナンバーですか。

訪ねるとそうだという。どこから来たと聞かれたので、鵜杉駅から歩いてきた。

と言ったら驚いていた。昼食も終わり下山していった。俺はこれから昼食。

 

<山頂>

 山頂.JPG

 

<鳥海山は見えず>

 鳥海山は見えず.JPG

 

<村山葉山>

 村山葉山.JPG

 

<神室山塊>

 神室山塊.JPG

 

一番高いのが、小又山、真ん中の尖っているのが火打岳、左が神室山、それぞれは

登っているが、いつか八森含め全山縦走してみたい。

 

<フウロ>

 フウロ.JPG

 

<最上盆地>

 最上盆地.JPG

 

16:58分に乗ればいいのでのんびりと下山。15時半、登山口着。と、山頂にいたご夫婦

がいた。もういないと思っていたが・・・駅まで乗せてくれるという。時間があるので

大丈夫です。と言うと、瀬見温泉まで送ってくれると言う。瀬見温泉で沢山時間を使えば、

ありがたい事です。お言葉に甘えます。温泉街の共同浴場前まで乗せていただきました。

ありがとうございました。今夜は、船形町の施設に泊まるとの事でした。

おかげさまで帰る列車の時間まで2時間以上あります。

 

<瀬見温泉共同浴場>

 瀬見温泉共同風呂.JPG

 

¥400、ふかし湯もありました。

 

<ふかし湯>

 ふかし湯.JPG

 

ゆっくりと入り、ふかし湯も堪能いたし、表のベンチで荷物を整理していると、

あれ?うえまっさん?あっ千葉さんだ。なんと、大和町に住んでいる船形山をこよなく

愛す千葉さんに出会いました。出張で酒田に来ていて早く仕事が片付いたから風呂に

来たそうだ。列車で来たと言ったら驚いていた。風呂前で別れた。

さて、風呂やの横に酒屋、しっこたま買って、18:18分の列車の乗るのであった。

 

<瀬見温泉街>

 瀬見温泉街.JPG

 

案の定、ローカル線は、空いていて、ボックスシートを独り占めできるのであった。

かなり出来上がった状態で、仙台駅には21時過ぎに着いた。

列車の山旅は、楽しい。

 

                               植松一好

蒲生岳・会津朝日岳・東北百名山

昨年のこの連休は、単独で奥会津は、御神楽岳・浅草岳に登った。

今年の連休は、当初より、蒲生岳・会津朝日岳と決めていた。この間、栗駒に一緒行った、

来年4月に山梨県庁内定の鈴木総介が同行となった。

 

2018年10月6日(土) 天候 暑く快晴 総介・植松

 

6時、ひでなおさん家着。東北道を南下。時折雨。郡山ジャンクションで磐越道。

トンネルを抜けると、なんと、会津は、どっ!快晴なのだ。磐梯山が素晴らしい!

会津坂下で降りる。国道252を南下。10時過ぎ、本日の目的である。蒲生岳に着いた。

それにしても、なんだこの暑さ、たまらん。10時半出発。

 

<蒲生岳>

 蒲生岳.JPG

 

<蒲生山頂>

 蒲生山頂.JPG

 

まるで、タワーを登って降りてくる感じ。ほとんど鎖かロープです。

山頂から、明日登る予定の会津朝日岳。昨年登った浅草岳。

 

<会津朝日岳>

 会津朝日岳.JPG

 

<浅草岳>

 浅草岳.JPG

 

<下山>

 下山.JPG

 

<鼻毛通し>

 鼻毛通し.JPG

 

時間が十分あるため、会津のマッターホルン写真を撮りたい。

 

<蒲生1>

 蒲生1.JPG

 

<蒲生2>

 蒲生2.JPG

 

納得いかない写真。あきらめて次のステージへ。と、助手席の総介が、あっと声を上げた。

これこれ、この形、脇道に入る。これで、会津のマッターホルン出会えました。

 

<蒲生3>

 蒲生3.JPG

 

時間は、十分あるので、只見温泉へ。¥500。

 

<只見温泉>

 只見温泉.JPG

 

<登山口で幕営>

 登山口で幕営.JPG

 

台風25号が気になるが、山奥では通信サービスはありません。で、朝起きての判断。

 

10月7日(日) 曇り後大雨

 

3時半起床。5時半、出発。青空も見える。が途中から雨と風、9時半、雨の山頂。

 

<会津朝日岳1>

 会津朝日岳山頂1.JPG

 

<会津朝日岳2>

 会津朝日岳山頂2.JPG

 

<雨の黄葉>

 雨の黄葉.JPG

 

雨でも黄葉が素晴らしく、晴れがほしかった。

12時前、駐車場着。早く温泉に行きたい。深沢温泉はむらゆへ¥600。

熱く、鉄分色の最高な湯でした。

 

<深沢温泉>

 深沢温泉.JPG

 

 

東北百名山97座となりました。総介君、ありがとう。

 

                               植松一好

月山紅葉黄葉

2017年6月11日、三方倉山で、札幌の女の子、きつねかたぬきに化かされた、

くすぐったい話を覚えているだろうか。温泉にて、一応、お互いのメールアドレスを

教えあったが、こちらも出していないし、相手からも来ませんでした。よき思い出。

で、お盆に帰省し宮城に戻ると、その彼女からメールが入っていました。

 覚えていますかーと、で、9月の末に仙台の友達に会いに行くので、1日は山に行きたい。

レンタカー借りるので、山を紹介してほしいと。これも何かの縁、一緒しますか?

俺さえよければ、是非是非となった次第です。

 

2018年9月29日(土) 天候 高曇り K.Iさん・植松

 

午前5時半、彼女の宿泊先の苦竹のゲストハウスへ迎えに行く。

仙台の街中を初めて走る。すきやで朝食とって、月山に向かう。

月山駐車場8時半着。リフトは、8時から。心配していた雨は無く、リフトに乗る。

片道¥580。と、リフト降りれば、紅葉黄葉が想像しているより凄いのだ。

 

<札幌のK.Iさん>

 札幌のK.Iちゃん.JPG

 

<月山紅葉黄葉1>

 月山紅葉黄葉1.JPG

 

<後ろは朝日連峰>

 後ろは朝日連峰.JPG

  <月山山頂1>

 月山山頂1.JPG

 

<月山山頂2>

 月山山頂2.JPG

 

山頂には社が有り、夏は、本山頂には¥500を払うので、植松も本山頂には行った事

ないです。まだ9月、神主がいると思いきや、みなさん、自由に入っています。

 

<本山頂>

 本山頂.JPG

 

<山頂より鳥海山>

 山頂より鳥海山.JPG

 

11時半、下山。

 

<鶴岡方面>

 鶴岡方面.JPG

 

<月山紅葉黄葉2>

 月山紅葉黄葉2.JPG

 

<月山紅葉黄葉3>

 月山紅葉黄葉3.JPG

 

途中、紅葉黄葉眺めながら昼食。14時半、駐車場着。彼女、月山と言う有名な山に

登れて感謝との事、雨も終始なく。鳥海山、朝日連峰、蔵王山、吾妻山、日本百名山、

東北の主な山も見れていたので、それにしても、なぜにこんなに若い子が多いのか、

不思議がっていた。札幌の山は、年寄だらけと言っていました。

西川町は水沢温泉寄って帰仙した。

 

 

                               植松一好

Home> 東北の山: 2018年10月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top