Home> 兜山アーカイブ

兜山の最近のブログ記事

スターゲイザー

2015年兜岩大手門エリア(1階)に新しいルートを磨いたので紹介する。

「スターゲイザー」5.10d

兜岩は山梨では冬にクライミングができる岩場として親しまれてきたが、2012年1月の失火により
1年間のクライミング自粛を経て近年は冬季に細々とクライミングが行われている。
大手門エリアは居心地がよく講習会などで使われることもあるようだが私自身
大手門エリアの開拓に携わっていないことから是非大手門エリアに一本ルートを
磨きたかったこともあり、丁度チキンちゃんと火山の小さいフェイスを懸垂してみたところ
面白そうだったので岩掃除を始めたのだった。
『ボルト間隔狭すぎ!』と悪口を言う人もいるようだが
これには訳がありなのであまり気にせず、トライしていただきたい。


兜岩.大手門エリアB(1階)

大手門1階.jpg


7.林5.9小泉
四角い穴の在る下部クラックから左に登る。NP。エイリアンの5番が有ると安心。


8.風5.9★小泉
「林」と同様の下部から右のクラックを登る。NP。

火山
9.火山5.11c★小泉
ゆるかぶりのカンテを抜けて左トラバースし卵型の上部フェースを登る。

小春
10.小春5.9小泉
出だしが核心。上は簡単。ハンドジャムバッチリ。NP。

勘助
11.勘助5.11d★★窪田
クラック、フェース、カンテと変化に富んでストレニュアス。

フラッシィ
12.フラッシィ5.11b高尾
特に限定はないが、出だしは出来れば右に回り込まないでボルダームーブでカッコウ良く決めて欲しい。中間のテラスに立ち込むまでが勝負。

はじめの一歩
13.はじめの一歩5.10a高尾
還暦を目前にしてルート開拓に目覚めた男が最初に手がけた作品。カンテ、隣の壁の使用等、何でもあり。はじめの一歩の踏み出しのところで躊躇しないように。

祝退職
14.祝退職5.11b★★荒川
20年間のサラリーマン生活にピリオドを打ったときに作ったメモリアルルート。ライン取りが悪いとグレードより難しくなる。

十月
15.十月5.8小泉
何処にでもプロテクションが取れそうなダブルクラックを登る楽しいルート。NP。

スターゲイザー
16.5.10d小野
2015年4月に初登した大手門エリアの最新ルート、カンテはなしで左上するシンクラックとフェイスに散らばったカチだけで登る。
カチ好きにはたまらない4級程のひも付きボルダー。


どこの岩場でも同じであるが火事はこりごりである
兜岩に訪れる方は火気には十分注意していただきたい、
開拓者はガスコンロの使用も自粛している。


小野

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

春の一日

2016年4月10日

ある岩場での一日


麓はピンクのじゅうたんが敷かれたように
桃の花が満開。

kabutoyama.jpg


新しく作ったルート「両サイド」を見上げる高尾氏

nyu.jpg


開拓中の小泉氏

sagyou.jpg


重力波5.12を初登後の窪田氏

jyurokuha.jpg

「枯れ木に花」5.10aをのぼる岩間氏

karekinihana.jpg

いい一日でした。

小野記

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Weding Bellリボルト

2016年3月21日兜岩、甲府城3階の『Weding Bell』5.12bcルートの3本目のボルト破断が
あったとの知らせがあった。
2016年4月1日兜岩『Weding Bell』5.12bcルートのルーフ直下の3本目と
ルーフ出口の4本目のリボルトを行った。
ハンガーはペツル
ボルトはHILTIのスタッドアンカー90mm(ステンレス)

打ち返したbolt.jpg

兜岩、甲府城エリアは開拓から20年以上経過しているルートが多く8mm径の旧タイプアンカー
が多く使用されており注意が必要です。
尚甲府城エリアで2016年4月現在リボルト済みルートは以下のルートとなります。


