Home> 鷲頭山アーカイブ

鷲頭山の最近のブログ記事

鷲頭山正面壁


鷲頭山は沼津から伊豆長岡に行く途中にあり、古くからゲレンデとして利用されている岩場だ。
今日は城山に行く予定であったが、ネットで調べたら、すでに伊豆南部は雨が降っている。
昨年、バン亀がHさんと行ったこともあり、初めての鷲頭に行ってみようということになった。

2006年12月17日(日) 天候 雨後晴れずっと強風
メンバー : Yujin、Nob、管理人

静岡は暖かい。15度もある。が、すごい風。
朝から雨、岩は湿っぽく、体が飛ばされそうだが、Yujinはヤル気満々。ご立派!
小雨の中、さっそくマンボウに取り付いている。
ほんじゃあ、しょうがないけどやるか的に管理人・Nobと登るうち、天気は次第に好転。
結局、終日風は強かったが、ずっと登ることができた。鷲頭に感謝!

Yujin
マンボウ 5.10a MOS
マンボウダンス 5.10bc OS
メイズ(限定せず) 5.10a位 ☆☆ MOS
ETハング 5.11a ☆☆ 1便
Nob
マンボウ 5.10a FL
メイズ(限定せず) 5.10a位 ☆☆ FL
ETハング 5.11a ☆☆ FL
管理人
マンボウ 5.10a FL
マンボウダンス 5.10bc FL
メイズ(限定せず) 5.10a位 ☆☆ FL
ETハング 5.11a ☆☆ M1便

感想>

鷲頭はフリークライミングエリアと言うより、ゲレンデの雰囲気いっぱいの岩場であった。
次は何時行くかわからないが、メイズ・ETハングはリベンジしたい。

マンボウYujin


メイズ(限定なし)管理人

ETハング Nob
 
渡辺真二郎
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

鷲頭山

go-hさんと明星南壁に行く予定だったが、おもいっきり冬型で無理と判断。
以前go-hさんが行った事があるという、沼津の鷲頭山に登りに行った。
 
2005年11月20日(日) 天候 晴れ
メンバー : go-h バン亀

バン亀はトポに記してある☆付ルート狙い。
go-hさんはE.Tハング11aが今日の目標。
 
【メイズ10d】
アップで取り付くがそんなに難しくない?右のカンテを使ったからだ。
メイズはカンテ使わず、スラブに走るシンクラックのラインを登るのだ。
go-hさんもカンテを使うラインでアップ
その後バン亀、メイズを登る。

マンボウダンス・go-h1
マンボウダンス・go-h2
 
【マンボウダンス10b~c】
go-hさん、もういっちょアップでマンボウダンスに取り付く。
登るラインに少々苦労したが見事な足捌きで一撃。
  
E.Tハング・go-h

E.Tハング2撃
 
【E.Tハング11a】
バン亀オンサイト。
さすが二つ星、面白い!
ハング手前から難しくなる。
ハングの核心は人によってムーブはさまざまだ。
go-hさんとバン亀はまったく違うムーブで登った!
go-hさんは2撃で今日の目標を達成!!
こんじょーありますなー。さすがです。

ギブ・マインド・トゥ・go-h
 
【ギブ、マインド、トゥ11a】
go-hさんが取り付いた。
古いボルトに惑わされ、いまいち登るラインが分からず途中で降りちゃいました。

コズミックダンサー・バン亀

【コズミックダンサー11d】
いかにも悪そうなスラブのようなフェイス!
ホールドどこ?下からじゃよく見えない。
この三ツ星ルートほんとに面白いのか??
で、バン亀取り付いてみる。
あるあるマイクロエッジが!
ムーブを組み立てるのに時間がかかり過ぎて足が痛くなりボルト三本目付近でフォール。。。
ちょーねちっこい。でもなんだか面白い。
その後も激しい足の圧痛に耐えながら、ムーブは終了点までつながった。
次、行ける!
2便目、かなりいい調子で登っていると、体長五センチはある大スズメバチが近寄ってきた!!
「お!おお~!こ、こえー!!」と叫んで一瞬ヌンチャクをつかみそうになったが、go-hさんが「この時期の蜂はささねーよ」と言ってくれたのでなんとか持ちこたえアンダーガバを取った。
・・・・ガバでレスト・・・・トラバリに入るムーブをおこす・・・・ヤツが目の前で飛んでいる!ブゥ~ン・・・・使うはずのホールド見落とし足が滑ってフォール。。。
あーあ。
3便目、壁に日がまともに当たり、ヌメリ度強!
ムーブも間違え、指の皮は削れ、足の圧痛もひどく、本日撃沈。。。
 
今回登れなくてとても悔しかった。
が、このルート実に面白い!確かに三ツ星だ。
最初から最後まで気が抜けないし、内容が濃い。
次回はかならずおとすぞ。

駿河湾と夕日

今回の鷲頭山では、岩登りの歴史、フリーの歴史を感じました。
 
岩に張り付いて見下ろす駿河湾はとても綺麗でした。
                                   
 
バン亀
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home> 鷲頭山アーカイブ

カテゴリ
Powerd By

Return to page top