Home

白鳳会別館

樫〇岩塔群

樫〇

                           2016年10月2日

 目をつけたラインの掃除を始めたのは今年の春からだった。
天候不順の夏には掃除に行けなったのだが、10月に入り涼しくなった機会に
岩掃除を再開しようと考えていた折、
神奈川の友人が知り合いを連れて来たいとの連絡。
また、井出からも甲府幕岩へ付き合ってくれとの連絡だった。
岩掃除はさておき久しぶりに開拓中の岩場へ向かった。

朝も小雨がパラつく岩場はしっとり濡れていた。
目当ての岩には恐ろしいことに大きなスズメ蜂の巣があり
今シーズンの開拓は絶望となった。

HACHINOSU.jpg

巣の周りは蜂が沢山飛んでいる。


普段はほとんど人の来ない岩場でクライミング講習会を開催、
いつもは静かな岩場だが今日は活気があった。


myHappyBirthday藤江.jpg

My Happy Birthday_5.10bをRPするFUJIEさん


ボンバー井出.jpg

ボンバー5.11bをRPする井出。


9月以降天気が不安定だったが10月に入って最初の日曜日に
遊べたのはラッキーだった。

湯人記

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

岳連主催「ジュニアクライミング体験会」

8/28(日) H28度のジュニアクライミング体験会を開催しました。講師は安田さん、石原さん、川村さん、中島さん、私の5名。

今年は少し参加者が少なかったので参加者は登る機会が増えてかなり満足して頂けたのではと思います。

午後も曇りで雨が降らずに外壁も登れて良い体験会になりました。

DSC_0048.JPG

DSC_0047.JPG

DSC_0042.JPG

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

カサメリ沢

マモさん曰くの飲んだくれ盆休みの最終日、不摂生な体に喝を入れてきました。
今日は台風が関東を通過・・・

という話が段々と海側通過の見通しで、きっと山梨は雨は大して降らないだろうという予感から
石原さんと井出っちとカサメリに行きました。

井出っち初カサメリです。石原さんと私は井出に楽しんでもらおうという感じ。

不動沢の駐車場は車1,2台しかいない。都会の人はカサメリ敬遠したようです。
モツランドはコンディションOK!奥から降りてきたペアが奥はまだ岩が濡れているとのこと。
今日はモツランドで過ごすことにしました。

たぬき10aでアップして、井出さんミルクミルク10cをOSトライ!
ヌンチャク持ってなくてショ~~~ック!2便目のトライで無事RPしました。OSは一生に一回です。
という私は終了点間際でフォール。まだ花崗岩とOTAKIに学習が必要なようです。
(ということにします。)

次はレーザーズエッジ10cd。井出さん含め全員苦労しましたが、全員無事完登しました。

石原さん(どこにいるかな!)
kasameri2.jpg

次はめんたいこ11b。石原さんは昔の記憶をたよりに見事フラッシュ。私は2便目で無事再登。井出っちはかなりのトライをしたけど今回はRPできず。次回フレッシュな状態ならRPできると思います。

井出めんたいこ

kasameri4.jpg

今日はこの時期めずらしくカサメリを貸し切り状態で登りました。

涼しくって最高でした。また行きましょう!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

6/8以後の活動

6/8以後も活動していたんですが、Facebookの方にのみアップしてました。
すみませんでした。概略を説明すると以下になります。

6/18 甲府幕岩「久々スパイラルリーフ登れた」
7/17 瑞牆「不動沢で娘達連れて沢遊び」
7/30,31 国体関東ブロック大会 山梨大会「裏方やってました。」
8/1 荒川水系「伝丈沢で娘と沢遊び→豪雨敗退」
8/7 草刈→ご近所さんと「K山岩塔群」

次の記事で8/17をアップします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

甲府幕岩6/4~6/8

パートナーの石原さんは最近は息子のサッカーにどっぷりです。息子は中学3年で最後の年なんです。。
俺も息子の野球では6年間も野球どっぷり浸かってたな~!と思い出します。
そんな私なので、石原さん!サッカー悔いのないように頑張れ!とエールを送ることにします。

6/4は幕岩に行くというカマッチャンに合流しました。総勢7名。目標もまちまち。白鳳からはバンカメ/鎌田/私の3名。
先々週、太刀岡下部で私は11aを登れなかったので不安です。
バンカメはパストラル12a。鎌田はスパイラルリーフ11b。私は数年前にシーズン終了課題の「トカゲ北上中」を5~6年振りにトライします。

中略。。。

今週の成果は鎌田のスパイラルRP!おめでとう!
バンカメと私は次回に持越しです。

日は代わって6/8は休出代休で同じく甲府幕岩。平日なんで2パーティのみ!
朝からまったりです。

でも登りたいので「トカゲ北上中」をトライ!3便もしたけど無事RPできました。

パートナーブラッキー
DSC_1366.JPG

この日は夕方から小瀬で国体関東ブロック大会のミーティング。

そして、バンカメ達の小瀬トレを9時過ぎから見に行きました!一日で沢山仕事しましたね。

また来週も頑張りましょう!