甲府城1階

ラ・メント5.10d/11a

ディライト5.11b ※ 2010年開拓

アブラチャン5.11c ※ 2011年開拓

沢のあいまに5.11b/c ※ 2011年開拓


甲府城3階

Weding Bell5.12b/c ※ 3本目以上

カブトワトブカ5.10b/c

こいのぼり5.11b


湯人

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

兜岩vol8

  • 2013年3月17日 10:50
  • 兜山

今週は暖かく、今日こそRPと臨んだ兜岩。

iさん、igさんと現地集合のnさん,kさんの5人で行ってきました。

 

igさんも今回はリード解禁。

iさんのスパルタンな要望に応えるようにリードで2本、

もう1本はトップロープでたらふく登ったそうです。

 

iさん、先週は甲府のNDDだったんですが、

私達のために大手門にしてくれたのでしょう。感謝!

ということで今週はフィジカルアップ。

2本出したけど、2~3ピン目がつなげられないようです。

 

nさんは祝退職。

さいごの1便あとちょっとでしたが、力尽きてフォール。

しかし、着実に戻ってきていますね。

 

私は勘助。。。1テン地獄にはまり中!

1便目は軽く手順を忘れて、違うホールドつかんでバランス崩してフォール。

2便目はブラインドで見えないホールドを取りに行って万全でなく持ち替えできずにフォール。

3便目はブラインドのホールドもばっちり、悪い左手を中継して上のカンテを取ってから

左手で奥の縦ホールドを取りに行ったら、今度は左足がすべってフォール。

そして落ちた衝撃でついにやってしまいました。腰。。。

重症みたいです。

回収をお願いして一足先に下山しました。

皆さんご迷惑をお掛けしました。

 

しばらくクライミングできそうにないので

松崎さん、鎌田さん、記事アップしてね!

私は治療に専念します。

 

しんじろう

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

兜岩vol7

  • 2013年3月11日 07:24
  • 兜山

今日は梨大の細貝に会いに行ってきた。

卒業してもまた遊びにくるだろう。後ろのムッとした顔の男が待ってるぞ!

 

DSCN2030.JPG

 

クライミングの方は

 

午前中は家の仕事もろもろで下界。

午後からは黒い雲・強風・雨にも負けず、比較的に空が黒くない兜岩を期待して登る。

途中、兜山から見る甲府盆地は強い風と黄砂の帯が見えた。

岩場に到着するもやはり雨。

とりあえず来たのだから、雨の中、はじめの一歩を1本登った。

他のメンバーはkameがハセイシャイン登ってたのだけは見た。後は知らない。

そして記念撮影!下山。。。

 

下界の風は止んだ。

空中の黄砂は雨にクリーンニングされてきれいな空。。。

また行きますよ!

 

しんじろう

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

兜岩vol6

  • 2013年3月 3日 22:39
  • 兜山

今日の兜岩はめずらしく天気雲り、(最近ずっと快晴だった)

寒い山梨、曇りの日となると岩が温まりませんが頑張って登りましたよ。

メンバーはiさん、Nobさん、igさん、私の4名。

 

igさんは1か月ほど前に見学に来たら登りたくなったそうです。

久々のクライミングで約10年振り。

ヴァン君(5.9)をトップロープで登りますが、10年振りとは思えない足さばきで難なく完登。

やはり、この男は只者ではありません。

 

DSCN1951.JPG

 

2本目の「2度あることは3度ある」(5.8)も難なく完登。

実に素晴らしいですよ!井口さん。

 

DSCN1953.JPG

 

笑顔もすばらしい!

井口さん、3本目の薫風(5.10a)はさすがに完登はなりませんでしたが、

久々に岩を十分に楽しんでいただきました。

 

iさんはフィジカルアップ(5.12a)をトライしました。

下部から難しく、ホールドの少ない区間のムーブの組み立てに苦しんでいました。

上部はうまく下部をクリアできれば何とかなりそうとのことです。

 

DSCN1959.JPG

 

私の勘助(5.11d)、若干腰の違和感あり&気分のムラ?

結果はパフォーマンスいまいち。2便目ではどか落ちしてひょえ~!ごめんなさい。iさん

というわけで今週も次回に持越しでした。

 

DSCN1978.JPG

 

そして、Nobさんの火山(5.11c)。

上部でパッツンパッツンになるし。。。と弱気発言での回収便。

発言とは裏腹に気合いで声出しムーブの結果、見事にRP!

