Home> ボルダーアーカイブ

ボルダーの最近のブログ記事

裏山散歩道ボルダー

2007年2月10日(土) 天候 晴れ メンバー : 湯人

休日の午後にウォーキングに行くと思わぬ発見があるものである。
普段、車でしか通ることのない通りを歩いてみると
こんなところに ?と、びっくりする風景や意外な物などに出会えるのだ。
私はウォ-キングは自宅を出発点にして歩くようにしているので自宅から30分歩けば
甲府裏山の麓に到達できる、
そこから緩い傾斜のアスファルトで固められた林道をたどると
低い裏山の頂まで約30分で到達できる。
私が何度となく歩くこの遊歩道は、散歩する人がとても多く
甲府市民に親しまれていることがよくわかります。
古墳があったり、木には名前の書かれたプレートがぶらさげられていて
木の名前にうといわたしでもうなずけるほどわかりやすく表示されています。
途中でトイレがあるのだがその前後付近に小ボルダーが点在していて
次はさわろう、次は触ろうとおもっていたがついついとおりすぎてしまい
なかなかさわらなかったのであるが、
とうとうフラットシューズとチョークを持ってやってきてしまった。
未だ誰もさわることもないであろう岩に手探りで弱点を探し、
岩肌はコケや汚れがひどくすべったりはじかれたりしそうで
結構恐かったのですがとうとうチョークを付けてしまいました。
この散歩道にある小ボルダーは高さや課題数などはわざわざ出かける
ほどのものではありませんが、散歩がてらに取り付くには充分楽しめる
と思います。
山頂手前には狼煙台がありそれが分岐の目印となり左は山頂へ、右に歩けば
次のピーク手前の石畳周辺にも小ボルダーがあり楽しめます。
さらに奥へ奥へと進めばやがて花崗岩の岩山へと導かれ
稜線途中には立派なボルダーも見つけられる。
あえて場所は記さないが見る人がみれば私がさわったライン以外に
もっと素晴らしいラインが見つかるでしょう。

裏山ボルダー1


裏山ボルダー2

稜線花崗岩ボルダー1
 
湯人記
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

小川山ボルダー

2005年7月3日(日) 天候 曇
メンバー : miwaちゃん、敦庵、Eiちゃん、Chikoちゃん、ハタボー、ガニィー、湯人

本日の湯人の目標は石楠花遊歩道沿いにある一筆岩の"達筆"ボルダー3級の課題、
たいした高さもないが左手がカチ、右手は甘いポケットでスタートする短いが
結構厳しい内容だ、去年何度かTryしたがのぼれずじまいだった。
今日は連れのmiwaちゃんはルートをやりたいということで敦庵にお願いして
そらまめスラブに二人で移動していただく。
湯人はEiちゃん以下頼もしい応援団をひきつれて一筆岩にやってきたが...
Eiちゃん、ハタボーはいとも簡単に右手でリップを押さえる、
しかし湯人は何度やっても止まらない。去年はリップに届きもしなかったが
リップに触れるだけは進歩があったのだが...
そうこうしているうちに指の皮、関節ともに終わりをつげる痛みが走り出し、
のぼれずじまいのまま八幡沢左岸スラブのビクターに場所を移動した。
ビクターではこれまた去年からのTry"コーンケーブ"3級を
触るが終わった指は出だしのカチを支えることすら耐えられず、
あえなく敗退。
久しぶりの小川山は厳しい洗礼を与えてくれた、
『あ~、指痛え~。』

達筆_ハタボー
達筆_ガニィー

達筆_湯人


達筆_Eiちゃん
達筆_Chikoちゃん
 
湯人
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

茅ヶ岳のボルダー

恒例の茅ヶ岳登山道整備に行ったらボルダーを発見です。
実はバン亀は密かにねらっていて、みんなが鉈や鋸を持っていく中、
彼は背中にマットレスを背負っていた。
北岳のバットレスではなくて、茅ヶ岳のマットレスでした。

茅ヶ岳ボルダー・のぶちゃん岩




茅ヶ岳ボルダー・いばら岩バン亀




いばら岩・真の字




いばら岩・のぶちゃん

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home> ボルダーアーカイブ

カテゴリ
Powerd By

Return to page top