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

恐るべし「森であそぼう」

2016年5月10日
                               甲府幕岩

平日休みにクライミングのお誘いを「はっしー」さんからめずらしくokの返事をもらった。
いつもは休みがなかなか合わなかったのだが

タチオカ山の「ゴーオンザボルト5.11d」をやりたいという話だったが
なぜか甲府幕岩の「甲府の軟派師5.12-」がいいというので行き先を
甲府幕岩に変更する。
幕岩へ向かう車中で「白州のドリームタイムを登った、とかエイハブ船長を登った」等
指の故障は関係ないといいたげな発言を横目に
めっきり登れなくなった自分がいやになった。
「やる気がすっかり失せたので今日ははっしーさんのビレーヤーに徹します!」と
心につぶやいた。

幕岩駐車場につくと当然ながら一台の車もなく貸切状態!
2014年5月に崩壊著しいアプローチ道を避けるようにと作ったアプローチ道を
案内しながら岩場へ向かう。
既に高い段差ができてしまいfIxロープがはってあったりする。
ロープを提供していただいた方、どうもありがとうございます。
また途中の大きな倒木を処理していただいた方、
ありがとうございまました。気になっていただけに助かりました。
現在はよく踏まれていてだいぶ定着しているようです。

岩場へ着くと昨夜の雨でどのルートもびしょ濡れである。

真ん中のライン以外はビショ濡れの「ペンタゴン5.9」であっぷ後
はっしーが「甲府の軟派師5.12にぬんちゃくをかけてください」とういうので
「はい!かけさせていただきます」
アップがてら、びしょぬれのなべちゃん5.8に腰くだけのムーブでルーフ手間側までやっとこさ、
ヌンチャクをかけロワーダウンする。
「さあー、はっしーさんのぼってください、ヌンチャクがけはあと1本です、さあ~どうぞ。」
と。
するとはっしーは下部の簡単なセクションは調子よかったが
上部のパートでいきずまり、何度かテンションを重ね、やっとこさ
トップアウト。
ロワーダウンで「回収しながらおりま~す!」
「えっ!もうやらないの?」
「はい!むりで~す」
とあっさりあきらめたのだった。

NANPASHI.jpg


午後はやったことのないルート小林氏作課題をやりたいということで
奥の山椒王国へ行く

どのルートも濡れていて取り付く気にならない。

結局、「森であそぼう5.10cd」をやることになった。
このルートは甲府幕岩でも5.10台でありながら悪いと評判の小泉師匠3部作の中の一本にかぞえあげられている。
出だし直後から厳しかった。肩で荒い呼吸をしながらパストラル合流直後のパートでテンションがはいった。
その後何度か上部セクションで行き来した後で最後のヌンチャクをかけずにその下であきらめて
ロワーダウン。
「本当に10台??」

2便目でRPしたが中間部から上は雄たけびが何度もこだまする限界グレードを超えたのぼりだった。

MORTDEASOBOU.jpg

「はっしーさん、エイハブ船長と森であそぼうはどっちがむずかしいですか?」
「森であそぼうで~す!」

湯人

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

太刀岡下部岸壁

FBに「もう岩に行きたくなった」と書いたら、石原さんと鎌っちゃんが食いついてきてくれました。
みんな用があるようで早上がりの予定で近場の太刀岡下部となりました。

リハビリも2回目、指皮も少し出来てきたようなので
本日は10台後半を試すのが課題です。

メンバーですが、岩間夫妻が加わり、師匠がひょっこり現れて賑やかになりました。
太刀岡下部はほとんど登ってなくて、今回のルートはすべて初見でした。新鮮!