おめでとうございました!

 

DSCN1968.JPG

 

今日は寒い1日でしたが、楽しく登らせていただきました。

井口さん、是非また行きましょう!

 

しんじろう

 

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

兜岩vol5

  • 2013年2月23日 20:48
  • 兜山

 木曜日にピラニアに行って腰は大丈夫!と確信を得て兜岩に行ってきました。

兜は朝からさんさんと陽が降り注ぎ甲府盆地が一望。これが兜岩の良さです。やっぱり岩はいいですね!

今日はiさんと御坂のn澤さんの3人です。

私とiさんはもちろん勘助(5.11d)、n澤さんは久々のクライミングで祝退職(5.11b)です。

iさんはRP体制だけど、私は未だトップアウトなしの状況でいまいち気が重い。

 

はじめの一歩(5.10a)と薫風(5.10a)でアップ゚してから1便目。

朝は寒くてiさんも私もトラバースしてテンション。指の感覚がありません。

n澤さんも久々のカチ連続に各駅停車です。

   :

1日は早く、昼食済ませてまったりしてから2便目。

iさんも何かきれがなくテンション。ムーブを確認してトップアウト。

私の2便め。トラバースで力が出なくてテンション。

そこからは、なぜか調子よくなって1テンでトップアウト。なぜ行けたのか不明。

n澤さんも段々と調子が出てきました。動きがスムースになった。

 

最終の3便目。iさんは下部で少し手間取りながらも段々と躊躇ない動きに。

最後は吠えてRP!やはりこの男は強いです。おめでとう。

 

DSCN1917.JPG

 

私はRPのつもりで行くが、3便目はちょっと疲れてました。

RPはならず!トップアウトして次回に持ち越しです。

 

DSCN1947.JPG

 

n澤さんも調子が出てきましたが、今日はリハビリですね。

次回も行きましょう。

 

DSCN1932.JPG

 

今日も1日良い天気で楽しくクライミングができました。幸せです。

また次回もよろしくお願いします。

 

しんじろう

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

兜岩Vol4

  • 2013年2月10日 20:06
  • 兜山

今週も行ってきました兜岩。

本日のメンバーはiさん、k師匠、Nobさん、Aさん、私の5名。

ザキマツさん、カマッチャンは昨日来たようです。(報告してね)

最近、毎週来ているので残る課題もだんだんと少なくなってきました。

iさんとAさんは勘助(5.11d)、k師匠は特になし、Nobさんと私は火山(5.11c)という感じ。

まずは2階で各々2本ほどアップします。

 

      :

     中略

      :

 

実は途中まで説明を書いたのだが、メンバー多いので嫌になった。

よって説明は今回省略!

 

iさん 勘助(以外に苦労している)

DSCN1841.JPG

 

 K師匠 勘助(再登)

DSCN1849.JPG

 

Nobさん 火山(パッツンで動けずから脱却!)

DSCN1860.JPG

 

Aさん 勘助RP→火山OS(実力だな)

DSCN1862.JPG

 

わたし 火山RP

kazan.jpg

 

わたし 勘助参戦!

kansuke.jpg

 

わたしの勘助、手のひらが厚くてクラックに手が入らないことが判明。

第一核心はクラックから。ショック!

勘助ムズイぞ!

 

しんじろう

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

続 兜山 climbing

  • 2013年2月 8日 21:57
  • 兜山

ざきまつ さんと K師匠と 一緒に兜山でクライミングです。

まずはカブトワトブカ 10b/cでupしよう!とK師匠とザキマツ。

2年前RPした時、二度と触るものかと心に誓ったルートでしたが仕方無く触る事に。。

2人は難なくup完了するも、意気地なしの私は一人トップロープで醜態を晒すのでした。。

嗚呼 トラウマよ。 

 

背中に思い十字架を背負ったような気分のまま、今回の目的ラ・メント11a/10dをトライします。

このルートは同じく2年前にトライするも、一緒に登っていた友人クライマーが怪我をしてしまいトラウマになってしまったルート。。

というか上手く行かないと何でもトラウマのせいにする弱い自分を許して下さい。

ヌンチャクを掛けてもらい久しぶりのトライ。体の調子は良い、すこぶる快調だ!

~中略~

奇跡が起こります。 キタコレ━━━━(゜∀゜)━━━ ━ッ!!

カブトワトブカでは((((;゚Д゚))) ガクガクブルブル状態の私でしたが一撃でRPするのでありました。

P2030094.jpg

ざきまつは オイルチャン(樹木の名前) 11cをTry。

カブリの核心ノッコシで大苦戦。

上空でFly Away気味のデッドで イカロス 蝋で固めた鳥の羽 状態でした。  

 

IMG_0330.jpg

残念ながら Delight(かま) とアブラチャン(ざきまつ)は冬の間の宿題となりました。

K師匠といえば オイルチャン、Delight11b、タッチ11a/b 全て再登RP祭り

 もう 何にも言えねえ状態です。

こんど爪の垢を煎じて頂く予定です。ハイ

 

遅れて追手門エリアからしんじろうさんとMさんが合流。

太陽が顔を出し、風も無く最高のクライミング日和を楽しみながら何故かYujinさんのネタで盛り上がるのでした。

 

気のあう仲間と山で過ごした一日 本当に最高でした。

またお願いします! と言っても明日も行きますけど。。

 

Kama

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

兜山vol3

  • 2013年2月 4日 18:55
  • 兜山

今週も兜山に行ってきました。

iさんは残念ながら今週インフルエンザでお休み。

ユジンさんはフロンティアということでNobさんと行ってきました。

駐車場に着けば、見たようなランクル!

ザキマツ、オカマダコンビ!このコンビにはK師匠が居ることでしょう。

 

本日の2人の課題はBoriboriMe(5.11c)。

終わったらユジン様のライオン岩(オノロック)の予定です。

 

昨日は最高気温20℃、さすがに今日も気温は下がることなく岩場は実に快適。

体は動くし、岩は最高のコンディション。いい感じです。

アップで2本ほど登ってから、さっそくBoriboriMeのOSトライ。

3本目付近まで調子よく登って、足を入れ替えたらハマってしまいリカバリできずに撃沈。。。

やっぱOSは難しい。先週のiさんは立派でした!

続いて、OSトライを譲ってもらったNobさんのFLトライ!

下部核心でいきなりフォール!

ドロンパ張りのデッドで行っていればFLの再開RPでした。残念!

私の2便目トライ、軽く下部で落ち、再開して無事RP。

本日の目標はクリア。あとはゆっくりと昼飯を食べて甲府城に移動します。

(あれよあれよで写真はなし!)

 

甲府城に着けば、予定通りの3名としばし歓談。

その後、ライオン岩へ移動してさっそくタッチ(5.11ab)。簡単そうなのにホールドびがびびで指痛て~!

しばらく粘ってみたものの痛さに負けてトライ終了。

ま~何とか核心抜けてヌンチャクだけは掛けた。。。

痛て~ぞユジン!痛て~

 

DSCN1834.JPG

 

続いてNobさんのトライ。

やはり同じく核心のムーブが決まらずに指を消耗して撃沈。

2人でしばし途方に暮れる。

 

しばらくして、下の3名がハマり具合の確認にきた。

あ~だこ~だとムーブ談義。参考になるのかならんのか半信半疑!

私の2便目、何とかムーブだけは決まった。おしまい。

 

Nobさん2便目。

ムーブ談義の効果!さっきはできなかった核心を足位置の変更でクリア!

あとは問題なくRP!おめでとう!

2便は立派。

 

DSCN1832.JPG

 

その後、K師匠のお手本。

ま~ごくごく普通に登る。あの1か所だね。の言葉。

ん~。。。

 

そして3便目はすでに本日8本目となり、

今度は電池切れのためジエンド。ユジンさま撃沈でした。

また次回登らないと。。。

 

今日は1日暖かく、クライミング日和でした。

Nobさんお連れ様でした。 

3人の登りは鎌っちゃん報告よろしく!

 

しんじろう

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> 兜山アーカイブ

カテゴリ
Powerd By

Return to page top