阿行小5.10aOS→ビッグバード5.10dFL→これでもか5.10abOS→パクリ屋5.10c(結構フォール)の4本でした。

ビッグバードが割と楽に登れたのが収穫。パクリ屋でのフォールは久々ひょえ~!で焦りました。。。
リハビリはまずまずで進行中です。

来週は岳連総会と白鳳総会でクライミングはありません。

師匠ステミュラント
DSC_1317.JPG

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

リハビリ開始

  • 2016年5月 8日 22:58
  • 樫山

まず御礼!

小野さん、記事書いてくれていたんだね。
俺以外は誰も書かないだろうと見てもいませんでした。
ありがとう!

2014年8月31日から遠ざかっていたクライミングを4月からリハビリ開始しました。
4月は小瀬で週1回の夜クラ、5月5日から外岩に行き始めました。
1年半ちょうど!ずいぶん休みました。

問題の腰の具合ですが、腰痛の方は現状沈静化しています。
坐骨神経痛の方は日常的に左臀部が痛んでます。良いわけではありませんが、
運動もできないほどではないという判断でやってます。

5日は樫山(タグあるね!)に石原夫妻、中島さん、師匠と4人で行きました。(敬称はもう公開)
途中から小野さん登場でさらに楽しく登りました。

ルート名がよくわからないですが、5.8→三ツ星5.10a→小野さんの5.10b(1てん)→イブ5.10a
を登りました。指皮が柔らかいのですぐにヒリヒリしました。

とりあえず腰は無事なようです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

スターゲイザー

2015年兜岩大手門エリア(1階)に新しいルートを磨いたので紹介する。

「スターゲイザー」5.10d

兜岩は山梨では冬にクライミングができる岩場として親しまれてきたが、2012年1月の失火により
1年間のクライミング自粛を経て近年は冬季に細々とクライミングが行われている。
大手門エリアは居心地がよく講習会などで使われることもあるようだが私自身
大手門エリアの開拓に携わっていないことから是非大手門エリアに一本ルートを
磨きたかったこともあり、丁度チキンちゃんと火山の小さいフェイスを懸垂してみたところ
面白そうだったので岩掃除を始めたのだった。
『ボルト間隔狭すぎ!』と悪口を言う人もいるようだが
これには訳がありなのであまり気にせず、トライしていただきたい。


兜岩.大手門エリアB(1階)

大手門1階.jpg


7.林5.9小泉
四角い穴の在る下部クラックから左に登る。NP。エイリアンの5番が有ると安心。


8.風5.9★小泉
「林」と同様の下部から右のクラックを登る。NP。

火山
9.火山5.11c★小泉
ゆるかぶりのカンテを抜けて左トラバースし卵型の上部フェースを登る。

小春
10.小春5.9小泉
出だしが核心。上は簡単。ハンドジャムバッチリ。NP。

勘助
11.勘助5.11d★★窪田
クラック、フェース、カンテと変化に富んでストレニュアス。

フラッシィ
12.フラッシィ5.11b高尾
特に限定はないが、出だしは出来れば右に回り込まないでボルダームーブでカッコウ良く決めて欲しい。中間のテラスに立ち込むまでが勝負。

はじめの一歩
13.はじめの一歩5.10a高尾
還暦を目前にしてルート開拓に目覚めた男が最初に手がけた作品。カンテ、隣の壁の使用等、何でもあり。はじめの一歩の踏み出しのところで躊躇しないように。

祝退職
14.祝退職5.11b★★荒川
20年間のサラリーマン生活にピリオドを打ったときに作ったメモリアルルート。ライン取りが悪いとグレードより難しくなる。

十月
15.十月5.8小泉
何処にでもプロテクションが取れそうなダブルクラックを登る楽しいルート。NP。

スターゲイザー
16.5.10d小野
2015年4月に初登した大手門エリアの最新ルート、カンテはなしで左上するシンクラックとフェイスに散らばったカチだけで登る。
カチ好きにはたまらない4級程のひも付きボルダー。


どこの岩場でも同じであるが火事はこりごりである
兜岩に訪れる方は火気には十分注意していただきたい、
開拓者はガスコンロの使用も自粛している。


小野

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

春の一日

2016年4月10日

ある岩場での一日


麓はピンクのじゅうたんが敷かれたように
桃の花が満開。

kabutoyama.jpg


新しく作ったルート「両サイド」を見上げる高尾氏

nyu.jpg


開拓中の小泉氏

sagyou.jpg


重力波5.12を初登後の窪田氏

jyurokuha.jpg

「枯れ木に花」5.10aをのぼる岩間氏

karekinihana.jpg

いい一日でした。

小野記

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home

カテゴリ
Powerd By

Return to page top